電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ET 2016-11-18
14:15
静岡 プラザ ヴェルデ Androidアプリケーション開発技術者教育における学生のつまずき箇所の分析
木崎 悟日本工学院八王子専門学校ET2016-62
近年,Androidアプリケーション開発をテーマとした授業が高等教育機関において増加している.日本工学院では,2年制の情... [more] ET2016-62
pp.41-46
TL 2010-11-27
10:30
東京 機械振興会館 Flashを用いたタイ語eラーニングシステムの開発
シーハクリアンクライ ナッタポーンシーハクリアンクライ ナッタポン月江伸弘村上 博西部俊孝日本工学院八王子専門学校TL2010-37
日本人向けタイ語学習支援システムとしてFlashを活用したe-Learning システムについて報告する.本システムは,... [more] TL2010-37
pp.7-12
TL 2010-05-28
10:30
東京 機械振興会館 認知リハビリテーションのためのゲーム集試作プロジェクト
亀田弘之東京工科大)・税田竜一原田俊信石鍋 仁日本工学院八王子専門学校)・伊藤憲治東大)・久保村千明山野美容芸術短大)・服部 峻東京工科大)・池淵恵美帝京大)・DYCSS3グループ TL2010-1
(事前公開アブストラクト) 統合失調症をはじめ、認知機能障害が基盤にあると考えられる精神障害は多くみられ、その早期発見・... [more] TL2010-1
pp.1-6
TL 2009-02-06
16:15
東京 機械振興会館 アナロジーを用いた情報活用手法の提案と実装
山岸優也東京工科大)・税田竜一日本工学院八王子専門学校)・久保村千明山野美容芸術短大)・亀田弘之東京工科大TL2008-59
現在の情報検索システムは分類体系やキーワードに頼っており,本来の検索目的をストレートに支援する技術はまだない.
本研究... [more]
TL2008-59
pp.51-54
TL 2008-12-13
14:30
鳥取 鳥取大学 性格を備え持つ対話ロボットの設計・試作
竹井雅嗣千頭真八飯田達朗東京工科大)・税田竜一日本工学院八王子専門学校)・○久保村千明山野美容芸術短大)・亀田弘之東京工科大TL2008-46
(事前公開アブストラクト) 癒しを目的とするロボットにおいては、他者とのかかわり方が重要になる。このようなロボットを実現... [more] TL2008-46
pp.13-18
PRMU, TL
(共催)
2006-02-24
15:30
茨城 産業技術総合研究所(筑波) ブログ記事を素材とする若者語処理システム評価方法
久保村千明山野美容芸術短大)・原田俊信日本工学院八王子専門学校)・○佐々木洋輔山本義人亀田弘之東京工科大
 [more] TL2005-95 PRMU2005-230
pp.165-169
PRMU, TL
(共催)
2006-02-24
16:30
茨城 産業技術総合研究所(筑波) 癒し系ロボットPDDIN2005 ~ 状況と対話者感情を考慮した発話と行動 ~
小澤朋之東京工科大)・原田俊信日本工学院八王子専門学校)・山口和仁佐々木洋輔高井伸輔小幡琢磨亀田弘之東京工科大
近年、ロボットによる癒し(すなわち、ロボットセラピー)が注目されている。このような観点から、筆者らも癒し効果を持つロボッ... [more] TL2005-96 PRMU2005-231
pp.171-176
PRMU, TL
(共催)
2005-03-18
11:00
秋田 秋田大学 癒し系ロボットPDDIN2005の作成
原田俊信日本工学院八王子専門学校)・佐藤昌延佐々木洋輔東京工科大)・久保村千明山野美容芸術短大)・亀田弘之東京工科大
近年,「癒し」の実現手段の一つとしてロボットによる癒し,すなわちロボットセラピーが注目されている.このような観点から,筆... [more] TL2004-76 PRMU2004-244
pp.73-77
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会