電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 19件中 1〜19件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
PRMU, BioX
(共催)
2019-03-18
14:30
東京 電気通信大学 自然動画のオプティカルフロー抽出アルゴリズム ~ Lucas-Kanade法・Farnback法・発展VDUMP法(出願中)の比較 ~
鈴木 航一戸紀孝NCNP)・竹市博臣理研
自然動画から、画素強度(x,y,I(x,y))の法線ベクトルを複数フレーム間で追跡することにより、動きを抽出するアルゴリ... [more] BioX2018-62 PRMU2018-166
pp.193-195
WIT, ASJ-H
(共催)
2019-02-08
09:50
愛媛 愛媛大学城北地区キャンパス メディアホール(総合情報メディアセンター内) 重度運動機能障害者のためのモジュール型ジェスチャインタフェースシステムの基本実装
依田育士産総研)・○小澤祐樹筑波大/産総研)・中山 剛伊藤和幸国立障害者リハビリテーションセンター)・有明悠生三橋里子粟沢広之小林庸子NCNP
 [more] WIT2018-59
pp.53-58
HCS 2016-03-01
13:50
石川 瑠璃光(山代温泉) 自閉症モデルであるマーモセットは第3者間の互恵的と非互恵的交渉の違いを認識できない
安江みゆき中神明子名大)・坂野 拓中垣慶子一戸紀孝NCNP)・○川合伸幸名大
 [more] HCS2015-83
pp.11-15
NC, MBE
(共催)
2015-03-16
15:35
東京 玉川大学 一次運動野における特定の運動実行に関連した安静時脳活動中の神経表現
草野利樹長岡技科大)・倉重宏樹慶大)・南部功夫長岡技科大)・守口善也群馬大)・花川 隆NCNP: IBIC)・和田安弘長岡技科大)・大須理英子ATR
安静時脳活動には様々な課題実行時の脳活動を反映する組織化構造が内在している事が示唆されている. しかし,それらは運動野な... [more] MBE2014-150 NC2014-101
pp.189-194
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2014-12-17
- 2014-12-19
山口 海峡メッセ下関 What Creates a Pleasant Mood? -- Development of an Information Model to Create a Good Mood --
Masahide YuasaShonan Institute of Tech.)・Hidefumi OhmuraNational Center of Neurology and Psychiatry)・Daisuke KatagamiTokyo Polytechnic Univ.
 [more]
NC, MBE
(併催)
2014-03-17
15:20
東京 玉川大学 安静時脳活動に内在するボクセルレベルでの運動表現
草野利樹長岡技科大)・倉重宏樹ATR)・南部功夫長岡技科大)・守口善也花川 隆国立精神・神経医療研究センター)・和田安弘長岡技科大)・大須理英子ATR
あらまし 脳が安静時に示す活動には,課題実行時に見られる脳活動パターンが内在していることがこれまでの研究から明らかにな... [more] NC2013-127
pp.221-226
HCS 2014-02-01
12:50
鹿児島 鹿児島大学 (郡元キャンパス) アイコンタクト知覚時の瞳孔径分析
松田昌史NTT)・本間元康国立精神・神経医療研究センター
アイコンタクトは人々のコミュニケーションにおける重要な手がかりの一つである.
それにもかかわらず,必ずしも人は他者との... [more]
HCS2013-74
pp.27-30
MI 2014-01-27
13:30
沖縄 沖縄ぶんかテンブス館 PET/CTにおける脳アミロイド沈着定量の標準化 ~ SPMによるSUVR画像の自動生成 ~
佐々木 啓山形大)・舞草伯秀今林悦子国立精神・神経医療研究センター)・湯浅哲也山形大)・松田博史国立精神・神経医療研究センター
 [more] MI2013-115
pp.315-319
HIP, ITE-CE, ITE-HI
(連催)
2013-11-19
16:40
宮城 東北大通研 自閉症傾向者における視覚表象の符号化特性 ~ 事象関連電位による検討 ~
高橋純一国立精神・神経医療研究センター)・安永大地金沢大)・行場次朗東北大
本研究は,健常成人を対象とした自閉症スペクトラム指数における視覚表象の符号化効率の違いを検討した。事象関連電位(ERP)... [more] HIP2013-68
pp.47-52
NC, MBE
(共催)
2013-09-24
13:55
新潟 新潟大学 駅南キャンパス 脳活動信号を用いた音声識別
