お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 13件中 1~13件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EMCJ 2016-11-25
14:30
東京 機械振興会館 放射電界抑制のためのグランド構造に関する考察
池田浩昭日本航空電子)・越地耕二東京理科大)・櫻井秋久日本IBMEMCJ2016-95
グラウンドにスリットを入れて島状にすることにより放射電界を抑制する方法が、提唱されているが、逆に放射電界が増える場合があ... [more] EMCJ2016-95
pp.43-47
EMD 2014-01-31
14:50
東京 日本航空電子工業株式会社 昭島事業所 リフロー工程における箱型成形品変形の一考察
田村優幸下田敏之日本航空電子EMD2013-139
SMTコネクタはリフロー工程で高温にさらされ,その際のインシュレータ(以後INS)の熱変形が,はんだ未着不具合の大きな要... [more] EMD2013-139
pp.17-22
US 2011-09-27
10:25
宮城 東北大学 工学部 電子情報システム・応物系 南講義棟103会議室 直線集束ビーム超音波材料解析システムによるガラス多層膜の評価
荒川元孝櫛引淳一東北大)・伊藤和彦江藤和幸日本航空電子US2011-56
直線集束ビーム超音波材料解析(LFB-UMC)システムを超高フィネス光キャビティー用多層膜の評価に適用した。RFイオンビ... [more] US2011-56
pp.53-57
SIS, IPSJ-AVM
(連催)
2011-09-22
09:30
秋田 秋田大学手形キャンパスベンチャービジネスラボラトリー 大セミナー室 段階的なレンジ縮小法を用いた画像符号化方式
小原 仁秋田大)・村山 久日本航空電子工業)・坂田真人 SIS2011-29
 [more] SIS2011-29
pp.59-64
EMD 2011-01-28
14:15
東京 日本航空電子工業株式会社 錫めっき接点の形状と荷重に関する微摺動特性
田井富茂古本哲也日本航空電子EMD2010-138
本論文は、錫めっき層の微摺動摩耗よる接触抵抗の上昇が、当社試験環境下において、接点の形状と荷重に依存し、ヘルツの接触理論... [more] EMD2010-138
pp.17-21
EMD 2011-01-28
15:15
東京 日本航空電子工業株式会社 印刷銀配線板におけるイオンマイグレーション抑制におよぼす樹脂-クレイハイブリッド化合物の効果
大谷泰之中島伸一郎日本航空電子EMD2010-140
近年の電子機器の小型化・薄型化に伴うプリント配線板の高密度化により,イオンマイグレーションによる絶縁故障が重要な問題のひ... [more] EMD2010-140
pp.29-34
EMD, CPM, OME
(共催)
2008-06-27
11:45
東京 機械振興会館 電位応答型の分子吸着を利用した金ナノ粒子の配列制御
中島伸一郎山田一彦大西 賢日本航空電子EMD2008-14 CPM2008-33 OME2008-35
金ナノ粒子は、発光や磁性などの物性を示す代表的なナノテクノロジー材料のひとつである。近年では、それらの特性の向上や微細な... [more] EMD2008-14 CPM2008-33 OME2008-35
pp.19-24
SANE 2008-06-27
17:50
茨城 JAXA筑波宇宙センター 衛星搭載用高精度FOG-IRUの開発
巳谷真司石島義之岩田隆敬鈴木秀人坂井真一郎戸田知朗橋本樹明斎藤宏文JAXA)・大野有孝宮原聖明沖倉晴彦日本航空電子SANE2008-40
将来の地球観測・科学観測ミッションの為に高精度、広ダイナミックレンジ、長寿命、高信頼性を有する慣性基準装置(IRU)が求... [more] SANE2008-40
pp.149-154
EMD 2007-12-21
16:45
東京 日本航空電子工業株式会社 高速信号伝送用コネクタの開発
萩原健治徳永 隆佐藤光俊藍原周一安藤典浩田中 琢日本航空電子EMD2007-108
近年の情報処理、通信分野における処理速度高速化、伝送容量の飛躍的増大に伴い、メタル伝送媒体上の信号伝送速度も上昇の一途を... [more] EMD2007-108
pp.45-50
SANE 2007-11-30
11:35
神奈川 JAXA (相模原) 宇宙分野における光ファイバジャイロセンサの技術動向
大野有孝日本航空電子)・坂井真一郎齋藤宏文JAXASANE2007-85
本稿では初めに干渉型光ファイバジャイロ(IFOG)の原理と構成を紹介し,次いで宇宙分野におけるこれまでの応用例を概観する... [more] SANE2007-85
pp.19-24
EMD 2007-05-18
13:35
宮城 石巻専修大学 インデンテーション法によるSnめっき皮膜の機械的特性の検証
町原大介日本航空電子EMD2007-6
 [more] EMD2007-6
pp.1-4
OFT 2007-01-25
13:25
三重 三重大学 [招待講演]18th International conference on Optical Fiber Sensors 報告 ~ 光ファイバジャイロの現状と今後の研究動向 ~
大野有孝日本航空電子OFT2006-53
第18回光ファイバセンサ国際会議(OFS-18)における光ファイバジャイロ30周年記念セッションで発表された各国の光ファ... [more] OFT2006-53
pp.5-9
EMD 2006-10-20
14:25
神奈川 プラザとつか 外部応力による錫ウィスカの研究
町原大介佐藤一臣日本航空電子
電子部品の鉛フリー化の促進に伴い、錫めっきのウィスカ問題が重要視されている。特にコネクタ接点部に代表される、めっき後に応... [more] EMD2006-50
pp.5-8
 13件中 1~13件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会