お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 3件中 1~3件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
KBSE, SC
(共催)
2020-11-14
11:10
ONLINE オンライン+機械振興会館
(ハイブリッド開催,主:オンライン開催,副:現地開催)
神経心理学的描画検査における描画過程の可視化インターフェースEVIDENTの実装
関本竜吉佐伯幸郎中村匡秀神戸大)・児玉直樹新潟医療福祉大)・佐藤 厚新潟リハビリテーション大KBSE2020-27 SC2020-31
 [more] KBSE2020-27 SC2020-31
pp.63-69
SC 2020-03-16
09:50
ONLINE オンライン開催 EVIDENT:神経心理学的描画検査における描画過程の可視化及び可視化インターフェース
関本竜吉佐伯幸郎中村匡秀神戸大)・児玉直樹新潟医療福祉大)・佐藤 厚新潟リハビリテーション大SC2019-36
神経心理学的描画検査における描画過程の特徴を,専門的なデータ分析の知識をもたない医療従事者や臨床家が分析することを支援す... [more] SC2019-36
pp.9-16
MBE, NC
(併催)
2014-07-26
15:20
岡山 岡山大学 良い介助動作をもたらす介助者の構え:被介助者へのインタビューによる検討
武藤真理電通大)・藤本 幹新潟リハビリテーション大学)・阪口 豊電通大NC2014-17
従来,介助動作の良し悪しは「介助者の視点」から論じられることがほとんどで,「被介助者の視点」から検討されることが少なかっ... [more] NC2014-17
pp.1-5
 3件中 1~3件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会