お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EA 2010-11-18
15:45
福岡 九州大学 板の振動のモード解析と生成音場シミュレーション ~ 自由音場と矩形室内音場に関して ~
園木朗弘九大)・佐藤慎也九大/日東紡音響エンジニアリング)・河原一彦尾本 章九大EA2010-89
分布振動モード形スピーカ(Distributed Mode Loudspeaker:DML)の放射特性には拡散的な性質が... [more] EA2010-89
pp.31-36
US 2010-10-19
14:30
東京 日本大学理工学部 駿河台キャンパス1号館2階121会議室 緩和吸収を考慮した時間領域差分法による音響予測
鶴 秀生日東紡音響エンジニアリング)・岩津玲磨東京電機大US2010-73
近年、波動音響数値計算手法の一つである差分法は、実用的な解析に用いられようになってきた。大空間への波動音響シミュレーショ... [more] US2010-73
pp.17-22
EA 2009-07-17
13:15
東京 日東紡音響エンジニアリング 小規模試聴環境設計のための波動音響解析 ~ 層状ランダム拡散体を用いた室内音場制御の実務的な設計例 ~
佐竹 康鶴 秀生日東紡音響エンジニアリングEA2009-37
スタジオやリスニングルームなどの小規模空間の音響設計においては、コンサートホールなどの大空間と違い、対象となる音の波長が... [more] EA2009-37
pp.1-6
EA 2009-06-26
16:00
北海道 北海道医療大学 時間領域差分法を用いた木琴の数値計算手法の検討
鶴 秀生日東紡音響エンジニアリングEA2009-34
近年、音楽音響の分野において、楽器の振動の挙動を時間領域において直接数値計算を行う解析が行われるようになってきた。対象と... [more] EA2009-34
pp.97-102
EA 2008-06-27
09:30
秋田 秋田県立大学 様々なアレーを対象とした伝達関数からの効率的かつ高精度な方向取得
藤田祐作日東紡音響エンジニアリングEA2008-26
 [more] EA2008-26
pp.1-6
EA, US
(併催)
2008-01-28
14:00
大阪 関西大学 音響シミュレーションにおけるコンパクト差分の精度向上
鶴 秀生日東紡音響エンジニアリング)・岩津玲磨東京電機大US2007-91 EA2007-97
近年、波動音響数値計算手法の一つである差分法は、実用的な解析に用いられようになってきた。しかしながら差分法で精度の高い計... [more] US2007-91 EA2007-97
pp.13-18
EA 2006-06-23
13:30
茨城 産業総合研究所(つくば市) 周波数領域ブラインド音源分離における分離成分の順序推定法の検討
藤田祐作日東紡音響エンジニアリング
独立成分分析を用いた周波数領域ブラインド音源分離では分離成分の出力順序が任意となるため、周波数帯ごとに出力順序を推定し、... [more] EA2006-20
pp.1-6
EA 2004-11-26
13:30
大分 大分大 分布振動モード形スピーカの音場解析
緒方洋介九州芸工大)・河原一彦九大)・澤田泰輔アモネット)・鶴 秀生日東紡音響エンジニアリング
 [more] EA2004-101
pp.33-38
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会