お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 10件中 1~10件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NLP, NC
(併催)
2020-01-24
15:05
沖縄 宮古島マリンターミナル 任意N体相互作用解析に向けた自動運転安全評価用走行シナリオの網羅的分析法の検討
川野啓太九工大)・加藤良祐今長 久日本自動車研)・我妻広明九工大/理研/産総研NC2019-67
近年の自動運転技術の実用化に際して,安全評価の国際的標準化の問題が喫緊の課題となっている.従来, ある一定の認知・判断・... [more] NC2019-67
pp.45-50
SSS 2019-04-23
13:00
東京 機械振興会館 眼疾患(緑内障)における自動車運転時の視線行動に関する研究
佐藤健治安部原也内田信行日本自動車研)・植田俊彦二本松眼科)・鈴村弘隆すずむら眼科SSS2019-1
多治見疫学調査によると,40歳以上の20人に1人が緑内障に罹患している.視覚情報への依存度が高い自動車運転については,緑... [more] SSS2019-1
pp.1-4
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2017-03-14
09:30
長崎 長崎県立大学シーボルト校 V2X通信のメッセージ検証簡略化方式に関する評価
丹治雅道三澤 学植田 武小林信博西山博仁三菱電機)・大庭 敦JARIICSS2016-61
現在のV2X通信はドライバへの情報提供に用いられているが,将来,自動運転への応用が想定される.V2X通信を車両制御等に用... [more] ICSS2016-61
pp.129-134
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2017-03-14
09:55
長崎 長崎県立大学シーボルト校 V2X通信のメッセージ検証の簡略化方式の提案
三澤 学丹治雅道植田 武小林信博西山博仁三菱電機)・大庭 敦JARIICSS2016-62
 [more] ICSS2016-62
pp.135-140
SSS 2016-06-21
15:50
東京 機械振興会館 [招待講演]自動運転システムの機械の能力限界時におけるドライバ運転行動
安部原也佐藤健治内田信行日本自動車研)・伊藤 誠筑波大SSS2016-11
本研究では,自動運転中に機械の能力限界に達した状況に着目し,運転操作の引き継ぎ方法の違いによるドライバ行動への影響につい... [more] SSS2016-11
pp.17-20
SSS 2015-05-21
15:40
東京 日大駿河台キャンパス ドライビングシミュレータを用いた緑内障による運転影響把握に関する研究
佐藤健治安部原也内田信行JARI)・植田俊彦二本松眼科)・鈴村弘隆すずむら眼科SSS2015-5
近年の疫学調査によると,40歳以上の20人に1人が緑内障に罹患しているといわれており,社会生活における様々な局面で影響が... [more] SSS2015-5
pp.17-21
ITS, IEE-ITS, IPSJ-ITS
(連催)
2011-09-28
16:40
栃木 宇都宮大学陽東キャンパス [招待講演]自動運転・隊列走行技術の開発
青木啓二日本自動車研ITS2011-19
高速道路を走行する大型トラックの省エネ化を実現するため、空気抵抗が減少する近接車間距離で車群走行する自動運転・隊列走行技... [more] ITS2011-19
pp.57-60
PRMU, MI
(共催)
2007-05-24
11:40
三重 三重大学 講堂小ホール パーティクルフィルタによるドライブレコーダ画像中の先行車追跡
榎田修一林 豊洋九工大)・久保 登北島 創日本自動車研)・片山 硬久留米工大)・江島俊朗九工大PRMU2007-7 MI2007-7
本論文ではパーティクルフィルタを用いたドライブレコーダ記録動画像中の先行車追跡手法を提案する.動画像中から先行車両の全体... [more] PRMU2007-7 MI2007-7
pp.35-40
ITS, IPSJ-ITS, IEE-ITS
(共催)
2006-09-28
13:00
北海道 はこだて未来大 ITS通信システムアーキテクチャに関するフィージビリティスタディ
加藤 晋産総研)・金子貴信カルソニックカンセイ)・木村 裕NEC)・田中清一エム・アール・アイリサーチアソシエイツ)・熊谷佳晶富士通)・関 馨日本自動車研
 [more] ITS2006-15
pp.1-6
ITS 2006-05-29
15:45
神奈川 横須賀リサーチパーク ITS通信コンセプトリファレンスモデルに関する検討 ~ 車両情報共有の観点から ~
水井 潔関東学院大)・長谷川孝明埼玉大)・永長知孝関東学院大)・加藤 晋産総研)・高橋常夫NF回路設計ブロック)・堀松哲夫富士通)・関 馨藤井治樹日本自動車研
 [more] ITS2006-6
pp.29-34
 10件中 1~10件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会