お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 283件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CPM 2022-08-04
13:30
北海道 北見工業大学 [招待講演]植物からワクチンを生産するための第一歩 ~ ベンサミアナタバコの水耕栽培に関して ~
武山真弓東工大WOW/北見工大)・村上 輝佐藤 勝北見工大)・虎島史歩鹿島光司大場隆之東工大WOW
 [more]
CPM 2022-08-05
11:00
北海道 北見工業大学 ゲル状電解液及び天然色素を用いた色素増感太陽電池の検討
孫 浩佐藤 勝武山真弓北見工大
 [more]
CPM 2022-08-05
11:25
北海道 北見工業大学 低温成膜したSiNx膜の特性
新出航大佐藤 勝武山真弓北見工大
 [more]
MWPTHz, EST, MW, EMT, OPE
(共催)
IEE-EMT
(連催) [詳細]
2022-07-19
13:25
北海道 旭川市民文化会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
中赤外域用カルコゲナイドガラスリブ光導波路の単一モード動作条件
中嶋岳彬安井 崇杉坂純一郎平山浩一北見工大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
MWPTHz, EST, MW, EMT, OPE
(共催)
IEE-EMT
(連催) [詳細]
2022-07-20
09:35
北海道 旭川市民文化会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Design of Mosaic-like NRD Guide Devices with Magnetic Material
Tahir BashirAkito IguchiYasuhide TsujiMuroran Inst. Tech.)・Tatsuya KashiwaKitami Inst. Tech.
 [more]
MWPTHz, EST, MW, EMT, OPE
(共催)
IEE-EMT
(連催) [詳細]
2022-07-20
09:10
北海道 旭川市民文化会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
アンテナを移動しない自由空間法による誘電率推定に関する検討
今井裕貴平山浩一杉坂純一郎安井 崇北見工大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
MI 2022-07-09
14:40
北海道 小樽商工会議所・小樽経済センターホール(4階)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
CNNを用いた赤外線サーモセンサと測距カメラによる体温監視システムの開発
仲田 渉岩舘健司早川吉彦北見工大
 [more]
EMT, IEE-EMT
(連催)
2022-06-23
13:50
東京 電気学会会議室 光学的線形判別分析を用いた誘電体表面上の微細な三次元凹凸識別の形状許容性検証
島田慎吾杉坂純一郎平山浩一安井 崇北見工大EMT2022-5
 [more] EMT2022-5
pp.25-30
EST 2022-05-19
13:00
東京 機械振興会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
共分散行列適応進化戦略と関数展開法を用いた光デバイスのトポロジー最適設計
丸山皓貴井口亜希人辻 寧英室蘭工大)・柏 達也北見工大EST2022-1
高性能な光デバイスの開発のため,まったく新しい素子構造を見出すことのできるトポロジー最適設計法が注目されているが,設計変... [more] EST2022-1
pp.1-5
CPM 2022-03-01
16:10
ONLINE オンライン開催 電気インピーダンス法を用いたワインのおいしさリアルタイム計測
竹内大翔佐藤 勝武山真弓北見工大CPM2021-82
ワインの味わいは非常に複雑であるため,その評価は難しく,ソムリエによる官能評価が行われているが,近年ワインを科学すること... [more] CPM2021-82
pp.40-41
PN, MWP, EMT, PEM
(共催)
IEE-EMT
(連催) [詳細]
2022-01-28
15:05
ONLINE オンライン開催 体積―境界要素結合解析を用いた遠方散乱界による誘電体凹凸表面下部の屈折率分布推定法
