お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 134件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
US 2022-08-22
14:55
東京 東京工業大学 大岡山キャンパス 海中設置ハイドロフォン計測データに基づく船舶放射雑音の海棲哺乳動物に与える影響の検討
山田知佳土屋利雄清水悦郎東京海洋大
 [more]
LOIS, IPSJ-SPT, IPSJ-GN
(連催)
2022-05-27
15:20
ONLINE オンライン開催 作業指導システムの基礎的な検討
麻生敏正東京海洋大LOIS2022-3
本稿では,作業プローブシステムの計測結果を,作業者へ適切にフィードバックするための文面について検討を行っている.まず,ピ... [more] LOIS2022-3
pp.11-16
NS, IN
(併催)
2022-03-10
11:00
ONLINE オンライン開催 異なる回線特性を考慮したUDPによる多重経路通信の基礎検討
井上代亮東京海洋大)・柏木岳彦パラレルネットワークス)・大島浩太東京海洋大NS2021-135
近年LTEやWi-Fi、5Gなどのさまざまな無線通信技術の発達と多様化によって、多くのネットワークサービスの普及が進んで... [more] NS2021-135
pp.74-78
NS, IN
(併催)
2022-03-11
15:50
ONLINE オンライン開催 遠隔操船のための機械学習を応用した映像伝送負荷軽減システムの開発
近藤駿一羽深広夢大島浩太東京海洋大NS2021-161
船舶におけるICT利用や遠隔操船への注目が高まっており,船舶から陸上への映像伝送の需要が高まっている.しかし,無線通信速... [more] NS2021-161
pp.230-235
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2022-03-07
09:20
京都 京都大学 吉田キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
SDN上の各ホストにおけるプロセス毎の通信量監視によるデータプレーン異常検知
森山直樹東京海洋大)・天野友樹郵船)・清水貴弘LINE)・大島浩太東京海洋大)・北川直哉NIISITE2021-46 IA2021-59
通信内容に応じた柔軟な経路制御が可能な SDN(Software Defined Network)は、侵害された SDN... [more] SITE2021-46 IA2021-59
pp.1-6
SAT, SANE
(併催)
2022-02-25
13:45
ONLINE オンライン開催 マルチパス環境下におけるNLOS衛星検出とロバストな測位手法の研究
尾関友啓久保信明東京海洋大SAT2021-65
近年、自動運転、ドローンや建設現場等でGNSS測位が非常に注目されつつある。この背景には、準天頂衛星「みちびき」に代表さ... [more] SAT2021-65
pp.73-75
SAT, SANE
(併催)
2022-02-25
14:10
ONLINE オンライン開催 CLAS, MADOCAの建設現場におけるパフォーマンス評価
小林海斗尾関友啓久保信明東京海洋大SAT2021-66
高速道路建設のための盛り土実施現場で土砂を運ぶダンプカーの走行軌跡を3つの高精度測位手法(RTK, CLAS, MADO... [more] SAT2021-66
pp.76-78
SAT, SANE
(併催)
2022-02-25
14:35
ONLINE オンライン開催 低軌道衛星を用いたフィンガープリント的測位手法
金森寛厳小林海斗久保信明東京海洋大SAT2021-67
近年、世界中で注目されている低軌道衛星を用いた新たな測位手法を検討する。この手法は、衛星からのドップラ周波数に着目して主... [more] SAT2021-67
pp.79-82
LOIS, ICM
(共催)
2022-01-27
14:25
ONLINE オンライン開催 フォークリフトオペレータの要素作業推定手法の改良
麻生敏正東京海洋大ICM2021-36 LOIS2021-34
本稿では,フォークリフトオペレータのための要素作業推定手法の改良,従来手法との性能比較,報告書の自動作成機能の実装を行っ... [more] ICM2021-36 LOIS2021-34
pp.19-24
SANE 2021-11-12
14:00
ONLINE オンライン開催 Detecting moving ships in ALOS-2 spotlight SAR images by deep learning model
Takero YoshidaTUMSATSANE2021-57
 [more] SANE2021-57
