お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 246件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CAS, ICTSSL
(共催)
2021-01-29
13:40
東京 機械振興会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
チャージポンプの入力電圧源の切り替えによる小面積化および段数可変による効率改善
廣永駿輔佐藤隆英小川覚美山梨大
 [more]
CPSY, RECONF, VLD
(共催)
IPSJ-ARC, IPSJ-SLDM
(共催)
(連催) [詳細]
2021-01-25
17:10
ONLINE オンライン開催(Zoom を利用予定) 圧縮センシングを用いた低消費電力脳波計測フレームワークのサンプリング間隔の検討
岡部勇樹兼本大輔阪大)・望月智弥山梨大)・毎田 修廣瀬哲也阪大
 [more]
MVE, IPSJ-CVIM
(連催)
2021-01-21
15:50
ONLINE オンライン開催 音声発話トレーニングが可能な接客訓練VRシステム
西尾瞳希飯田宗一郎筑波大)・佐野裕太レオ チー シャン西崎博光山梨大)・宇津呂武仁星野准一筑波大
 [more]
SeMI 2021-01-20
14:50
ONLINE オンライン開催 Automatic Reading Of Industrial Meters using CNN with Generative Augmentation
Sripanuskul NuntidaBuayai PrawitXiaoyang MaoUniv. of Yamanashi
 [more]
OCS, CS
(併催)
2021-01-14
15:45
ONLINE オンライン開催 オートエンコーダ型機械学習による信号点配置・判別領域の自動設計
後藤雄大塙 雅典山梨大
(事前公開アブストラクト) 送信器・受信器を同時に最適化できるという利点から機械学習の手法の一つであるオートエンコーダの... [more]
MSS, CAS
(共催)
IPSJ-AL
(連催) [詳細]
2020-11-26
13:25
ONLINE オンライン開催 Q-Learningを用いたアナログ回路の素子値決定における学習精度及び効率改善
山崎優一佐藤隆英小川覚美山梨大CAS2020-30 MSS2020-22
 [more] CAS2020-30 MSS2020-22
pp.62-67
VLD, DC, RECONF, ICD, IPSJ-SLDM
(連催)
(併催) [詳細]
2020-11-18
09:30
ONLINE オンライン開催 圧縮センシングを用いた低消費電力カプセル内視鏡システム実現のための設計指針に関する検討
原田勇輝兼本大輔阪大)・大木 真山梨大)・毎田 修廣瀬哲也阪大VLD2020-27 ICD2020-47 DC2020-47 RECONF2020-46
近年,低侵襲な消化管診察手法としてカプセル内視鏡が注目されている.しかし,カプセル内視鏡は撮影した画像を無線により送信す... [more] VLD2020-27 ICD2020-47 DC2020-47 RECONF2020-46
pp.95-100
US 2020-09-28
13:00
ONLINE オンライン開催 LiTaO3/水晶接合構造上のリーキーSAW共振特性の周波数依存性
浅川詩織鈴木雅視垣尾省司山梨大)・手塚彩水水野 潤早大US2020-32
 [more] US2020-32
pp.30-34
US 2020-09-28
13:25
ONLINE オンライン開催 同種・異種材料接合構造におけるリーキーSAWの伝搬・共振特性
藤巻貴海鈴木雅視垣尾省司山梨大US2020-33
LiNbO3薄板と水晶から成る同種・異種材料接合構造上のリーキーSAW伝搬特性と共振特性を理論的に検討した.水晶薄板とカ... [more] US2020-33
pp.35-40
SCE 2020-09-02
13:10
ONLINE オンライン開催 深宇宙探査用新型アンテナのための超伝導フィルタの開発
林 拓磨關谷尚人山梨大)・大野剛志日本通信機SCE2020-1
r-Al2O3基板を用いて深宇宙探査用アンテナのための超伝導帯域通過フィルタ(BPF)の開発を行った.基板に用いたr-A... [more] SCE2020-1
pp.1-4
EA, ASJ-H
(共催)
2020-08-07
13:25
ONLINE オンライン開催 瞬時スペクトル減算法による到来方向が異なる複数雑音の抑圧
竹中幸輝小澤賢司山梨大EA2020-15
マイクロホンアレイを利用した雑音抑圧のために,ニューラルネットワーク(以下NNと略記)を使用した研究が行われてきた.本研... [more] EA2020-15
pp.9-14
TL 2020-03-22
15:15
大阪 大阪電気通信大学
(開催中止,技報発行あり)
レゴを使った目的指向の多人数・異文化会話コーパスにおけるスタンスの表明
谷村 緑京都外国語大)・竹内和広阪電通大)・吉田悦子三重大)・仲本康一郎山梨大)・山口征孝神戸市外国語大TL2019-61
本稿では,相手の面子や自身のイメージを保つために, 会話の参与者がどのように人称代名詞I, we, youを使い分けて自... [more] TL2019-61
pp.33-38
NC, MBE
(併催)
2020-03-05
09:30
東京 電気通信大学
(開催中止,技報発行あり)
Adversarial Trainingの考察に基づくAdversarial Examplesへの耐性の向上
小宮山亮太服部元信山梨大NC2019-90
ニューラルネットワークは高い汎化性能が得られることから様々なタスクにて使用されている.
