電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 243件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
WIT, SP
(共催)
2019-10-27
10:50
鹿児島 第一工業大学 4号館1階大会議室 神経難病患者の口形認識に関する研究
中村祐哉齊藤剛史九工大)・伊藤和幸国立障害者リハビリテーションセンター
神経難病患者は音声や筆談,PCなどを利用できない場合,コミュニケーションの代替法として口文字コミュニケーションを用いるこ... [more] SP2019-33 WIT2019-32
pp.93-98
EA, SIP, SP
(共催)
2019-03-14
13:30
長崎 アイランド ナガサキ(長崎市) [ポスター講演]落語音声合成におけるTacotronおよびコンテキスト特徴量の使用とその評価
加藤集平総研大/NII)・高木信二山岸順一NII)・安田裕介総研大/NII)・Xin WangNII
人を楽しませる音声合成を目指して,落語の音声合成の構築に取り組んでいる.本稿では音声合成のモデルとして,sequence... [more] EA2018-126 SIP2018-132 SP2018-88
pp.161-166
WIT, IPSJ-AAC
(連催)
2019-03-09
14:00
茨城 筑波技術大学春日キャンパス講堂(予定) [招待講演]運動機能・認知機能を支援する福祉機器研究開発の現状と展望
井上剛伸国立障害者リハビリテーションセンター
 [more]
WPT 2019-03-07
14:55
京都 京都大学宇治キャンパス Experiment for Wireless Power Transfer to movable target using phased array antenna system
Mudassir RazaShotaro KatanoSOKENDAI)・Koji TanakaJAXA)・Yoshiyuki FujinoToyo Univ.)・Kento MonjiTUS)・Yuki ItoToyo Univ.
 [more] WPT2018-75
pp.59-62
IN, NS
(併催)
2019-03-05
09:00
沖縄 沖縄コンベンションセンター 核融合実験装置LHDの大容量データを用いた多地点高速転送実験
山中顕次郎総研大/NII)・中西秀哉自然科学研究機構)・小関隆久徳永晋介石井康友量研機構)・阿部俊二漆谷重雄総研大/NII)・山本孝志江本雅彦自然科学研究機構
先端科学技術分野では,国際協力で巨大な実験・観測装置を作り,得られたビックデータを各国で分析することが多い.ビックデータ... [more] NS2018-233
pp.237-242
WIT, ASJ-H
(共催)
2019-02-08
09:50
愛媛 愛媛大学城北地区キャンパス メディアホール(総合情報メディアセンター内) 重度運動機能障害者のためのモジュール型ジェスチャインタフェースシステムの基本実装
依田育士産総研)・○小澤祐樹筑波大/産総研)・中山 剛伊藤和幸国立障害者リハビリテーションセンター)・有明悠生三橋里子粟沢広之小林庸子NCNP
 [more] WIT2018-59
pp.53-58
IBISML 2018-11-05
15:10
北海道 北海道民活動センター(かでる2.7) [ポスター講演]確率モデルの統合による大規模なモデルの実現 ~ VAE, GMM, HMM, MLDAの統合モデルの実装と評価 ~
國安 瞭中村友昭青木達哉電通大)・谷口 彰尾崎 僚伊志嶺朝良立命館大)・横山裕樹玉川大)・小椋忠志総研大)・長井隆行電通大)・谷口忠大立命館大
人間のような知能を人工的に実現するためには,ロボットに搭載されている様々なセンサから得られるマルチモーダルな情報から,環... [more] IBISML2018-77
pp.249-254
WIT, SP
(共催)
2018-10-28
10:55
福岡 九工大・百周年中村記念館 口文字盤によるコミュニケーション時の読みとり文字の保存方法に関する検討
伊藤和幸国立障害者リハビリテーションセンター
ALS患者等の神経難病患者は病状の進行により自発呼吸が困難になると気管切開を行い人工呼吸器を装着する.その際,気管切開に... [more] SP2018-44 WIT2018-32
pp.61-66
CQ 2018-08-24
10:30
滋賀 立命館大学びわこ・くさつキャンパス Network Lifetime Maximization with Full Area Coverage in WSNs
Phi Le NguyenYusheng JiVan An LeSOKENDAI)・Le Hieu・○Nguyen Duc AnhThanh Hung NguyenHUST
 [more] CQ2018-54
pp.47-52
CQ 2018-07-20
13:50
宮城 東北大学 Traffic Matrix Prediction based on Bidirectional Recurrent Neural Network and Long Short-Term Memory
Van An LePhi Le NguyenSokendai(The Graduate University for Advanced Studies))・Yusheng JiNII
Accurate prediction of the future network traffic plays an i... [more] CQ2018-40
pp.51-56
WIT 2018-06-10
11:15
