お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 296件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
VLD, DC, RECONF, ICD, IPSJ-SLDM
(連催)
(併催) [詳細]
2021-12-01
10:35
ONLINE オンライン開催 不揮発性FFを用いたマルチコンテキストCGRA
亀井愛佳小島拓也天野英晴慶大)・横山大輝宮内陽里宇佐美公良芝浦工大)・平賀啓三鈴木健太ソニーセミコンダクタソリューションズ
 [more]
RCS 2021-10-21
13:50
ONLINE オンライン開催 Inter-User Distance Estimation in 5G mmWave Networks using Beam-Based Fingerprints
Mondher BouaziziSiyuan YangTomoaki OhtsukiKeio Univ.RCS2021-124
 [more] RCS2021-124
pp.37-42
PN 2021-08-30
11:00
ONLINE オンライン開催 End-to-end転送時間揺らぎ値をµsオーダーで保証するキュー読み出し制御手法の評価実験
那須 豊栗本 崇岡本 聡山中直明慶大PN2021-13
第五世代移動通信システム(5G)での主要性能の一つに“超低遅延”があり,その内のUltra-Low Latency(UL... [more] PN2021-13
pp.7-14
SWIM, SC
(共催)
2021-08-27
15:30
ONLINE オンライン開催 (FIT2021との併催) プロトタイプ構築法を基にした分野別応用アイディア創出のIoT教育法の提案と実践評価
秋山康智アイテック阪急阪神)・石原正仁こども教育宝仙大)・大江信宏サイバー大)・井上雅裕慶大)・小泉寿男M2M研究会SWIM2021-24 SC2021-22
本研究の目的は, IoTシステムが社会システムの基盤となっている現状を鑑み,様々な分野において,IoT応用アイディアを創... [more] SWIM2021-24 SC2021-22
pp.69-74
MI 2021-03-16
09:45
ONLINE オンライン開催 Contrastive Learningを用いた肺野CT画像からCOVID-19の自動判定
加藤聡太堀田一弘名城大)・小田昌宏森 健策名大)・大竹義人奈良先端大)・橋本正弘慶大)・明石敏昭順天堂大MI2020-66
本論文では,肺野CT画像からCOVID-19症例を自動で判定する方法を提案する.現状, 肺炎の検査には肺野CT画像による... [more] MI2020-66
pp.82-86
IPSJ-MBL, IPSJ-UBI
(共催)
SeMI
(連催) [詳細]
2021-03-01
10:25
ONLINE オンライン開催 加速度センサを用いたLSTMに基づく転倒検知
魚谷義也葉 臣山本幸平大槻知明慶大SeMI2020-59
近年,高齢化に伴い高齢者の転倒事故の増加が問題となっている.これに対し,加速度センサによる転倒検知法が研究・開発されてい... [more] SeMI2020-59
pp.7-12
PRMU 2020-12-17
11:15
ONLINE オンライン開催 A Novel Data Augmentation Framework Based on SeqGAN for Sentiment Analysis
Jiawei LuoMondher BouaziziTomoaki OhtsukiKeio Univ.PRMU2020-43
 [more] PRMU2020-43
pp.30-35
SRW, SeMI, CNR
(併催)
2020-11-27
10:00
ONLINE オンライン開催 Counting and Locating People Indoor using Infrared Array Sensors
Mondher BouaziziTomoaki OhtsukiKeio Univ.SeMI2020-38
 [more] SeMI2020-38
pp.94-98
SRW, SeMI, CNR
(併催)
2020-11-27
10:20
ONLINE オンライン開催 Detection of human activity based on hybrid deep learning model using a low-resolution infrared array sensor.
