お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 60件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
HIP 2019-12-20
09:00
宮城 東北大学電気通信研究所 防災教育映像による学習が避難喚起音声の印象変化に与える影響
山高正烈愛知工科大)・渋谷 壮坂本修一鈴木陽一邑本俊亮東北大HIP2019-72
テレビやラジオ,屋外拡声放送等による災害避難勧告に対して,住民が避難行動を起こさない原因の一つに,「正常性バイアス」とい... [more] HIP2019-72
pp.41-46
SRW, SeMI, CNR
(併催)
2019-11-06
15:05
東京 構造計画研究所(本所新館東京) [依頼講演]920MHzを用いた交差点安全支援システム
宇野新太郎愛知工科大SRW2019-48 SeMI2019-92 CNR2019-42
760MHzを使った路車間通信を利用した交差点安全支援システムがすでに検討され、一部実用化しているが、大規模交差点がター... [more] SRW2019-48 SeMI2019-92 CNR2019-42
pp.93-97(SRW), pp.113-117(SeMI), pp.91-95(CNR)
HIP 2019-10-31
10:45
京都 京都テルサ 歩きスマートフォン操作が及ぼすVORパフォーマンスへの影響
寺本智貴中部大)・山本雅也愛知工科大)・平田 豊中部大HIP2019-57
街中や駅構内で頻繁に見かける「歩きスマホ」は,周囲への注意欠損による重大な事故につながる行為として社会問題となっている.... [more] HIP2019-57
pp.47-52
RCS, SAT
(併催)
2019-08-22
17:45
愛知 名古屋大学 [招待講演]LEDで光る超小型衛星
西尾正則大西正敏名和靖彦愛知工科大SAT2019-31 RCS2019-160
H-IIA相乗り超小型衛星として2018年10月に打ち上げられた超小型衛星AUTcube2について報告する。衛星は1辺1... [more] SAT2019-31 RCS2019-160
pp.73-77
EA, ASJ-H, ASJ-AA
(共催)
2019-07-16
11:55
北海道 札幌市民交流プラザ(札幌市) 背景音の付加による避難喚起音声の印象変化
山高正烈愛知工科大)・渋谷 壮坂本修一鈴木陽一邑本俊亮東北大EA2019-5
 [more] EA2019-5
pp.17-22
ITS, IEE-ITS
(連催)
2018-03-08
10:50
京都 京都大学 “あおり運転”時の両ドライバの挙動と視線特性に関する実験的検討
尾林史章小塚一宏愛知工科大ITS2017-90
高速道路や一般道において車間距離を詰める“あおり運転”による重大な交通事故やトラブルが目立つようになり,社会的問題となっ... [more] ITS2017-90
pp.53-57
EE, WPT
(併催)
2017-10-16
11:20
宮城 東北大学 無線フィードバックを適用した電力パケット伝送系の分散制御シミュレーションモデル
片山慎治京大)・高橋 亮愛知工科大)・引原隆士京大EE2017-31
現在, ロボットなど, 利用できるエネルギーに制約のある電気システムへの適用を想定し, 電力パケット伝送システムの研究が... [more] EE2017-31
pp.1-6
EE, WPT
(共催)
IEE-SPC
(連催) [詳細]
2017-07-28
09:10
東京 機械振興会館 電力パケットの双方向伝送のためのルータに関する検討
吉田直充京大)・高橋 亮愛知工科大)・引原隆士京大EE2017-21 WPT2017-26
パルス電力の電圧波形に直接情報をタグ付けし, 電力をパケット化して伝送するシステムの研究開発が行われている. このシステ... [more] EE2017-21 WPT2017-26
pp.71-74
ITS, IEE-ITS
(連催)
2017-03-07
11:30
京都 京都大学 自動車運転中の“ながらスマホ”の影響と危険性の実験検証
尾林史章愛知工科大)・宮澤俊一JAF)・松井竜太JAFメディアワークス)・小塚一宏愛知工科大ITS2016-81
スマートフォン(以下,スマホ)の普及に伴い,自動車運転中に操作する,所謂“ながらスマホ”による事故が多数発生し社会問題と... [more] ITS2016-81
pp.25-30
MoNA 2016-08-01
16:00
兵庫 瀧川記念学術交流会館(神戸大学) 920MHzを用いた交差点安全支援(その2)
