お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 1660件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MI 2021-03-15
15:30
沖縄 平良港(ひららこう)ターミナルビル
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Evaluation of Bayesian Active Learning for Segmentation of Liver and Spleen in Large Scale Abdominal MR Data Sets
Bin ZhangYoshito OtakeMazen SoufiNAIST)・Masatoshi HoriKobe University)・Noriyuki TomiyamaOsaka University)・Yoshinobu SatoNAIST
 [more]
MI 2021-03-16
09:00
沖縄 平良港(ひららこう)ターミナルビル
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
スライス単位と画素単位の判定を組み合わせた胸部CT像からの肺野セグメンテーション
春石誉人斉藤 篤農工大)・橋本正弘慶大)・大竹義人奈良先端大)・明石敏昭順大)・清水昭伸農工大
 [more]
MI 2021-03-16
09:45
沖縄 平良港(ひららこう)ターミナルビル
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Contrastive Learningを用いた肺野CT画像からCOVID-19の自動判定
加藤聡太堀田一弘名城大)・小田昌宏森 健策名大)・大竹義人奈良先端大)・橋本正弘慶大)・明石敏昭順天堂大
 [more]
MI 2021-03-17
11:30
沖縄 平良港(ひららこう)ターミナルビル
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
MICCAI 2020参加報告
斉藤 篤東京農工大)・小田昌宏名大)・大竹義人奈良先端大)・花岡昇平東大)・諸岡健一岡山大)・宮内翔子九大)・増谷佳孝広島市大)・申 忱森 健策名大
 [more]
EMD 2021-03-08
16:15
ONLINE オンライン開催 接触境界の表面粗さとトルク値がコネクタ高周波特性に与える影響
上田浩行鍛治秀伍藤本大介林 優一奈良先端大
 [more]
WBS, IT, ISEC
(共催)
2021-03-04
13:20
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]時間領域において一部欠落したOFDM信号の復元
劉 承博陈 娜岡田 実奈良先端大
 [more]
IN, NS
(併催)
2021-03-04
10:10
ONLINE オンライン開催 高可用性・省電力性・冗長性を備えたNFVネットワーク実現のためのサービスチェイニング
馬場柾也原 崇徳笹部昌弘笠原正治奈良先端大
 [more]
IN, NS
(併催)
2021-03-05
10:10
ONLINE オンライン開催 時間特性を考慮したマッチング型時空間コンテンツ検索手法
永島 薫九工大)・妙中雄三奈良先端大)・塚本和也九工大
 [more]
IN, NS
(併催)
2021-03-05
10:40
ONLINE オンライン開催 2クラスTit-for-Tat型P2Pファイル配信における最小配信時間の解析
清光将生笹部昌弘笠原正治奈良先端大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
IN, NS
(併催)
2021-03-05
15:10
ONLINE オンライン開催 ブロックチェーンを用いた科学技術論文出版システムにおけるレピュテーションに基づく報酬分配方式
源 芳朗張 元玉笹部昌弘笠原正治奈良先端大
 [more]
HWS, VLD
(共催) [詳細]
2021-03-04
16:50
ONLINE オンライン開催 複数の漏えい周波数に着目した高解像度ディスプレイからの画面情報復元に関する検討
荒井公寛藤本大介林 優一奈良先端大
 [more]
HWS, VLD
(共催) [詳細]
2021-03-04
17:15
ONLINE オンライン開催 設置環境の異なるスマートスピーカーからの電磁的情報漏えい評価と対策
福嶋章悟藤本大介林 優一奈良先端大
 [more]
DC 2021-02-05
10:55
東京 機械振興会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ランダムばらつきを考慮した電力サイドチャネルの学習によるハードウェアトロイ回路の検出手法
井上美智子Riaz-Ul-Haque Mian奈良先端大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
CPSY, RECONF, VLD
(共催)
IPSJ-ARC, IPSJ-SLDM
(共催)
(連催) [詳細]
2021-01-25
12:55
ONLINE オンライン開催(Zoom を利用予定) IMAX2: GTHの8レーン化を契機とするIMAXの倍速化
中島康彦奈良先端大VLD2020-44 CPSY2020-27 RECONF2020-63
XILINX社製ZCU102をホストとし,AXI3インタフェースと3レーンのGTHによりデイジーチェイン接続されるシスト... [more] VLD2020-44 CPSY2020-27 RECONF2020-63
pp.31-34
CPSY, RECONF, VLD
(共催)
IPSJ-ARC, IPSJ-SLDM
(共催)
(連催) [詳細]
2021-01-25
13:20
ONLINE オンライン開催(Zoom を利用予定) シストリックリングアレイ(IMAX2)を用いた高効率誤差逆伝播の実装
稲益秀成中島康彦奈良先端大VLD2020-45 CPSY2020-28 RECONF2020-64
深層学習に多用されるGPUは膨大な主記憶帯域幅と電力を必要とする.低電力および高効率な演算基盤が求められている.本研究で... [more] VLD2020-45 CPSY2020-28 RECONF2020-64
pp.35-39
EMCJ 2021-01-22
14:40
ONLINE オンライン開催 コネクタにおける信号伝送評価のための3D解析モデルの構築
北澤太基長野高専)・上田浩行藤本大介キム ヨンウ林 優一奈良先端大)・春日貴志長野高専EMCJ2020-67
大容量データの高速伝送化が進む中,プリント基板(Print Circuit Board, PCB)やコネクタ,ケーブルに... [more] EMCJ2020-67
pp.18-23
MVE, IPSJ-CVIM
(連催)
2021-01-21
14:10
ONLINE オンライン開催 Phantact:実世界におけるプロテウス効果生起システムの提案
鹿内裕介磯山直也酒田信親清川 清奈良先端大MVE2020-30
自身の見た目を変えることで,態度や行動が変容するプロテウス効果がVR環境にて知られている.
心的障害や社会問題の解決に... [more]
MVE2020-30
pp.1-6
MVE, IPSJ-CVIM
(連催)
2021-01-21
14:40
ONLINE オンライン開催 VRコンテンツにおける明度変調を用いた意識下に残りにくい視線誘導手法の提案
横見栄聡磯山直也酒田信親清川 清奈良先端大MVE2020-31
VRコンテンツにおいて,制作者が注目して欲しいものをユーザが見るとは限らない.制作者が意図したVR体験をユーザに提供する... [more] MVE2020-31
pp.7-12
MVE, IPSJ-CVIM
(連催)
2021-01-22
10:30
ONLINE オンライン開催 VR環境での対人コミュニケーションにおける視線操作による会話満足度向上手法の検討
東 健太磯山直也酒田信親清川 清奈良先端大MVE2020-36
対人コミュニケーションは日常生活で重要であり,会話に参加する人全員が満足できることが望ましい.しかし実際には,自分だけが... [more] MVE2020-36
pp.30-35
NS, NWS
(併催)
2021-01-21
13:55
ONLINE オンライン開催 社内システムを想定したゼロトラストネットワークの試作とセキュリティポリシーの検討
河合将隆妙中雄三門林雄基奈良先端大NS2020-111
ゼロトラストネットワーク(ZTN)は,企業においてスパイによる情報窃取や,攻撃者による内部ネ ットワークの横断的侵害とい... [more] NS2020-111
pp.9-15
 1660件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会