お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 691件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SAT, RCS
(併催)
2022-08-25
09:50
北海道 函館市亀田交流プラザ
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
イリジウム衛星を用いた南極上空スーパープレッシャー気球との通信実験
加保貴奈湘南工科大)・斎藤芳隆JAXA)・冨川喜弘国立極地研
 [more]
SAT, RCS
(併催)
2022-08-25
14:45
北海道 函館市亀田交流プラザ
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[依頼講演]NTNを見据えた衛星搭載機器の研究開発動向
谷 重紀早馬道也江島二葉石原秀樹田中浩之三菱電機)・粟野穰太谷島正信JAXA
 [more]
SAT, RCS
(併催)
2022-08-26
14:45
北海道 函館市亀田交流プラザ
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[依頼講演]光衛星間通信システム(LUCAS)の初期運用状況について
佐藤洋平星 慎太郎板橋孝昌高野 裕JAXA)・小竹秀明阿部侑真高橋靖宏大倉拓也布施哲治豊嶋守生NICT)・山川史郎JAXA
 [more]
SAT, RCS
(併催)
2022-08-26
15:20
北海道 函館市亀田交流プラザ
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
光データ中継衛星搭載“LUCAS”を用いた地上-衛星間光通信の初期実験結果
小竹秀明阿部侑真高橋靖宏大倉拓也布施哲治NICT)・佐藤洋平板橋孝昌山川史郎JAXA)・豊嶋守生NICT
 [more]
SAT, RCS
(併催)
2022-08-26
15:45
北海道 函館市亀田交流プラザ
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
光データ中継衛星搭載“LUCAS”を用いた大気揺らぎパラメータの初期解析結果
阿部侑真小竹秀明斉藤嘉彦Kolev Dimitar高橋靖宏大倉拓也布施哲治NICT)・佐藤洋平板橋孝昌山川史郎JAXA)・豊嶋守生NICT
 [more]
SANE 2022-08-18
16:55
北海道 室蘭市生涯学習センター きらん
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
NTNプラットフォームに搭載する100GHz帯フィーダリンク用アンテナサブシステムの研究開発
西堀俊幸岡田 望木村公洋JAXA
 [more]
SANE 2022-08-18
17:45
北海道 室蘭市生涯学習センター きらん
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
宇宙‐地上間光通信の光地上局構築と着実な技術獲得 ~ 宇宙光直接通信技術 ~
向井達也橋本洋輔水田栄一荒木智宏宇宙機構)・高山佳久東海大
 [more]
AP, SANE, SAT
(併催)
2022-07-27
10:50
北海道 旭川市大雪クリスタルホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[特別講演]MADOCAを用いたPPPの紹介と利用に向けた検討
山田英輝小暮 聡JAXA
 [more]
AP, SANE, SAT
(併催)
2022-07-29
14:30
北海道 旭川市大雪クリスタルホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
次世代光データ中継衛星システムに適した通信路符号化手法の検討
岡本英二山下裕真名工大)・佐藤洋平中台光洋板橋孝昌山川史郎JAXA
 [more]
EE, IEE-HCA
(連催)
2022-05-27
13:00
ONLINE オンライン開催 [特別講演]宇宙用プラズマ推進の電源の研究開発
松永芳樹JAXA)・高橋 徹高橋電機製作所)・梶原一宏黒川不二雄長崎総合科学大)・艸分宏昌JAXAEE2022-3
本論文では, 人工衛星の推進器として急速に普及しつつあるホールスラスタと呼ばれる宇宙用プラズマ推進器の電源について, 人... [more] EE2022-3
pp.12-17
RCC, WBS, SAT, MICT
(共催)
2022-05-26
13:50
ONLINE オンライン開催 イリジウム衛星ショートバースト通信を用いた南極上空の通信実験
加保貴奈湘南工科大)・斎藤芳隆JAXA)・冨川喜弘NIPRWBS2022-8 RCC2022-8 SAT2022-8 MICT2022-8
