電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 230件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CAS, MSS
(共催)
IPSJ-AL
(連催) [詳細]
2019-11-28
16:35
福岡 旧大連航路上屋(北九州門司) スイッチング周波数自動調整回路を有する無電極ランプ点灯回路の製作
佐藤隆英藤田義喜小川覚美山梨大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
CPM, LQE, ED
(共催)
2019-11-21
10:30
静岡 静岡大学(浜松) ミストCVD法によりc面サファイア基板上に高温下で成長したZnO結晶の発光特性
大橋紘誠藤原健八山本幹大原 和彦静岡大)・酒井 優山梨大)・光野徹也静岡大
 [more] ED2019-34 CPM2019-53 LQE2019-77
pp.5-8
MIKA
(第二種研究会)
2019-10-04
11:45
北海道 北海道大学 [依頼講演]光を用いた意思決定メカニズム
成瀬 誠Nicolas Chauvet東大)・Serge HuantUniv. Grenoble Alpes, CNRS, Institut Neel)・砂田 哲金沢大)・内田淳史埼玉大)・長谷川幹雄東京理科大)・堀 裕和山梨大
 [more]
EA, ASJ-H
(共催)
2019-08-09
11:00
宮城 東北大学 差分型マイクロホンアレイと2次元スペクトルの機械学習による雑音抑制に関する考察
塩澤光一朗・○小澤賢司山梨大)・伊勢友彦アルプスアルパイン
本研究では,マイクロホンアレイからの出力をニューラルネットワーク(NN)で処理することにより,雑音抑制を達成することを目... [more] EA2019-31
pp.53-58
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2019-07-19
13:50
東京 工学院大学 ホログラフィックメモリのための交互配置位相ページを用いた二重露光法によるSQAM信号記録
本間 聡舩越悠希山梨大
ホログラフィックメモリの記録密度の改善を目的として,位相と振幅を多値に変調した空間複素振幅データの使用が検討されている.... [more] MRIS2019-10
pp.11-16
TL 2019-07-14
13:45
東京 早稲田大学 8号館3階303/304/305会議室 レゴを使った目的指向の多人数・異文化会話コーパスの構築
谷村 緑京都外国語大)・竹内和広阪電通大)・吉田悦子三重大)・仲本康一郎山梨大
本論文では,母語を利用できない目的指向の会話の中で,外国語をどのように運用すれば目的遂行に寄与するかを調査するための言語... [more] TL2019-7
pp.37-42
NLC, IPSJ-ICS
(連催)
2019-06-21
13:35
広島 広島経済大学 立町キャンパス 接遇訓練のための対話型顧客エージェント設計の基礎検討
飯田宗一郎藤田 智王 東皓大河原一輝筑波大)・西崎博光山梨大)・宇津呂武仁星野准一筑波大
サービス業においては、顧客の納得感や満足を得るための接遇(せつぐう)が重要な役割を果たす。本稿では、スタッフ役の訓練者と... [more] NLC2019-2
pp.7-12
NLC, IPSJ-ICS
(連催)
2019-06-21
15:40
広島 広島経済大学 立町キャンパス 深層学習を用いた感情分類における教師ラベルの半自動構築
増田京祐西崎博光山梨大
我々はこれまでに,ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の一つであるTwitterを対象とした,深層学習に基づ... [more] NLC2019-5
pp.29-33
US 2019-05-20
14:50
東京 機械振興会館 ランジュバン振動子と伝送線を利用した超音波モータ
石井孝明清水 毅山梨大
超音波マイクロモータを駆動源も含めて作成しようとすると、通常は、駆動源は小さくなり、モータ出力を十分に取り出すことが困難... [more] US2019-12
pp.19-22
SANE 2019-04-16
10:05
神奈川 防衛大学校 小型,低損失,急峻な遮断特性を有する超伝導マルチバンド帯域通過フィルタの開発
鶴岡 勉東京計器)・北田典敬日本製鋼所)・關谷尚人山梨大
高速,大容量通信を実現するためには複数の周波数を同時に利用することが求められる.これらの要求を満たすには小型,低損失,急... [more] SANE2019-3
p.13
EA, SIP, SP
(共催)
2019-03-15
13:30
長崎 アイランド ナガサキ(長崎市) [ポスター講演]偏長楕円体波動関数を包絡とする解析信号によるオーディオ標本化周波数での実時間fo候補抽出について
河原英紀和歌山大)・榊原健一北海道医療大)・森勢将雅山梨大)・石本佑一国立国語研
実時間よりも高速に基本周波数候補を抽出する方法を提案する。解析信号を用いたwaveletから瞬時周波数と群遅延を求め、パ... [more] EA2018-151 SIP2018-157 SP2018-113
pp.305-310
NC, MBE
(併催)
2019-03-04
10:45
東京 電気通信大学 擬似リハーサルと重みの重要度を用いた破局的忘却の抑制
中野峻太服部元信山梨大
ニューラルネットワークは新しい情報を追加的に学習すると,過去の情報を急激に失ってしまう.
