電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 315件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NLP, NC
(併催)
2020-01-24
14:45
沖縄 宮古島マリンターミナル クレータ分類を例としたニューロモ―フィックコンピューティングの宇宙機航法に対する適用
狩谷和季総研大)・福田盛介JAXANC2019-66
 [more] NC2019-66
pp.39-44
IBISML 2020-01-10
13:40
東京 統計数理研究所 局所的変分法による非補償型時系列IRT
玉野浩嗣NEC/総研大)・持橋大地統計数理研IBISML2019-31
項目応答理論(IRT) の時間発展版にあたるナレッジトレーシングは,学習者の潜在スキル状態の時間変化
を推定し,各問題... [more]
IBISML2019-31
pp.91-98
ISEC, SITE, LOIS
(共催)
2019-11-02
15:25
大阪 大阪大学 吹田キャンパス 出現文字を用いた機械学習によるDNSトンネル検出の研究
朝倉哲也辰己丈夫放送大ISEC2019-84 SITE2019-78 LOIS2019-43
本研究では,DNSトンネルの検出手法として,正常なドメイン名の文字列を機械学習(教師なし学習)し,異常なDNSクエリ文字... [more] ISEC2019-84 SITE2019-78 LOIS2019-43
pp.141-148
ET 2019-10-19
10:20
沖縄 琉球大学 議論の場における参加者の表出自動推定のための他者ラベリングと自己申告評価およびセンサによる評価との関係調査
近藤杏祐神戸大)・加藤 浩放送大)・大西鮎美寺田 努神戸大)・葛岡英明東大)・久保田善彦玉川大)・鈴木栄幸茨城大)・塚本昌彦神戸大ET2019-34
 [more] ET2019-34
pp.9-14
ET 2019-10-19
10:40
沖縄 琉球大学 双方向債務概念に基づく相互援助規則の導入が大学生のプロジェクト型活動に与える影響
鈴木栄幸茨城大)・舟生日出男創価大)・久保田善彦玉川大)・加藤 浩放送大ET2019-35
 [more] ET2019-35
pp.15-20
ISEC, SITE, ICSS, EMM, HWS, BioX
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(共催)
(連催) [詳細]
2019-07-24
09:55
高知 高知工科大学 OODAループの「暗黙の誘導制御」に関する一考察 ~ フィッシングサイトへの対抗策 ~
瀧川雄一防衛大)・辰己丈夫放送大ISEC2019-43 SITE2019-37 BioX2019-35 HWS2019-38 ICSS2019-41 EMM2019-46
本稿は、SMS フィッシング(SMS phishing)またはスミッシング(Smishing)とよばれるSMS を用いた... [more] ISEC2019-43 SITE2019-37 BioX2019-35 HWS2019-38 ICSS2019-41 EMM2019-46
pp.251-258
CQ 2019-07-18
09:30
新潟 新潟大学 Human Perception of Weight in Remote Robot System with Force Feedback
Limin WenYutaka IshibashiNITech)・Pingguo HuangSeijoh University)・YuichiroTateiwaNITech)・Hitoshi OhnishiThe Open University of JapanCQ2019-33
 [more] CQ2019-33
pp.1-5
SWIM, KBSE
(共催)
2019-05-24
16:00
東京 機械振興会館 新規開拓事業におけるシステム構築履歴の分析
佐藤雄朗中谷多哉子放送大KBSE2019-6 SWIM2019-6
新規開拓事業は,時間が経過するに従って,社会に浸透し,あたりまえになっていく.