pp.136-138
US 2021-08-27
13:55
ONLINE オンライン開催 Normal Mode法による船舶航行雑音推定手法の研究
山田知佳土屋利雄清水悦郎東京海洋大)・酒井政宏阪大US2021-28
近年、国際社会において水中への人為雑音が海洋生物に影響を与えることが懸念されており、人為雑音削減のための検討が始まってい... [more] US2021-28
pp.3-8
EMM, IE, LOIS
(共催)
ITE-ME, IEE-CMN, IPSJ-AVM
(共催)
(連催) [詳細]
2021-08-26
15:30
ONLINE オンライン開催(FIT2021と併催) 作業プローブシステムを用いた実態調査
麻生敏正東京海洋大LOIS2021-20 IE2021-15 EMM2021-50
本稿では作業プローブシステムを用いた実態調査を行っている.まず,物流施設で働く約100 名に対して,作業プローブシステム... [more] LOIS2021-20 IE2021-15 EMM2021-50
pp.22-27
LOIS, IPSJ-SPT, IPSJ-GN
(連催)
2021-05-11
09:55
ONLINE オンライン開催 フォークリフトに関する作業計測システム
麻生敏正東京海洋大LOIS2021-9
本稿では包括的なフォークリフトに関する作業計測システムを提案した上,実用性の高い要素作業推定手法を実装し,その性能評価を... [more] LOIS2021-9
pp.49-53
IN, NS
(併催)
2021-03-04
11:40
ONLINE オンライン開催 HANETsにおけるGW自律移動制御による低遅延通信の実現
宮 太地東工大)・大島浩太東京海洋大)・北口善明山岡克式東工大IN2020-65
近年,アドホックネットワークは,IoT 分野のみならず,自動車走行支援の ITS や次世代電力網スマート グリッドに代表... [more] IN2020-65
pp.67-72
IN, NS
(併催)
2021-03-05
09:10
ONLINE オンライン開催 階層型トポロジを持つ無線センサネットワークにおける障害ノード検知方式の提案
川口秀一大島浩太東京海洋大NS2020-139
無線センサネットワークは,観測対象の環境情報を網羅的に取得可能であるが,短距離通信のマルチホップ型ネットワークではノード... [more] NS2020-139
pp.97-102
IN, NS
(併催)
2021-03-05
14:00
ONLINE オンライン開催 End-to-Endの転送量情報を用いたSDNデータプレーン検証手法の提案
天野友貴東京海洋大)・清水貴弘LINE)・北川直哉NII)・大島浩太東京海洋大NS2020-163
SDN (Software Defined Network) は、従来型のネットワークに比べて柔軟性の高い運用が可能だが... [more] NS2020-163
pp.238-243
IN, NS
(併催)
2021-03-05
15:50
ONLINE オンライン開催 Wi-Fi RTTを用いた二次元測位方式の提案と精度評価
桐谷公基余田博紀大島浩太東京海洋大NS2020-168
APと端末間の高精度な測距が可能なWi-Fi RTTを用いた三点測位について、測距の特性を考慮した測位方式を提案する。提... [more] NS2020-168
pp.269-274
ICM, LOIS
(共催)
2021-01-21
12:30
ONLINE オンライン開催 トラック運転手の荷役業務管理システム
Zhang Jiajie麻生敏正黒川久幸東京海洋大ICM2020-34 LOIS2020-22
本稿では,トラック運転手の荷役業務管理システムの提案とその実現可能性の評価を行っている.本システムは,トラック運転手の作... [more] ICM2020-34 LOIS2020-22
pp.1-4
ICM, LOIS
(共催)
2021-01-21
12:50
ONLINE オンライン開催 倉庫における作業音に着目した要素作業推定
野崎虹希麻生敏正黒川久幸東京海洋大ICM2020-35 LOIS2020-23
本稿では,倉庫において作業音に着目して要素作業推定を行う手法の提案とその性能評価を行っている.提案手法では梱包作業を歩行... [more] ICM2020-35 LOIS2020-23
pp.5-9
IA, IN
(併催)
2020-12-14
15:50
ONLINE オンライン開催 力学モデルに基づくHANETsにおけるGW移動制御の性能解析
宮 太地東工大)・大島浩太東京海洋大)・北口善明山岡克式東工大IN2020-35
 [more] IN2020-35
pp.13-18
 134件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会