お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 9件中 1~9件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2011-10-13
14:30
新潟 柏崎エネルギーホール、新潟 マイクロ波アシスト磁気記録用スピントルクオシレータの実現可能性
松原正人椎本正人長坂恵一西田靖孝田河育也日立グローバルストレージテクノロジーズ)・城石芳博日立MR2011-11
我々はマイクロ波アシスト磁気記録(MAMR)におけるスピントルクオシレータ(STO)の実現可能性について検討するため、垂... [more] MR2011-11
pp.13-17
ITE-MMS, MRIS
(連催)
2010-07-09
09:30
茨城 茨城大学 粒分離を向上した熱アシスト記録用[Co/Pd]n多層媒体
廣常朱美根本広明武隈育子中村公夫市原貴幸日立)・Barry Stipe日立グローバルストレージテクノロジーズMR2010-19
熱アシスト記録において、媒体の磁気特性及び微細構造を向上し、これらが記録特性に与える影響を調べた。[Co/Pd]n多層膜... [more] MR2010-19
pp.49-53
ITE-MMS, MRIS
(共催)
2009-12-10
15:15
愛媛 愛媛大学 工学部 HDDのSER改善に向けた外来雑音影響抑圧の検討
西山延昌日立グローバルストレージテクノロジーズMR2009-41
HDDの高速データ転送化とともに、外来雑音によるエラーレートの劣化が大きくなった。そこで、外来雑音として、装置に流れる雑... [more] MR2009-41
pp.27-34
MRIS, ITE-MMS
(共催)
2009-07-16
16:10
東京 東京工業大学 垂直磁気記録システムにおける浮遊磁界耐力の向上 ~ 消去スポット位置の解析 ~
濱口雄彦前田英明望月正文日立グローバルストレージテクノロジーズMR2009-19
垂直磁気記録システムに磁界を印加した条件で記録再生特性を評価し,浮遊磁界によるデータ消去の問題の解析を行った.単磁極ヘッ... [more] MR2009-19
pp.35-39
EMCJ 2008-12-19
15:10
岐阜 岐阜大学 磁気ヘッドのESD現象とESD/EMIコントロール
大津孝佳日立グローバルストレージテクノロジーズEMCJ2008-97
大容量ストレージ技術を支えるナノデバイスであるGMR(Giant Magneto Resistive)ヘッドのESD/E... [more] EMCJ2008-97
pp.63-68
MRIS, ITE-MMS
(共催)
2008-12-11
14:30
愛媛 愛媛大学総合情報メディアセンター1F メディアホール HDDの新マーケット展開
兒玉直樹西村裕司西田 博釘屋文雄日立グローバルストレージテクノロジーズMR2008-40
 [more] MR2008-40
pp.13-18
MRIS, ITE-MMS
(共催)
2008-12-12
11:20
愛媛 愛媛大学総合情報メディアセンター1F メディアホール LLGシミュレーションによるマイクロ波アシスト記録の検討
五十嵐万壽和鈴木良夫宮本治一日立)・丸山洋治日立グローバルストレージテクノロジーズ)・城石芳博日立MR2008-49
1Tbit/in2を超える記録密度を達成する方法として提案されているマイクロ波アシスト磁気記録における磁化反転特性を明ら... [more] MR2008-49
pp.67-72
MRIS, ITE-MMS
(共催)
2008-11-21
14:20
東京 早稲田大学 Mechanical Demagnetization at Head Disk Interface of Perpendicular Recording
Junguo XuMasaru FurukawaAtsushi NakamuraHitachi)・Masanobu HondaHitachi GST
 [more]
ICD 2008-04-17
15:20
東京 機械振興会館 [パネル討論]大容量フラッシュメモリの可能性を探る ~ 進行するフラッシュ革命のインパクト ~
梶谷一彦エルピーダメモリ)・篠崎直治Spansion)・柿原俊男日立グローバルストレージテクノロジーズ)・神田和重東芝)・小林三千夫Spansion)・佐圓 真日立)・杉林直彦NEC)・竹内 健東大)・塚澤寿夫東芝ICD2008-7
今やフラッシュメモリはDRAMに代わって半導体微細加工技術を牽引し、その結果得られたビットコストの低減と、大規模な投資に... [more] ICD2008-7
pp.37-38
 9件中 1~9件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会