お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 53件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
WIT, HI-SIGACI
(連催)
2021-12-08
14:05
ONLINE オンライン開催 重度運動機能障害者へのジェスチャインタフェースの導入効果について
伊藤和幸中山 剛木下崇史国リハ研)・依田育士産総研)・水野勝広NCNPWIT2021-32
我々はこれまでに3D距離カメラを利用して筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者や筋ジストロフィー患者等の重度運動機能障害者の動... [more] WIT2021-32
pp.1-6
WIT, HI-SIGACI
(連催)
2021-12-09
16:25
ONLINE オンライン開催 「音声コミュニケーションと障がい者」の発刊の意義
市川 熹千葉大)・長嶋祐二工学院大)・岡本 明筑波技大)・加藤直人情報経営イノベーション専門職大)・○酒向慎司名工大)・滝口哲也神戸大)・原 大介豊田工大)・幕内 充国立障害者リハビリテーションセンターWIT2021-42
著者らが執筆した「音声コミュニケーションと障がい者」(日本音響学会編,音響サイエンスシリーズ22,コロナ社)は,音声の知... [more] WIT2021-42
pp.54-57
SP, WIT, ASJ-H
(共催)
IPSJ-SLP
(連催) [詳細]
2021-10-19
10:35
ONLINE オンライン開催 瞳孔中心検出に基づく眼球運動を利用したALS患者用の眼鏡型スイッチの開発
坂本一樹齊藤剛史九工大)・伊藤和幸国立障害者リハビリテーションセンターSP2021-27 WIT2021-20
本研究では,眼球運動を利用して意思伝達装置などへ接続可能なALS患者用の眼鏡型スイッチを開発する.先行研究では,瞳孔中心... [more] SP2021-27 WIT2021-20
pp.18-23
TL 2021-09-18
15:20
ONLINE オンライン開催 幼児の描画課題におけるチャンキング傾向の考察
田 子健岸山 健陳 姿因広瀬友紀東大)・幕内 充国立障害者リハビリテーションセンターTL2021-15
階層的な構造を構築する能力は言語や音楽、計算に広く見られる。一方で、記号としての描画における階層構造の有無は検証が始まっ... [more] TL2021-15
pp.17-22
WIT 2021-08-20
14:45
ONLINE オンライン開催 支援機器における科学的かつ実現可能性の高い臨床評価手法に関する予備的検討 ~ 発達障害などの個別性が高い事例への対応に向けて ~
白銀 暁国立障害者リハビリテーションセンターWIT2021-16
障害者や高齢者らを支援する機器において,臨床使用あるいは関連する制度適用の判断に資するエビデンス構築への期待が高まってい... [more] WIT2021-16
pp.17-22
WIT, IPSJ-AAC
(連催)
2021-03-05
13:00
ONLINE オンライン開催 [招待講演]肢体不自由者の支援技術研究の歩み(追記版) ~ 将来展望と課題について ~
伊藤和幸国立障害者リハビリテーションセンターWIT2020-29
2010年1月に開催された第51回WIT研究会において,「肢体不自由者支援技術研究のレビューと将来への展望」と題して当時... [more] WIT2020-29
pp.1-6
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2020-12-15
- 2020-12-17
ONLINE オンライン開催 ユーザの注意における文脈の顕著性の効果:VR実験心理学
原田佑規大山潤爾産総研
既存の注意研究は現実世界の視環境への注意から共通性を見つける手法が一般的であるが、この手法では外因・内因性の要因が注意に... [more]
TL 2020-12-05
14:40
ONLINE オンライン開催 脳磁図で探る言語の予測処理の神経基盤 ~ 日本語数量表現からの知見 ~
酒井 弘早大)・大関洋平東大)・松本 敦関西福祉科学大)・伊藤愛音フンボルト大)・幕内 充国立障害者リハビリテーションセンターTL2020-8
 [more] TL2020-8
pp.10-11
WIT, SP
(共催)
IPSJ-SLP
(連催) [詳細]
2020-10-22
15:50
ONLINE オンライン開催 3D-CNNを用いた神経難病患者の口形認識に関する研究
中村祐哉齊藤剛史九工大)・伊藤和幸国立障害者リハビリテーションセンターSP2020-13 WIT2020-14
 [more] SP2020-13 WIT2020-14
pp.27-32
WIT, IPSJ-AAC
(連催)
2020-03-13
15:45
茨城 筑波技術大学春日キャンパス講堂
(開催中止,技報発行あり)
座位姿勢が除圧動作の効果に与える影響
半田隆志香西良彦埼玉県産技総合センター)・白銀 暁国立障害者リハビリテーションセンター研)・亀ヶ谷忠彦東北福祉大WIT2019-48
自力で座位姿勢を変換することが困難な高齢者や障害者が,長時間車椅子に座り続けると,褥瘡の発生リスクが高まってしまう.この... [more] WIT2019-48