この現象を破局的忘却といい,... [more]
NC2018-47
pp.19-24
NC, MBE
(併催)
2019-03-06
15:00
東京 電気通信大学 自己蒸留によるDNNの蒸留の効率化
高木純平服部元信山梨大
蒸留は,教師ニューラルネットの学習によって獲得した知識を生徒ニューラルネットの学習に用いることでより高精度な生徒を作成す... [more] NC2018-83
pp.209-214
EA, ASJ-H, EMM, IPSJ-MUS
(共催) [詳細]
2018-11-21
13:30
石川 ホテルこうしゅうえん(輪島市) An analytic signal with a cosine series envelope for excitation source analyses of voiced speech -- Practical substitute of Flanagan's equation --
Hideki KawaharaWakayama Univ.)・Ken-Ichi SakakibaraHealth Science Univ.)・Hideki BannoMeijyo Univ.)・Masanori MoriseUniv. Yamanashi
瞬時周波数と群遅延は,それぞれ位相の時間微分と周波数微分として定義されており,そのままでは,逆三角関数や位相のunwra... [more] EA2018-63 EMM2018-63
pp.1-5
PN 2018-11-21
12:35
山梨 山梨大学 大村智記念学術館 大村記念ホール 省電力コヒーレントPONシステム下り伝送に向けた適応IQインバランス方式と受信デジタル信号処理に関する一検討
荒井恒紀小玉崇宏塙 雅典山梨大
 [more] PN2018-23
pp.1-6
EA, ASJ-H, EMM, IPSJ-MUS
(共催) [詳細]
2018-11-21
13:30
石川 ホテルこうしゅうえん(輪島市) 時空間音圧分布画像と機械学習を利用した音源分離に関する検討
塩澤光一朗小澤賢司山梨大)・伊勢友彦アルパイン
マイクロホンアレイを利用した音源分離は,多チャネル音響システムにおける音源分離など,様々な場面で有効である.また,機械学... [more] EA2018-67 EMM2018-67
pp.25-30
PN 2018-11-22
09:55
山梨 山梨大学 大村智記念学術館 大村記念ホール 短距離通信向け10GSymbol/s PAM4-OCDMシステムの実証実験
宮﨑達也・○小玉崇宏塙 雅典山梨大)・丸田章博阪大)・和田尚也NICT)・Gabriella Cincottiローマ・トレ大)・北山研一NICT
 [more] PN2018-29
pp.41-47
MICT, MI
(共催)
2018-11-06
16:10
兵庫 兵庫県立大学 神戸情報科学キャンパス 人工股関節全置換術を対象とした手術計画自動立案システム"AutoImPlan" ~ 評価項目及びコスト値重み付けに可変対応した最適インプラント組合せ選択モジュール ~
鍵山善之山梨大)・中西裕紀神戸大)・日朝祐太田中雄基奈良先端大)・高尾正樹阪大)・大竹義人奈良先端大)・菅野伸彦阪大)・国領大介貝原俊也多田幸生神戸大)・伊藤安海山梨大)・佐藤嘉伸奈良先端大
 [more] MICT2018-52 MI2018-52
pp.61-64
IBISML 2018-11-05
15:10
北海道 北海道民活動センター(かでる2.7) [ポスター講演]反復識別法を用いた臨床データのミスラベル探索
藤田雄一郎野田 陽島津製作所)・吉村健太郎竹田 扇山梨大)・梶原茂樹島津製作所
我々は識別モデルの性能を下げるミスラベルサンプルを特定する反復識別 (ID; Iterative Discriminat... [more] IBISML2018-73
pp.221-225
NLC, IPSJ-DC
(連催)
2018-09-07
13:10
東京 成蹊大学 Fine-tuningに基づくショートテキストの自動分類
志村和也李 吉屹福本文代山梨大
本研究では,階層構造を利用することにより,複数のラベルが付与されたショートテキストを高精度で分類する手法を提案する.カテ... [more] NLC2018-20
pp.73-78
 230件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会