お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 59件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SWIM 2021-02-19
15:25
ONLINE オンライン開催 対話形式による授業評価アンケートシステムの提案
奧田 良須栗裕樹宮城大SWIM2020-18
近年,業務の効率化や人手削減のためにチャットボットが導入されているケースが増えている。それだけでなく,ユーザーの意見の背... [more] SWIM2020-18
pp.38-43
ET 2020-03-07
14:30
香川 香川高等専門学校
(開催中止,技報発行あり)
多元的取引を考慮した簿記学習Webコンテンツ
森 友寿松島高校)・秋月 治宮城大ET2019-103
 [more] ET2019-103
pp.153-156
SWIM 2020-02-21
13:10
東京 機械振興会館 ディープラーニングを用いた自動作曲の研究
西野 有須栗裕樹宮城大SWIM2019-26
コンピュータを使った自動作曲は古くから扱われてきた問題領域であり様々な手法が提案されてきた。近年ではディープラーニングを... [more] SWIM2019-26
pp.9-16
ET 2019-03-15
13:45
徳島 鳴門教育大学 双対な帳票作成による能動的な簿記学習Webコンテンツ ~ -ネットワークを利活用した教材開発- ~
森 友寿松島高校)・秋月 治宮城大ET2018-92
簿記学習において取引から仕訳を行う学習内容を修得することが重要である.従来,仕訳の演習ではある会社がその取引相手との間で... [more] ET2018-92
pp.29-34
SWIM 2019-02-22
13:10
東京 機械振興会館 HL7 FHIR for Achieving Interoperability of Social Determinants of Health
Boubacar SowHiroki SuguriMiyagi Univ.SWIM2018-21
 [more] SWIM2018-21
pp.1-6
ITS, IE
(共催)
ITE-MMS, ITE-HI, ITE-ME, ITE-AIT
(共催)
(連催) [詳細]
2019-02-19
13:00
北海道 北海道大学 [特別招待講演]Society5.0-この政策の形成とこれから(仮) ~ 政策分析への話題提供 ~
川上伸昭宮城大
 [more]
ET 2018-03-03
13:10
高知 高知工科大学(永国寺キャンパス) 高等学校商業科目の能動的学習を図る効果的なコンテンツと指導方法
森 友寿鹿島台商業)・秋月 治宮城大ET2017-124
 [more] ET2017-124
pp.205-210
SWIM 2017-12-02
15:15
東京 東京理科大学富士見校舎 Using Biological Variables and Social Determinants to Predict Malaria and Anaemia among Children in Senegal
Boubacar SowHiroki SuguriMiyagi Univ.)・Hamid MukhtarTaif Univ.)・Hafiz Farooq AhmadKFUSWIM2017-21
Integrating machine learning techniques in healthcare has be... [more] SWIM2017-21
pp.13-20
ET 2017-07-07
14:35
山形 山形大学(小白川キャンパス) 意識調査から分析した就業意識向上と進路達成への効果的なアプローチ
森 友寿鹿島台商業)・秋月 治宮城大ET2017-25
専門科目を学ぶ商業高等学校における高校生活3年間(第1学年9月〜第3学年11月まで)の進路指導と進路諸検査... [more] ET2017-25
pp.27-32
SWIM 2017-02-24
15:20
東京 機械振興会館 授業を通したゴミの日オープンデータ作成とその利活用に対する研究
小泉勝志郎テセラクト)・須栗裕樹宮城大SWIM2016-19
オープンデータとは、オープンソースソフトウェアのように、データをインターネットを通じて広く公開して利活用を推進しようとい... [more] SWIM2016-19
pp.5-9
SWIM 2016-12-03
15:30
東京 東京工芸大学 中野キャンパス プラットフォームビジネスのアーキテクチャの考察 ~ ビジネスモデル3.0タスクフォース報告02 ~
片岡信弘東海大)・堀米 明フィジオ)・久保田雅彦MIND)・五月女健治法政大)・小松昭英ものづくりAPS推進機構)・増井久之電気学会)・須栗裕樹宮城大)・松本正雄ICEIS)・木村礼壮ドリームIT研)・荒川弘熙チーム荒川SWIM2016-16
プラットフォームビジネスに焦点を当てたビジネスアーキテクチャにつて考察する.我々は,ビジネスモデルの実現を支える情報シス... [more] SWIM2016-16
pp.33-38
ICTSSL 2016-06-15
15:20
宮城 東北大学 無線LANを利用した歩行者ナビゲーションシステム
加藤 健荘司健太・○秋月 治宮城大ICTSSL2016-19
我々は先に無線LANを利用して,車椅子利用者を対象とした情報取得をサポートするツールを報告した.今回,提供情報等や位置情... [more] ICTSSL2016-19
pp.109-114
ET 2016-03-05
14:00
香川 香川大学(幸町キャンパス) 統計教育のための資料抽出支援ツール
鈴木裕二・○秋月 治宮城大ET2015-119
 [more] ET2015-119
pp.143-146
SWIM 2016-02-26
13:05
東京 機械振興会館 Swift言語を用いた関数型プログラミングの学習支援環境
青木唯一・○須栗裕樹宮城大SWIM2015-21
本研究では,Webブラウザ上で動作する関数型プログラミングの学習支援システムを設計,開発し,評価する. 言語としてはSw... [more] SWIM2015-21
pp.17-22
SWIM 2015-05-23
16:05
東京 機械振興会館 ビジネスモデル3.0タスクホース計画 ~ アイデアから実動まで ~
片岡信弘東海大)・堀米 明フィジオ)・小松昭英ものづくりAPS推進機構)・五月女健治法政大)・増井久之電気学会)・須栗裕樹宮城大)・荒川弘熙構造計画研)・松本正雄ICEIS)・木村礼壮ドリームIT研SWIM2015-6
ビジネスモデルのアイデアに基づき,ビジネスモデルの設計とその評価によりビジネスモデルのブラッシュアップを行った後,このビ... [more] SWIM2015-6
pp.29-32
ET 2014-03-08
10:05
高知 高知工業高等専門学校 ネットワークを用いた講義時のコミュニケーション支援ツール
秋月 治宮城大ET2013-123
対面型の授業において,一対多の関係にある教師が,学習者の理解度を把握することが難しい.筆者らは先に、リアルタイムにコミュ... [more] ET2013-123
pp.183-186
SWIM 2014-02-28
15:40
東京 機械振興会館 宮城大学における位置情報サービスシステムの試作
松田 篤・○須栗裕樹宮城大SWIM2013-21
 [more] SWIM2013-21
pp.25-30
SWIM 2013-08-21
13:10
宮城 宮城大学 仙台駅前AER (アエル) サテライトキャンパス [基調講演]震災復興のビジネスモデル(仮題)
藤原正樹宮城大
 [more]
SWIM 2012-11-30
14:10
東京 東海大学(高輪) 宮城大学情報ネットワークシステム更新プロジェクトにおけるRFPの開発
松田 篤須栗裕樹宮城大SWIM2012-19
宮城大学では2013年8月に,全学の情報ネットワークシステムの更新を予定している.情報ネットワークシステムは,情報基盤シ... [more] SWIM2012-19
pp.21-28
ET 2012-10-27
13:40
長野 信州大学工学部 (長野市) 学生所有のノートPCを用いた公開鍵暗号実験ツール
秋月 治宮城大ET2012-45
筆者らは先に、情報セキュリティの公開鍵暗号を対象として,RSA暗号の鍵生成から暗号化・復号プロセスおよび公開鍵暗号を用い... [more] ET2012-45
pp.43-48
 59件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会