お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 29件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
KBSE 2020-03-06
13:30
沖縄 てんぶす那覇
(開催中止,技報発行あり)
安全性解析支援のための状態遷移系に基づくハザード近接状態分析手法の提案
鈴木悠介・○小形真平大池勇太郎信州大)・青木善貴日本ユニシス)・中川博之阪大)・小林一樹岡野浩三信州大KBSE2019-47
STAMP (System-Theoretic Accident Model and Processes)/STPA (... [more] KBSE2019-47
pp.7-12
KBSE, SC
(共催)
2019-11-08
11:30
長野 信州大学 不具合原因分析支援のためのNuSMV反例解析手法の試案
大池勇太郎小形真平信州大)・青木善貴日本ユニシス)・中川博之阪大)・小林一樹岡野浩三信州大KBSE2019-24 SC2019-21
CPS(Cyber-Physical System)のように複数のモジュールが相互作用する大規模複雑なシステムを対象とし... [more] KBSE2019-24 SC2019-21
pp.7-12
SWIM, KBSE
(共催)
2019-05-25
09:45
東京 機械振興会館 確率的モデル検査器を用いたFRAM支援手法の試案
青木善貴日本ユニシス)・小形真平信州大KBSE2019-8 SWIM2019-8
FRAM (Functional Resonance Analysis Method)は複雑な技術システムを分析しモデル... [more] KBSE2019-8 SWIM2019-8
pp.49-56
KBSE, SS
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2018-07-18
15:50
北海道 北海道・帯広市 とかちプラザ 視聴覚室/大集会室 コントロールループに着目したIoTアーキテクチャモデルの検証に関する一考察
青木善貴日本ユニシス)・小形真平小林一樹信州大)・中川博之阪大SS2018-11 KBSE2018-21
IoT(Internet of Things)システムはサイバー空間とフィジカル空間をまたがる複雑な構成となる.その構成... [more] SS2018-11 KBSE2018-21
pp.61-66
ET 2017-12-02
15:45
石川 金沢工業大学 新学習指導要領におけるカリキュラム・マネジメントを支援するシステム要件の検討
杉山聡菜内海裕介日本ユニシス)・村松 雅逗子市教委)・高橋 純学芸大ET2017-77
本研究の目的は,新学習指導要領におけるカリキュラム・マネジメントを支援するシステム要件の検討である.研究の過程では,カリ... [more] ET2017-77
pp.51-56
SS, KBSE
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2017-07-19
13:10
北海道 函館コミュニティプラザ IoTシステムアーキテクチャのモデリング記法によるモデル検査支援手法の試作と評価
小形真平信州大)・青木善貴日本ユニシス)・中川博之阪大)・小林一樹信州大)・福島祐子日本ユニシスSS2017-5 KBSE2017-5
IoTシステムのアーキテクチャでは,ユーザ,Webサービス,エッジ,デバイス,電力系統,自然環境などの様々なオブジェクト... [more] SS2017-5 KBSE2017-5
pp.25-30
KBSE 2016-05-27
10:45
東京 同志社大学 東京オフィス デザインパターンに基づくソースコードのモデル検証の手法の提案
青木善貴NULKBSE2016-6
今までに「モデル検査による仕様とソースコードの不一致を発見する手法」を提案してきた.この検証手法は制御フローをベースにし... [more] KBSE2016-6
pp.31-36
KBSE 2016-03-03
13:50
大分 由布市湯布院公民館 ユースケース部品の組み合わせに対する目標の満足度の検査
松浦佐江子芝浦工大)・小形真平信州大)・青木善貴日本ユニシスKBSE2015-54
 [more] KBSE2015-54
pp.37-42
MICT, ASN, MoNA
(併催)
2015-01-27
13:30
和歌山 南紀白浜温泉 ホテルむさし メッシュ型地域ネットワークのプラットフォーム技術の研究開発
中川靖士日本ユニシス)・高橋広嗣フィンチジャパン)・実藤 亨ナシュア・ソリューションズ)・木下哲男東北大MoNA2014-86
メッシュ型地域ネットワークのプラットフォーム技術の研究開発は、耐災害性を備えたメッシュネットワーク技術(NerveNet... [more] MoNA2014-86
pp.129-134
KBSE, SS
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2014-07-10
15:20