しかし高性能なモデルであっても... [more]
NC2019-90
pp.83-88
ITE-HI, ITE-MMS, ITE-ME, ITE-AIT
(共催)
IE, ITS
(共催)
(連催) [詳細]
2020-02-28
13:45
北海道 北海道大学
(開催中止,技報発行あり)
ホログラフィックメモリのための位相交互配置法を用いたSQAM信号記録と記録密度の評価
本間 聡舩越悠希山梨大
ホログラフィックメモリの記録密度を改善する方法として,従来の2値強度信号に代わり,位相および振幅を独立変調した複素振幅信... [more]
SDM 2020-02-07
09:20
東京 東京大学/本郷キャンパス工学部4号館3階42講義室(419号室) BTA-H2O2溶液中Cu, Co表面の保護膜形成に関する考察
近藤英一遠山真央竹内翔太金 蓮花山梨大)・小篠涼太濱田聡美島 昇平檜山浩國荏原製作所SDM2019-88
 [more] SDM2019-88
pp.1-3
MI 2020-01-29
16:10
沖縄 沖縄県青年会館 人工股関節全置換術自動手術計画のためのCNNを用いた骨盤・大腿骨特徴点自動抽出
中西裕紀神戸大)・大竹義人奈良先端大)・高尾正樹菅野伸彦阪大)・日朝祐太奈良先端大)・鍵山善之山梨大)・貝原俊也神戸大)・佐藤嘉伸奈良先端大MI2019-93
我々は人工股関節全置換術の自動手術計画立案システムを開発している.このシステムを実現するには関節機能の定量評価が必要であ... [more] MI2019-93
pp.125-127
CAS, MSS
(共催)
IPSJ-AL
(連催) [詳細]
2019-11-28
16:35
福岡 旧大連航路上屋(北九州門司) スイッチング周波数自動調整回路を有する無電極ランプ点灯回路の製作
佐藤隆英藤田義喜小川覚美山梨大CAS2019-53 MSS2019-32
本研究では,無電極ランプの点灯回路を開発している.開発した点灯回路は現在のランプの状態をインバータの出力電流から検出し,... [more] CAS2019-53 MSS2019-32
pp.65-70
CPM, LQE, ED
(共催)
2019-11-21
10:30
静岡 静岡大学(浜松) ミストCVD法によりc面サファイア基板上に高温下で成長したZnO結晶の発光特性
大橋紘誠藤原健八山本幹大原 和彦静岡大)・酒井 優山梨大)・光野徹也静岡大ED2019-34 CPM2019-53 LQE2019-77
 [more] ED2019-34 CPM2019-53 LQE2019-77
pp.5-8
MIKA
(第二種研究会)
2019-10-04
11:45
北海道 北海道大学 [依頼講演]光を用いた意思決定メカニズム
成瀬 誠Nicolas Chauvet東大)・Serge HuantCNRS)・砂田 哲金沢大)・内田淳史埼玉大)・長谷川幹雄東京理科大)・堀 裕和山梨大
 [more]
EA, ASJ-H
(共催)
2019-08-09
11:00
宮城 東北大学 差分型マイクロホンアレイと2次元スペクトルの機械学習による雑音抑制に関する考察
塩澤光一朗・○小澤賢司山梨大)・伊勢友彦アルプスアルパインEA2019-31
本研究では,マイクロホンアレイからの出力をニューラルネットワーク(NN)で処理することにより,雑音抑制を達成することを目... [more] EA2019-31
pp.53-58
 246件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会