西元 淳吉村奈津江地村弘二東工大/国立精神・神経医療研究センター)・神原裕行辛 徳東工大)・花川 隆国立精神・神経医療研究センター)・小池康晴東工大
近年、考えるだけでコンピュータなどの機器を制御できる可能性のあるブレイン・コンピュータ・インタフェース(BCI)の研究が... [more] MBE2013-43 NC2013-29
pp.41-46
HCS 2013-08-23
16:30
京都 立命館大学朱雀キャンパス 足踏みの自動的同期とコミュニケーションスキル
永井聖剛産総研)・本間元康国立精神・神経医療研究センター)・熊田孝恒京大)・長田佳久立教大
本研究では2者間における対面状況での足踏み動作の同期の強さと自閉性傾向との関連について検討した。実験の結果,自閉性レベル... [more] HCS2013-36
pp.21-22
MI 2013-07-18
15:55
宮城 東北大学片平キャンパス・さくらホール PET/CTにおける脳アミロイド沈着定量の標準化
佐々木 啓山形大/国立精神・神経医療研究センター)・舞草伯秀国立精神・神経医療研究センター)・湯浅哲也山形大)・今林悦子東京都健康長寿医療センター)・松田博史国立精神・神経医療研究センター
アルツハイマー型認知症の早期診断には,アミロイドPET画像から推定される灰白質へのアミロイド沈着量の解析が有効である.し... [more] MI2013-28
pp.49-53
HCS 2013-03-05
15:15
静岡 ホテルウェルシーズン浜名湖 視線一致範囲測定に関する探索的検討 ~ 疎らな実験データの解析 ~
松田昌史NTT)・本間元康国立精神・神経医療研究センター)・石井 亮熊野史朗大塚和弘大和淳司NTT
人は他者が自分の顔面方向に視線を向けている時,必ずしも目と目が合っていなくても視線一致していると知覚する.人がアイコンタ... [more] HCS2012-108
pp.173-178
HCS 2013-01-25
10:45
高知 高知市文化プラザ かるぽーと アイコンタクト知覚範囲の性差に関する探索的検討 ~ 社交性不安およびアイコンタクト相手の性別の影響 ~
松田昌史NTT)・本間元康国立精神・神経医療研究センター)・石井 亮熊野史朗大塚和弘大和淳司NTT
人は他者が自分の顔面方向に視線を向けている時,必ずしも目と目が合っていなくてもアイコンタクト(視線一致)していると知覚す... [more] HCS2012-67
pp.77-82
MBE 2012-09-27
15:20
長野 信州大学 筋力分配問題における神経構造パラメータの影響
北 佳保里井澤 淳ATR)・花川 隆国立精神・神経医療研究センター)・大須理英子ATR
運動中の筋力分配に関する評価関数と神経構造パラメータとの相関を検証した.16方向に手先力を生成する等尺性筋収縮タスク中を... [more] MBE2012-34
pp.19-24
MI 2012-07-19
14:40
山形 山形大学 脳画像解析における画像歪みの補正
舞草伯秀国立精神・神経医療研究センター)・田中健一郎千田哲子バイオテクノロジー開発技術研究組合)・松井博史マイクロン)・佐藤典子松田博史国立精神・神経医療研究センター)・岩坪 威東大)・Jpanease Alzheimer's Disease Neuroimaging Initiativeジェイアドニー
 [more] MI2012-24
pp.19-24
HCS 2012-01-20
11:00
愛知 ウインクあいち(名古屋) アイコンタクトの知覚体積と性格特性
本間元康国立精神・神経医療研究センター)・栗林大輔長田佳久立教大)・栗山健一国立精神・神経医療研究センター
 [more] HCS2011-55
pp.11-14
MBE, NC
(併催)
2011-11-25
10:25
宮城 東北大学 大学院工学研究科 信号源推定を用いた脳波から筋活動信号の再構築
吉村奈津江東工大)・ダサーラ チャールズ サヨ花川 隆国立精神・神経医療研究センター)・佐藤雅昭ATR)・小池康晴東工大
脳波(EEG)を用いたブレイン・マシン・インタフェース(BMI)研究ではこれまで動作や運動パターンの識別は実現されていた... [more] NC2011-78
pp.35-40
HCS 2010-08-28
10:10
東京 早稲田大学 西早稲田キャンパス 55号棟N 外傷性脳損傷者の自殺問題のとらえ方 ~ インタビュー談話からの分析 ~
松岡恵子蒲田寺子屋)・小谷 泉ケアステーションコナン)・山里道彦筑波記念病院)・金 吉晴国立精神・神経医療研センター精神保健研
慢性期の外傷性脳損傷(TBI)者(n=26)を対象として、「わが国における自殺問題をどのように考えるか」という質問を行っ... [more] HCS2010-31
pp.25-30
 19件中 1〜19件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会