南極昭和基地に設置したPANSYレーダーとスーパープレッシャー気球を用いて南極上空の大気の波動(大気重力波)を測定する実... [more] WBS2022-8 RCC2022-8 SAT2022-8 MICT2022-8
pp.34-39
MSS, NLP
(共催)
2022-03-29
14:55
ONLINE オンライン開催 Little-JILを用いた宇宙機システム運用シナリオのモデル検証
染谷一徳JAXA)・平石邦彦北陸先端大MSS2021-78 NLP2021-149
X線天文衛星「ひとみ」の異常事象のように、運用シナリオに不備がある場合、衛星損失につながる可能性がある。そこで、Mode... [more] MSS2021-78 NLP2021-149
pp.121-126
PRMU, IPSJ-CVIM
(連催)
2022-03-10
17:00
ONLINE オンライン開催 ドローンによる多時期空撮画像を用いた土砂災害の検出に関する研究
山口洋祐松井 開大谷 淳早大)・長谷川克也JAXA)・長橋 宏東工大PRMU2021-71
本論文では,ドローンを活用した土砂災害箇所の自動検出手法を提案する.提案手法は,定期巡回による地表の撮影,地表の三次元復... [more] PRMU2021-71
pp.66-71
WPT 2022-03-07
15:50
京都 京都大学 宇治キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
MLI越し電界結合方式ワイヤレス電力伝送の基礎検討と月面探査ローバへの応用
一柳宏樹居村岳広堀 洋一東京理科大)・畑 勝裕東大)・本田さゆり嶋田修平JAXAWPT2021-30
 [more] WPT2021-30
pp.46-49
WPT 2022-03-08
15:00
京都 京都大学 宇治キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
小型SAR衛星3号機 -StriX-1- 用展開型アンテナの評価試験
小野寺尚人パイン ブダディットアクバル プリランドSynspective)・齋藤宏文早大)・田中雅人有坂市太郎小畑俊裕Synspective)・田中孝治JAXAWPT2021-38
我々の研究グループでは,100kg級の小型合成開口レーダ(SAR)衛星実現のための平面スロットアレーアンテナの開発を行っ... [more] WPT2021-38
pp.78-81
SAT, SANE
(併催)
2022-02-24
17:05
ONLINE オンライン開催 衛星搭載AISにおける逐次チャネル推定を用いた衝突パケットの分離検出
野﨑航平張 裕淵府川和彦東工大)・平原大地JAXASAT2021-61
衛星搭載AISは,人工衛星を用いて公海等遠洋上に位置する船舶のAIS(Automatic Identification ... [more] SAT2021-61
pp.51-56
SAT, SANE
(併催)
2022-02-25
11:20
ONLINE オンライン開催 送信周波数多重化合成開口レーダによる観測幅拡大
植松明久西堀俊幸JAXASANE2021-102
衛星搭載合成開口レーダの観測幅拡大方法の一方策として,送信周波数の多重化方法について提案する.複数の開口面を束ねたアンテ... [more] SANE2021-102
pp.26-30
EE 2022-01-28
11:20
ONLINE オンライン開催 LLC制御を用いた電気推進電源に関する基礎実験
近藤大将張 科寅渡邊裕樹艸分宏昌JAXAEE2021-44
JAXAではホールスラスタ等電気推進機を高性能化する電源の研究を行っている。電気推進電源のうち、スラスタ動作のために大電... [more] EE2021-44
pp.74-78
SANE 2021-12-16
16:35
千葉 千葉大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
太陽条件にロバストなイベントカメラステレオ視の実験的検討
川路晃汰東大)・福田盛介JAXASANE2021-80
宇宙開発の現場では位置推定技術や物体の距離・運動推定のためにステレオカメラ技術が有効である.デブリの追従と接近を伴うデブ... [more] SANE2021-80
pp.96-100
CQ, ICM, NS, NV
(併催)
2021-11-25
11:30
福岡 JR博多駅 リファレンス駅東ビル
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
宇宙‐地上間の高速光通信に必要な雲回避型ネットワーク ~ 宇宙光直接通信技術 ~
向井達也JAXA)・高山佳久東海大)・尾上孝史TSOLNS2021-86
宇宙機関は, 大容量データを 宇宙から地上へ効率よく伝送するために, これまで 電波技術 を 使用 してきたが, より高... [more] NS2021-86
pp.13-17
 691件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会