しかし,新規開拓事業を立ち上げるときに... [more]
KBSE2019-6 SWIM2019-6
pp.37-42
ET 2019-03-15
11:55
徳島 鳴門教育大学 小学生向けプログラミング教育授業の実践 ~ 論理的思考力の基礎を養えるプログラミング教育の検討 ~
榎本靖之葉田善章放送大ET2018-99
本研究では,小学生向けのプログラミング教育にはアルゴリズムの基本3構造を理解,活用できることが重要だと考え,論理的思考力... [more] ET2018-99
pp.69-74
EA, SIP, SP
(共催)
2019-03-14
13:30
長崎 アイランド ナガサキ(長崎市) [ポスター講演]落語音声合成におけるTacotronおよびコンテキスト特徴量の使用とその評価
加藤集平総研大/NII)・高木信二山岸順一NII)・安田裕介総研大/NII)・Xin WangNIIEA2018-126 SIP2018-132 SP2018-88
人を楽しませる音声合成を目指して,落語の音声合成の構築に取り組んでいる.本稿では音声合成のモデルとして,sequence... [more] EA2018-126 SIP2018-132 SP2018-88
pp.161-166
WPT 2019-03-07
14:55
京都 京都大学宇治キャンパス Experiment for Wireless Power Transfer to movable target using phased array antenna system
Mudassir RazaShotaro KatanoSOKENDAI)・Koji TanakaJAXA)・Yoshiyuki FujinoToyo Univ.)・Kento MonjiTUS)・Yuki ItoToyo Univ.WPT2018-75
 [more] WPT2018-75
pp.59-62
IN, NS
(併催)
2019-03-05
09:00
沖縄 沖縄コンベンションセンター 核融合実験装置LHDの大容量データを用いた多地点高速転送実験
山中顕次郎総研大/NII)・中西秀哉自然科学研究機構)・小関隆久徳永晋介石井康友量研機構)・阿部俊二漆谷重雄総研大/NII)・山本孝志江本雅彦自然科学研究機構NS2018-233
先端科学技術分野では,国際協力で巨大な実験・観測装置を作り,得られたビックデータを各国で分析することが多い.ビックデータ... [more] NS2018-233
pp.237-242
KBSE 2019-03-02
10:45
京都 同志社大学寒梅館 情報セキュリティ教育ゲームの学習効果の検証
廣瀬 司中谷多哉子放送大KBSE2018-65
近年,情報セキュリティ事件・事故は人に起因するものが多く発生している.したがって情報セキュリティ教育は大変重要である.情... [more] KBSE2018-65
pp.69-73
KBSE 2019-03-02
12:00
京都 同志社大学寒梅館 会議での意見収集を補完するMinute Paper ~ その事例報告と考察201903 ~
岡本克也中谷多哉子放送大KBSE2018-67
我々はMinute Paperに適切な質問を設定することにより,会議中に参加者が想起したものの発言の機会を得られなかった... [more] KBSE2018-67
pp.81-86
ET 2019-01-26
15:35
大阪 関西大学 (梅田キャンパス) 面接授業「初歩からのパソコン」のリテンション分析
柳沼良知高橋秀明秋光淳生仁科エミ三輪眞木子放送大ET2018-84
放送大学では,パソコン初心者を対象とした面接授業「初歩からのパソコン」を実施している.この面接授業の事前,事後に行ってい... [more] ET2018-84
pp.39-42
CQ, CBE
(併催)
2019-01-18
15:15
東京 首都大学東京 力覚を用いた遠隔制御システムにおける粘弾性の適応制御のQoE評価 ~ ネットワーク遅延の変化に対する効果 ~
阿部拓哉名工大)・大西 仁放送大)・石橋 豊名工大CQ2018-91
本報告では, 力覚を用いた遠隔制御システムを対象とし, 文字を書く作業に対して, ネットワーク遅延が作業途中で大きく変化... [more] CQ2018-91
pp.89-94
HCGSYMPO
(第二種研究会)

三重 シンフォニアテクノロジー響ホール伊勢(伊勢市) optical flowを用いた匍匐動作(ハイハイ)誘発への挑戦
細田里南高知大)・川原靖弘放送大)・吉田 寛NTT
optical flowによる視覚的変化は乳児にも視覚的な錯覚を起こさせ,身体活動に波及することが報告されている.今回,... [more]
IBISML 2018-11-05
15:10
北海道 北海道民活動センター(かでる2.7) [ポスター講演]確率モデルの統合による大規模なモデルの実現 ~ VAE, GMM, HMM, MLDAの統合モデルの実装と評価 ~
國安 瞭中村友昭青木達哉電通大)・谷口 彰尾崎 僚伊志嶺朝良立命館大)・横山裕樹玉川大)・小椋忠志総研大)・長井隆行電通大)・谷口忠大立命館大IBISML2018-77
人間のような知能を人工的に実現するためには,ロボットに搭載されている様々なセンサから得られるマルチモーダルな情報から,環... [more] IBISML2018-77
pp.249-254
SITE, ISEC, LOIS
(共催)
2018-11-03
15:30
福岡 九州大学 大橋キャンパス オブジェクト指向によるOODAループの情勢判断(Orient)の一考察
瀧川雄一防衛大)・辰己丈夫放送大ISEC2018-71 SITE2018-49 LOIS2018-31
本稿は、情報の処理過程を可視化するため、OODA ループにおける情勢判断(Orient) の中と外における情報の流れを研... [more] ISEC2018-71 SITE2018-49 LOIS2018-31
pp.39-44
ET 2018-10-20
13:00
福岡 福岡工業大学 太陽の日周運動と透明半球の理解を支援する天文教育支援ソフトウェアの開発
松岡浩平葛岡英明筑波大)・久保田善彦宇都宮大)・金井 司茂木中)・鈴木栄幸茨城大)・加藤 浩放送大ET2018-43
中学生の科学教育の中でも,天文学習の理解は困難である.本研究では,タブレット上で動作する天文教育ソフトウェアを開発し,天... [more] ET2018-43
pp.29-34
 315件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会