北海道 富良野文化会館 反例からの検査式自動生成による不具合原因特定支援
青木善貴日本ユニシス)・松浦佐江子芝浦工大SS2014-16 KBSE2014-19
モデル検査はシステムの振る舞いを検証するためには有効な技術である.我々はモデル検査技術を利用して仕様書とソースコードの振... [more] SS2014-16 KBSE2014-19
pp.87-92
DE 2014-06-21
09:05
東京 リコーITソリューションズ本社 コンテキストコンピューティングに基づく意思決定のための知識抽出手法
高岡大介ピースミールテクノロジー)・陣内康行住友セメントシステム開発)・菅井康之イーグル)・荒本道隆アドソル)・牧野友紀日本ユニシス)・和泉憲明産総研DE2014-1
本報告では,先端IT活用推進コンソーシアムの研究活動成果として,人と機械が協働する過程で,動的に変化する知識を社会的なレ... [more] DE2014-1
pp.1-6
KBSE 2014-05-30
13:45
神奈川 慶応義塾大学,日吉キャンパス(来往舎) 企業内でのモデル検査ツールの利用と普及
青木善貴日本ユニシス)・松浦佐江子芝浦工大KBSE2014-9
モデル検査はシステムの振る舞いを検査するのには優れた手法である.しかし,モデル検査の知識を持たない要員が検査モデルを作成... [more] KBSE2014-9
pp.47-52
KBSE 2014-03-06
10:35
沖縄 沖縄県青年会館 モデル検査における反例解析容易化支援
青木善貴日本ユニシス)・松浦佐江子芝浦工大KBSE2013-79
 [more] KBSE2013-79
pp.1-6
KBSE 2014-01-28
13:40
東京 機械振興会館 コンテキスト・コンピューティングの構想 ~ 情報の共有と個人化の方法論として ~
牧野友紀日本ユニシス)・道村唯夫富士ゼロックス)・飯沢篤志リコーITソリューションズ)・小林 茂先端IT活用推進コンソーシアム)・和泉憲明産総研KBSE2013-76
コンテキスト・コンピューティングのコンセプトモデルを研究部会の活動成果として報告する.ここでは,検索エンジンを代表とする... [more] KBSE2013-76
pp.65-70
SS, KBSE
(共催)
2013-07-26
13:10
北海道 北海道立道民活動センター [かでる2.7] 710会議室(7階) モデル検査技術の開発現場への適用 ~ 仕様とソースコードの齟齬の発見 ~
青木善貴日本ユニシス)・松浦佐江子芝浦工大SS2013-28 KBSE2013-28
開発現場では不十分な要件定義や実装時のミス・誤解等により人手では発見困難な不具合が発生する.担当する要員により原因特定に... [more] SS2013-28 KBSE2013-28
pp.91-96
SS, KBSE
(共催)
2013-07-26
13:40
北海道 北海道立道民活動センター [かでる2.7] 710会議室(7階) UML要求分析モデルへのモデル検査技術適用による実現可能性の検証
青木善貴日本ユニシス)・小形真平信州大)・松浦佐江子芝浦工大SS2013-29 KBSE2013-29
高品質なソフトウェアを開発するためには,顧客による妥当性が確認された要求仕様を少ない手戻りで実装できるように,要求仕様の... [more] SS2013-29 KBSE2013-29
pp.97-102
KBSE 2013-03-14
10:05
東京 芝浦工業大学 開発現場を想定したモデル検査に基づくプログラムの不具合検証 ~ 検査支援ツールを用いた安定的な検査 ~
青木善貴日本ユニシス)・松浦佐江子芝浦工大KBSE2012-69
開発現場では不十分な要件定義や実装時のミス・誤解等により人手では発見困難な不具合が発生する.担当する要員により原因特定に... [more] KBSE2012-69
pp.1-6
PRMU, HIP
(共催)
2012-03-30
11:10
兵庫 神戸大学 ThumbPop:注目物体を強調した疑似立体サムネイル生成
新井啓介早大)・武井宏将早大/日本ユニシス)・山名早人早大/NIIPRMU2011-268 HIP2011-96
本稿ではユーザが注目している物体と背景とを分離し,疑似的な立体サムネイルを作成する手法を提案する.現在広く利用されている... [more] PRMU2011-268 HIP2011-96
pp.177-182
MSS 2012-03-08
17:00
東京 JAIST東京サテライト [招待講演]GPGPUの産業への適用
加藤公一日本ユニシスMSS2011-80
GPGPU(General Purpose GPU)は一般的な問題をGPU(Graphics Processor Uni... [more] MSS2011-80
pp.47-48
KBSE 2012-01-23
16:20
東京 機械振興会館 開発現場を想定したモデル検査に基づくプログラムの欠陥抽出手法
青木善貴日本ユニシス)・松浦佐江子芝浦工大KBSE2011-60
 [more] KBSE2011-60
pp.43-48
 29件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会