Muthukumar K AMondher BouaziziTomoaki OhtsukiKeio Univ.SeMI2020-39
 [more] SeMI2020-39
pp.99-104
RCS, AP, UWT
(併催)
2020-11-26
15:40
ONLINE オンライン開催 鉄道における曲線区間の45GHz帯電波伝搬特性測定結果とシミュレーション評価の比較
松村善洋丹下智之西山武志JR東海)・井倉裕之荒川智樹NEC)・岩本功貴中村一城鉄道総研)・眞田幸俊慶大RCS2020-129
鉄道における車上地上間の移動体通信は150~400MHz帯の無線通信による音声回線や数Mbps程度のデータ通信が主流であ... [more] RCS2020-129
pp.104-109
OPE, LQE
(共催)
2020-11-20
15:30
ONLINE オンライン開催 Mosquito法によるポリマー光導波路-マルチモード光ファイバ間の直接光接続技術
坂本英樹石榑崇明慶大OPE2020-51 LQE2020-31
オンボード光回路の実現に向けて,ボード上の光信号伝送路として期待されるポリマー光導波路とボード間の光配線を担う光ファイバ... [more] OPE2020-51 LQE2020-31
pp.29-34
RCS 2020-06-24
- 2020-06-26
ONLINE オンライン開催 Gibbs Samplingを用いた大規模 MIMO復調方式における強制的シンボル探索の検討
山崎健司眞田幸俊慶大RCS2020-55
本研究では,混合Gibbs Samplingおいて強制的シンボル探索を用いた大規模 MIMO復調方式を提案した.従来のG... [more] RCS2020-55
pp.193-198
RCS 2020-06-24
- 2020-06-26
ONLINE オンライン開催 過負荷MIMOのためのMMSE等化を用いた低計算量信念伝搬信号検出アルゴリズム
今村 崇眞田幸俊慶大RCS2020-57
本研究では過負荷Multiple Input Multiple Output (MIMO)の復号方式として,Minimu... [more] RCS2020-57
pp.205-210
RCS, SR, SRW
(併催)
2020-03-04
09:40
東京 東京工業大学
(開催中止,技報発行あり)
A low overhead beam selection using deep learning in mmWave communications
越後春陽大槻知明慶大RCS2019-333
 [more] RCS2019-333
pp.69-74
RCS, SR, SRW
(併催)
2020-03-05
15:10
東京 東京工業大学
(開催中止,技報発行あり)
Optical On-Off Keying衛星通信へのReed-Solomon積符号適用の検討 ~ 6Gネットワークの宇宙リンク手段 ~
岡本英二名工大)・山添弘晃太田伸二ソニーコンピュータサイエンス研RCS2019-370
衛星通信の標準化技術を策定している宇宙データ諮問委員会(CCSDS)において現在,Ethernetフレーム伝送も可能とす... [more] RCS2019-370
pp.257-262
SP, EA, SIP
(共催)
2020-03-02
13:00
沖縄 沖縄産業支援センター
(開催中止,技報発行あり)
[ポスター講演]GANを用いたCNNによる影検出と影除去
長江貴弘安孫子 涼山口拓郎池原雅章慶大EA2019-121 SIP2019-123 SP2019-70
 [more] EA2019-121 SIP2019-123 SP2019-70
pp.117-122
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB, IPSJ-ARC
(共催)
(連催) [詳細]
2020-02-28
14:00
鹿児島 与論町中央公民館 SMT Processorにおけるリアルタイム処理用CPU資源予約機構
山藤篤志高橋真彦杉山尚央井出陽介山﨑信行慶大CPSY2019-114 DC2019-120
 [more] CPSY2019-114 DC2019-120
pp.189-194
IPSJ-SLDM, IPSJ-ARC
(共催)
RECONF, VLD, CPSY
(共催)
(連催) [詳細]
2020-01-23
09:30
神奈川 慶応義塾大学 日吉キャンパス 来往舎 オンデバイス学習を用いた協調型モデル更新の高効率化
伊藤 怜塚田峰登松谷宏紀慶大VLD2019-67 CPSY2019-65 RECONF2019-57
オンデバイス学習では、与えられた入力データをデバイス上で学習することで、プライバシーを保ちつつ 高速なデータ処理が可能で... [more] VLD2019-67 CPSY2019-65 RECONF2019-57
pp.79-84
SAT 2019-10-11
11:40
福岡 JR博多シティ(福岡) {10F 会議室A+B} Array Calibration Method Considering Mutual Coupling between Elements
Hiroyuki TsujiYuma AbeNICT)・Tomotada KondoYuiko KikuchiShuichi AdachiKeio Univ.SAT2019-59
 [more] SAT2019-59
pp.81-85
HCS 2019-08-24
14:00
大阪 滋慶医療科学大学院大学 フリースタイルラップバトル場面における相互作用分析の探索的検討 ~ 個人内協調・個人間協調の観点から ~
児玉謙太郎神奈川大)・関根和生慶大)・清水大地東大HCS2019-39
 [more] HCS2019-39
pp.55-60
 296件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会