神奈川 鶴見大学(横浜) 視覚障害者のためのタブレット型IT端末の触覚カバーの考案及び入力実験 ~ iPadminiにおけるパーキンス式点字入力と日本語かな入力の比較実験 ~
王 鑫筑波大)・松崎純子国立障害者リハビリテーションセンター
視覚障害者、特に全盲の視覚障害者にとって、タブレット型IT端末のタッチスクリーンに直接文字を入力することは困難である。そ... [more] WIT2018-10
pp.47-51
CQ 2018-05-31
15:05
千葉 千葉大学西千葉キャンパス アカデミック・リンク・センター [招待講演]車載環境におけるモバイルエッジコンピューティング ~ マルチアクセスとタスクスケジューリング ~
計 宇生NII)・馮 靖雲総研大)・劉 志静岡大)・策力木格電通大
自動運転が実現されていく近い将来のモビリティの世界では,人々が乗車しながら必要な情報処理を行うために,車々間や路車間の協... [more] CQ2018-20
pp.13-17
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2018-05-22
10:20
沖縄 沖縄産業支援センター 討議会話におけるメンバ満足度についての考察
河野 進総研大)・相原健郎NII
今後予想される自動運転時代の車内空間ではグループが対面してコミュニケーションをとる機会が増えることが予想される.一方,ク... [more] HCS2018-15 HIP2018-15
pp.113-118
IT, EMM
(共催)
2018-05-18
14:20
東京 東京工業大学(大岡山キャンパス) Efficient schemes for encoding and decoding of non-adaptive group testing
Thach V. BUISOKENDAI)・Minoru KuribayashiOkayama Univ.)・Tetsuya KojimaTOKYO KOSEN)・Roghayyeh HaghvirdinezhadNJIT)・Isao EchizenNII
 [more] IT2018-10 EMM2018-10
pp.53-58
WPT 2018-03-02
15:00
京都 京都大学宇治キャンパス Basic Experiment on Direction Finding and Beam Forming for Microwave Power Transmission System using Phased Array antenna System under near Field Conditions
Raza MudassirSokendai)・Koji TanakaJAXA)・Shotaro KatanoSokendai)・Yoshiyuki FujinoToru IshimuraTaichi MatsudoToyo Univ.
 [more] WPT2017-74
pp.35-38
NS, IN
(併催)
2018-03-01
10:50
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート LHD大容量データの遠隔レプリケーション ~ MMCFTPとパイプライン化レプリケーションによる145TBデータの4Gbps移送 ~
山中顕次郎総研大/NII)・中西秀哉自然科学研究機構)・小関隆久量研機構)・阿部俊二漆谷重雄総研大/NII)・山本孝志江本雅彦中島徳嘉自然科学研究機構
先端科学技術分野で国際共有される大容量データは,多数の小さなファイルで構成されることが多い.小さなファイルのままファイル... [more] NS2017-180
pp.73-78
SANE 2018-01-25
16:35
長崎 長崎県美術館 地表特性を用いた深層学習による月惑星探査機搭載着陸レーダの速度測定精度向上
日髙萌子髙橋正樹慶大)・石田貴行JAXA)・狩谷和季総研大)・水野貴秀福田盛介JAXA
 [more] SANE2017-95
pp.53-58
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2017-12-13
- 2017-12-15
石川 金沢歌劇座(金沢) 文楽人形遣いの非言語情報を用いた“型”動作の伝達
櫻 哲郎東大)・渋谷友紀国立障害者リハビリテーションセンター学院)・植田一博東大
伝統芸能文楽では,3人の人形遣いが協調して1体の人形を操作する.3人の人形遣いとは,人形頭部と右手を操作する主遣い,左手... [more]
WIT, HI-SIGACI
(連催)
2017-12-07
11:00
東京 産総研臨海副都心センター(東京) 遠隔支援による視覚障害者の保有視覚評価と視覚支援機器活用訓練の試み
伊藤和幸国立障害者リハビリテーションセンター)・石川充英河原佐和子東京視覚障害者生活支援センター
視覚障害者自身が障害の程度を把握し,必要な支援機器を適切に活用できることは,就労時の担当業務の効率性の向上や拡大につなが... [more] WIT2017-56
pp.89-94
NS 2017-10-26
10:45
大阪 大阪府立大学 I-siteなんば [依頼講演]HVC: A Hybrid Cloud Computing Framework in Vehicular Environment
Jingyun FengNII/Sokendai)・Zhi LiuShizuoka Univ.)・Celimuge WuUEC)・Yusheng JiNII/Sokendai
 [more] NS2017-89
pp.1-6
 243件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会