電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 1103件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CQ, CBE
(併催)
2020-01-17
09:40
東京 NHK放送技術研究所 環境変動を柔軟に認知する機構を用いたLPWANにおける無線チャネル割当制御
小南大智阪大)・長谷川洋平野上耕介下西英之NEC)・村田正幸阪大
 [more]
CAS, MSS
(共催)
IPSJ-AL
(連催) [詳細]
2019-11-28
11:15
福岡 旧大連航路上屋(北九州門司) 組合せ最適化問題における制約条件を考慮したQUBOソルバ
鷹野芙美代鈴木基己小林悠記荒木拓也NECCAS2019-47 MSS2019-26
 [more] CAS2019-47 MSS2019-26
pp.15-20
AI 2019-11-28
16:05
福岡 九州大学 伊都キャンパス 友人群の地理的近接性に着目した居住エリア推定手法の検討
池田圭佑児島一郁谷 真宏NECAI2019-36
 [more] AI2019-36
pp.37-42
RISING
(第二種研究会)
2019-11-27
13:55
東京 東京大学本郷キャンパス 福武ラーニングシアター [ポスター講演]通信の民主化に向けたコスト効率の高い自営網運用を支援するネットワークAI技術
沢辺亜南NEC/東大)・岩井孝法NEC)・中尾彰宏東大
IoT 事業者からのプライベートLTE 等の自営網への期待が高まる一方で,無線通信の知識を持たない事業者にとって高効率な... [more]
NS, ICM, CQ, NV
(併催)
2019-11-21
16:00
兵庫 神戸大学 六甲台第2キャンパス [招待講演]サイバー攻撃の現状と対策 ~ ネットワークエンジニアのためのサイバーセキュリティ概説 ~
矢野由紀子NECCQ2019-93
昨今、サイバー攻撃が拡大し、公的機関の機微情報、企業や大学の知的財産や最新技術情報、個人情報などの情報流出や、仮想通貨な... [more] CQ2019-93
p.27
SRW, SeMI, CNR
(併催)
2019-11-06
11:10
東京 構造計画研究所(本所新館東京) ステレオカメラを用いたロボット測位の射影変換による高精度化
安田真也熊谷太一吉田裕志NECCNR2019-22
 [more] CNR2019-22
pp.33-38
SRW, SeMI, CNR
(併催)
2019-11-06
15:35
東京 構造計画研究所(本所新館東京) [依頼講演]工場内での無線通信の安定化に向けて
大西健夫中島健智NECSRW2019-50 SeMI2019-94 CNR2019-44
 [more] SRW2019-50 SeMI2019-94 CNR2019-44
pp.101-106(SRW), pp.121-126(SeMI), pp.99-104(CNR)
MIKA
(第二種研究会)
2019-10-03
14:05
北海道 北海道大学 [依頼講演]機械学習ベースの通信トラヒック分析によるIoTアプリケーションのコンテキスト推定
沢辺亜南岩井孝法NEC
多様なデバイスが無線ネットワークを介して通信する Internet of Things (IoT) の普及に伴い,遠隔制... [more]
NS, IN, CS, NV
(併催)
2019-09-06
13:05
宮城 東北大学 電気通信研究所 [依頼講演]ETSI-NFVの標準化動向
伝宝浩史NECCS2019-56
 [more] CS2019-56
pp.51-53
NS, IN, CS, NV
(併催)
2019-09-06
14:55
宮城 東北大学 電気通信研究所 探索型ネットワーク設計導出方式を用いた障害自動切り分け技術
福田達也黒田貴之下西英之NEC)・阿多信吾阪市大NS2019-96
 [more] NS2019-96
pp.41-46
PRMU, MI
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2019-09-05
14:10
岡山 岡山大学 モデル選択によるニューラルネットワークの簡易的ドメイン適応
澤田あずさ柴田剛志谷内田尚司NECPRMU2019-27 MI2019-46
 [more] PRMU2019-27 MI2019-46
pp.109-113
CQ 2019-08-27
09:30
