お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 6件中 1~6件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
US 2020-07-31
14:15
ONLINE オンライン開催 塗膜平滑性向上のためのレオロジー解析 ~ ロール目の制御 ~
石田 聡日本ペイントホールディングスUS2020-16
塗料をローラーで塗装すると ロール目と呼ばれる筋状の凹凸が表面に形成される.このロール目の形状により,塗膜外観の優劣が ... [more] US2020-16
pp.17-20
HCGSYMPO
(第二種研究会)

三重 シンフォニアテクノロジー響ホール伊勢(伊勢市) 気分による創造性課題成績への影響の個人差に関する検討
寺澤杏奈猪股健太郎長田典子関西学院大)・大串あゆみ小山俊隆日本ペイントホールディングス
創造性はポジティブ気分によって促進されることが示唆されている.しかし,創造性の個人差を考慮した研究は充分にはされていない... [more]
US 2018-07-31
11:30
京都 京都工繊大学 塗料の曳糸性制御によるローラー塗装時の飛散量低減技術
石田 聡小池謙太日本ペイントホールディングスUS2018-32
 [more] US2018-32
pp.11-15
US 2017-07-27
09:45
岡山 岡山大学 ローラー塗装時の塗料飛散量低減技術
石田 聡小池謙太日本ペイントホールディングスUS2017-31
ローラーで塗装する際の塗料飛散は制御すべき塗装作業性の一つである.昨年度は数種の塗料において曳糸性が
低い、または第一... [more]
US2017-31
pp.5-9
US 2016-07-29
14:45
福岡 九州大学 筑紫キャンパス ローラー塗装時の塗料飛散に対する物性解析
石田 聡日本ペイントホールディングスUS2016-33
ローラーで塗料を塗装する際の塗料飛散は制御すべき塗装作業性の一つであるが、そのメカニズムおよび制御方法は明らかになってい... [more] US2016-33
pp.11-14
US 2015-07-31
16:35
大阪 日本ペイントホールディングス 本社
(大阪)
ロールコーター塗装作業性 ~ ピックアップ量とロール目制御技術 ~
石田 聡日本ペイントUS2015-35
塗装作業性は塗料設計において重要とされる項目の一つである.しかしメカニズムが明らかとなっていないため、制御が困難な項目が... [more] US2015-35
pp.41-43
 6件中 1~6件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会