pp.55-56
WIT, IPSJ-AAC
(連催)
2020-03-14
13:30
茨城 筑波技術大学春日キャンパス講堂
(開催中止,技報発行あり)
[招待講演]肢体不自由者の支援技術研究の歩み ~ 将来展望と課題について ~
伊藤和幸国立障害者リハビリテーションセンターWIT2019-57
2010年1月に開催された第51回WIT研究会において,「肢体不自由者支援技術研究のレビューと将来への展望」と題して当時... [more] WIT2019-57
pp.103-107
WIT, IPSJ-AAC
(連催)
2020-03-15
13:50
茨城 筑波技術大学春日キャンパス講堂
(開催中止,技報発行あり)
中途視覚障害者の文字読み取りを支援する指なぞり音読機能付スマート端末の開発
清田公保石橋孝昭島川 学熊本高専)・伊藤和之国立障害者リハビリテーションセンター)・藤澤和子大和大WIT2019-63
本報告では,中途失明などの墨字が利用できる視覚障害者の情報取得手段として,新たにタブレット端末上のテキスト情報を読み取る... [more] WIT2019-63
pp.155-160
WIT, SP
(共催)
2019-10-27
10:50
鹿児島 第一工業大学 4号館1階大会議室 神経難病患者の口形認識に関する研究
中村祐哉齊藤剛史九工大)・伊藤和幸国立障害者リハビリテーションセンターSP2019-33 WIT2019-32
神経難病患者は音声や筆談,PCなどを利用できない場合,コミュニケーションの代替法として口文字コミュニケーションを用いるこ... [more] SP2019-33 WIT2019-32
pp.93-98
WIT, IPSJ-AAC
(連催)
2019-03-09
14:00
茨城 筑波技術大学春日キャンパス講堂(予定) [招待講演]運動機能・認知機能を支援する福祉機器研究開発の現状と展望
井上剛伸国立障害者リハビリテーションセンター
 [more]
WIT, ASJ-H
(共催)
2019-02-08
09:50
愛媛 愛媛大学城北地区キャンパス メディアホール(総合情報メディアセンター内) 重度運動機能障害者のためのモジュール型ジェスチャインタフェースシステムの基本実装
依田育士産総研)・○小澤祐樹筑波大/産総研)・中山 剛伊藤和幸国立障害者リハビリテーションセンター)・有明悠生三橋里子粟沢広之小林庸子国立精神・神経医療研究センターWIT2018-59
 [more] WIT2018-59
pp.53-58
WIT, SP
(共催)
2018-10-28
10:55
福岡 九工大・百周年中村記念館 口文字盤によるコミュニケーション時の読みとり文字の保存方法に関する検討
伊藤和幸国立障害者リハビリテーションセンターSP2018-44 WIT2018-32
ALS患者等の神経難病患者は病状の進行により自発呼吸が困難になると気管切開を行い人工呼吸器を装着する.その際,気管切開に... [more] SP2018-44 WIT2018-32
pp.61-66
WIT 2018-06-10
11:15
神奈川 鶴見大学(横浜) 視覚障害者のためのタブレット型IT端末の触覚カバーの考案及び入力実験 ~ iPadminiにおけるパーキンス式点字入力と日本語かな入力の比較実験 ~
王 鑫筑波大)・松崎純子国立障害者リハビリテーションセンター学院WIT2018-10
視覚障害者、特に全盲の視覚障害者にとって、タブレット型IT端末のタッチスクリーンに直接文字を入力することは困難である。そ... [more] WIT2018-10
pp.47-51
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2017-12-13
- 2017-12-15
石川 金沢歌劇座(金沢) 文楽人形遣いの非言語情報を用いた“型”動作の伝達
櫻 哲郎東大)・渋谷友紀国立障害者リハビリテーションセンター学院)・植田一博東大
伝統芸能文楽では,3人の人形遣いが協調して1体の人形を操作する.3人の人形遣いとは,人形頭部と右手を操作する主遣い,左手... [more]
WIT, HI-SIGACI
(連催)
2017-12-07
11:00
東京 産総研臨海副都心センター(東京) 遠隔支援による視覚障害者の保有視覚評価と視覚支援機器活用訓練の試み
伊藤和幸国立障害者リハビリテーションセンター)・石川充英河原佐和子東京視覚障害者生活支援センターWIT2017-56
視覚障害者自身が障害の程度を把握し,必要な支援機器を適切に活用できることは,就労時の担当業務の効率性の向上や拡大につなが... [more] WIT2017-56
pp.89-94
WIT, IPSJ-AAC
(連催)
2017-03-11
11:50
茨城 筑波技術大学・春日キャンパス ろうベースの盲ろう者の自立した情報獲得を目指した触指文字ロボットの開発 ~ 人を模した五指多自由度ロボットハンド・アームの利用 ~
關 達也電通大)・森 浩一国立障害者リハビリテーションセンター)・横井浩史電通大WIT2016-87
聴覚と視覚の重複障害を持つ盲ろう者はコミュニケーション,情報獲得,移動の3点に置いて大きな障壁を抱えている.特に聴覚障害... [more] WIT2016-87
pp.103-106
 53件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会