宇野新太郎愛知工科大MoNA2016-12
筆者は、昨年度、ZigBeeと920MHzを用いた交差点安全支援について発表を行った。信号機のない交差点での実証実験によ... [more] MoNA2016-12
pp.29-33
R 2016-05-28
13:25
愛知 ウインクあいち オーバタイム後N回目のプロジェクト終了時に取替をもつオーバタイム取替方策
水谷聡志愛知工科大)・中川覃夫愛知工大R2016-2
本研究では,オーバタイム取替方策の拡張モデルとして,時刻$T$を経過した後,$N$回目のプロジェクトが完了した時点で取替... [more] R2016-2
pp.7-12
ITS, IEE-ITS
(連催)
2016-03-10
11:00
京都 京都大学 視線計測による“歩きスマホ”の危険性検証
尾林史章杉江亮輔金 洪小塚一宏愛知工科大ITS2015-87
スマートフォンの急速な普及とともに,歩行中に使用する“歩きスマホ”が場所を問わず見られるようになってきた.歩行者が行き交... [more] ITS2015-87
pp.17-21
MoNA 2015-08-05
09:30
兵庫 神戸大学 百年記念館 920MHzを用いた交差点安全支援
宇野新太郎愛知工科大MoNA2015-16
筆者は、昨年度、ZigBeeを用いた交差点安全支援について発表を行った。信号機のない交差点での実証実験により、有用性があ... [more] MoNA2015-16
pp.37-42
MoNA 2014-07-29
13:00
愛知 愛知工科大学 近距離無線を用いた交差点安全支援 ~ 課題と解決方法 ~
宇野新太郎愛知工科大MoNA2014-16
筆者は、昨年度、ZigBeeを用いた交差点安全支援について発表を行った。信号機のない交差点での実証実験により、有用性があ... [more] MoNA2014-16
pp.1-6
R 2014-05-23
15:20
愛知 金城学院大学 ランダムな作業時間を考慮したReplacement Last方策
水谷聡志愛知工科大)・中川覃夫愛知工大R2014-5
 [more] R2014-5
pp.23-27
EMCJ, IEE-EMC
(連催)
2013-12-20
16:40
愛知 (株)デンソー 折れ曲りマイクロストリップ線路における放射・電磁干渉特性
宮崎保光・○高橋港一愛知工科大)・後藤信夫徳島大EMCJ2013-109
マイクロ波集積回路は、マイクロ波帯の高周波信号の伝送および高速スイッチング用として、高密度に集積化されたマイクロストリッ... [more] EMCJ2013-109
pp.67-72
IPSJ-DPS, IPSJ-GN, IPSJ-EIP
(共催)
CQ, MoNA
(併催) [詳細]
2013-09-13
14:30
石川 金沢工業大学 近距離無線を用いた交差点安全支援
宇野新太郎愛知工科大MoNA2013-38
交通事故総数の約3割は交差点における出会い頭衝突事故であり、また、その7割は信号機のない小規模交差点で発生している。現在... [more] MoNA2013-38
pp.73-78
R 2013-05-17
14:25
広島 グリーンヒルホテル尾道 ランダム期間における作業時刻を考慮した取替方策
水谷聡志中川覃夫愛知工科大R2013-9
有限な運用期間と作業時刻をもつシステムの最適方策を考える.システムは単一のユニットから構成され,故障の発生,予防保全時刻... [more] R2013-9
pp.49-54
SP 2013-03-01
11:30
愛知 大同大学 Classification of speech under stress using physical features based on two-mass model
Xiao YaoNagoya Univ.)・Takatoshi JitsuhiroAichi Univ. of Tech./Nagoya Univ.)・Chiyomi MiyajimaNorihide KitaokaKazuya TakedaNagoya Univ.SP2012-128
 [more] SP2012-128
pp.47-52
R 2012-12-14
10:25
東京 機械振興会館 有限な運用期間をもつ並列システムの定期点検方策
水谷聡志愛知工科大)・中川覃夫愛知工大R2012-69
複数のユニットから構成されるシステムを考え,期待費用を最小にする最適な定期点検方策を考える.点検により,故障数がある閾値... [more] R2012-69
pp.7-11
 60件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会