北海道 函館アリーナ LTEネットワークの通信混雑度と許容遅延を考慮したコネクテッドカー向けスケジューラ
伊藤暢彦岩井孝法NEC/慶大)・久保亮吾慶大CQ2019-57
道路交通において交通事故を低減することは重要な社会課題であり,車両位置や交通カメラ映像等の交通情報をLTE網を用いて共有... [more] CQ2019-57
pp.1-6
CQ 2019-08-28
13:30
北海道 函館アリーナ [特別講演]コミュニケーションの中心でクオリティーをさけぶ ~ コミュニケーションクオリティ研究会の今後の活動方針 ~
下西英之NECCQ2019-81
コミュニケーションクオリティー研究専門委員会は今年度で設立28年目を迎え、30周年記念まであと2年である。設立以来、情報... [more] CQ2019-81
pp.125-128
RCS, SAT
(併催)
2019-08-22
12:40
愛知 名古屋大学 [依頼講演]大容量バックホールに向けたミリ波OAMモード多重伝送方式の開発
佐々木英作平部正司善久竜滋宮元裕章生田耕嗣NECSAT2019-23 RCS2019-152
5Gスモールセルバックホールのような大容量無線伝送システムを実現する手段として,OAM(軌道角運動量)のモード多重伝送方... [more] SAT2019-23 RCS2019-152
p.37
ICM 2019-07-12
09:00
北海道 旭川市国際会議場 対称性の高い大規模ICTシステム更新に対する効率的な更改手順の自動計画手法
桑原拓也NEC)・恒川雄太郎齋藤諒人上田和紀早大ICM2019-15
ICT システムの更新を人手で行う負荷を軽減するため,モデル化された ICT システム上の初期状態から目的状態までの有効... [more] ICM2019-15
pp.53-58
SeMI, RCS, NS, SR, RCC
(併催)
2019-07-11
10:00
大阪 I-Siteなんば(大阪) 低 SHF 帯C-RAN Massive MIMO システムを用いた端末移動環境における下りマルチユーザMIMO 特性評価
ジャン イー泉井康平山崎健一郎NEC)・奥山達樹村岡一志増野 淳須山 聡奥村幸彦NTTドコモRCS2019-111
5Gの大容量化を実現する技術として、我々は、早期実用化の見込まれる低SHF帯におけるMassive MIMO技術に着目し... [more] RCS2019-111
pp.57-62
CNR 2019-06-13
16:40
東京 Panasonic Laboratory Tokyo(パナソニックラボラトリー東京) 適応映像配信制御を活用したロボット向けクラウドベースVSLAMの提案
甲斐夏季城島貴弘吉田裕志NECCNR2019-9
クラウドネットワークによってさまざまなセンサーデータを収集・融合・分析することにより,データの質や量を向上するクラウドセ... [more] CNR2019-9
pp.43-48
IA, ICSS
(共催)
2019-06-07
11:20
宮城 東北大学 電気通信研究所 本館6階大会議室 自己組織化マップと畳み込みニューラルネットワークを用いて攻撃性の高い通信を検知するシステムの開発
岩佐暁史鈴木彦文内山 巧信州大)・宇井哲也NECIA2019-8 ICSS2019-8
近年,情報通信機器の普及とインターネットの利用率の増加に伴い、サイバー攻撃関連の通信も増えてきている.多様化複雑化する攻... [more] IA2019-8 ICSS2019-8
pp.37-41
SR 2019-05-30
15:55
東京 東京ビッグサイト [依頼講演]高信頼大規模LoRaWANサービスのためのマルチユーザACK集約方式の実装
長谷川洋平NEC)・鈴木一哉秋田県立大SR2019-8
大規模なIoT通信システムとして注目を集めるLoRaWANであるが,ユーザの多様化により通信の信頼性向上が課題とされる場... [more] SR2019-8
pp.49-56
CQ 2019-05-31
14:50
広島 広島市立大学 通信遅延に適応した搬送ロボットの遠隔協調制御
吉田裕志熊谷太一安田真也NECCQ2019-31
クラウドネットワークを介して様々な外部センサやコンピュータを活用してロボットを遠隔制御することで,ロボットの機能や性能を... [more] CQ2019-31
pp.101-106
 1103件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会