杉坂純一郎原田建治平山浩一北見工大PN2021-47 EMT2021-63 MWP2021-52
凹凸を有する誘電体に埋もれた欠陥を光や電波の散乱波から推定する技術は,光学・半導体素子,建築材や土壌の検査等,様々な分野... [more] PN2021-47 EMT2021-63 MWP2021-52
pp.79-84
EMT, IEE-EMT
(連催)
2021-11-05
10:25
ONLINE オンライン開催 自由空間法における誘電率推定精度の改善に関する一検討
平山浩一北見工大)・柳本吉之EMラボ)・杉坂純一郎安井 崇北見工大EMT2021-41
誘電体レンズ付きホーンアンテナを用いる自由空間法について,ミリ波帯のうちEバンド(60~90 GHz)を対象として,誘電... [more] EMT2021-41
pp.67-70
CPM 2021-10-27
10:30
ONLINE オンライン開催 Cu-TSVのためのSiNx膜の低温堆積法に関する検討
佐藤 勝武山真弓北見工大CPM2021-21
3次元集積回路におけるCuを用いたシリコン貫通ビアでは、絶縁膜の200℃以下での堆積法を実現することが望まれている。そこ... [more] CPM2021-21
pp.5-7
CPM 2021-10-27
12:00
ONLINE オンライン開催 牛肉における熟成条件の影響
梅村壮一朗佐藤 勝武山真弓北見工大CPM2021-25
我々は食肉の熟成やおいしさの見える化についてかねてから取り組んできた.今回はその一環として熟成条件の違いが牛肉の熟成にど... [more] CPM2021-25
pp.21-22
CPM 2021-10-27
15:10
ONLINE オンライン開催 抵抗変化メモリのためのHfO2膜の特性評価
川合祐貴佐藤 勝武山真弓北見工大CPM2021-31
近年,フラッシュメモリより動作速度が速く,消費電力を低くすることができる抵抗変化メモリが注目されている.しかしながら,低... [more] CPM2021-31
pp.43-45
CPM 2021-10-27
16:20
ONLINE オンライン開催 電気インピーダンス法を用いた日本酒の保存方法の評価
梶原朋也佐藤 勝武山真弓北見工大CPM2021-34
近年,古酒(長期熟成酒) は日本酒の海外進出に伴い,徐々に市場規模を拡大している.しかしながら,古酒には明確な定義がなく... [more] CPM2021-34
pp.57-58
CPM 2021-10-27
16:40
ONLINE オンライン開催 ワインのおいしさ評価に関する電気インピーダンス測定
武山真弓・○竹内大翔梶原朋也佐藤 勝北見工大CPM2021-35
ワインの味わいは非常に複雑であるため,その評価は難しく,ソムリエによる官能評価が行われているが,近年ワインを科学すること... [more] CPM2021-35
pp.59-60
SIS, ITE-BCT
(連催)
2021-10-07
11:00
ONLINE オンライン開催 水中音響測位における多点同時計測の試験評価
和田篤士吉澤真吾北見工大)・湯浅智志三菱電機特機システム)・杉本英樹五洋建設SIS2021-10
水中音響測位は遠隔操作型無人探査機(ROV)や自律型無人潜水機 (AUV)の海中位置を知るために用いられる.USBL(U... [more] SIS2021-10
pp.1-6
SIS, ITE-BCT
(連催)
2021-10-07
11:20
ONLINE オンライン開催 見通し外水中音響通信におけるビームフォーミングを用いた受信機構成の一検討
石川貴大吉澤真吾北見工大SIS2021-11
港湾などの周囲壁で囲まれた環境での水中音響通信は,障害物や送波素子指向性の条件に応じては見通し外通信となり,その受信特性... [more] SIS2021-11
pp.7-10
EST, MW, EMCJ
(共催)
IEE-EMC
(連催) [詳細]
2021-10-07
16:35
ONLINE オンライン開催 全身ばく露における温度上昇特性に対する皮膚モデリングの影響
小寺紗千子名工大)・田口健治北見工大)・平田晃正名工大EMCJ2021-39 MW2021-51 EST2021-41
電波の安全性に関する国際ガイドラインにおいて,全身ばく露に対する安全性の指標として全身平均SAR(Specific Ab... [more] EMCJ2021-39 MW2021-51 EST2021-41
pp.60-65
 283件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会