電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 13件中 1〜13件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EA, ASJ-H, ASJ-AA
(共催)
2019-07-17
13:00
北海道 札幌市民交流プラザ(札幌市) 周波数領域velvet noiseを用いた音響計測手順の拡張について
河原英紀和歌山大)・榊原健一北海道医療大)・水町光徳九工大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
EA, SIP, SP
(共催)
2019-03-15
13:30
長崎 アイランド ナガサキ(長崎市) [ポスター講演]偏長楕円体波動関数を包絡とする解析信号によるオーディオ標本化周波数での実時間fo候補抽出について
河原英紀和歌山大)・榊原健一北海道医療大)・森勢将雅山梨大)・石本佑一国立国語研
実時間よりも高速に基本周波数候補を抽出する方法を提案する。解析信号を用いたwaveletから瞬時周波数と群遅延を求め、パ... [more] EA2018-151 SIP2018-157 SP2018-113
pp.305-310
EA, ASJ-H, EMM, IPSJ-MUS
(共催) [詳細]
2018-11-21
13:30
石川 ホテルこうしゅうえん(輪島市) An analytic signal with a cosine series envelope for excitation source analyses of voiced speech -- Practical substitute of Flanagan's equation --
Hideki KawaharaWakayama Univ.)・Ken-Ichi SakakibaraHealth Science Univ.)・Hideki BannoMeijyo Univ.)・Masanori MoriseUniv. Yamanashi
瞬時周波数と群遅延は,それぞれ位相の時間微分と周波数微分として定義されており,そのままでは,逆三角関数や位相のunwra... [more] EA2018-63 EMM2018-63
pp.1-5
SP 2018-08-27
11:00
京都 京都大学 余弦級数包絡の複素wavelet分析に基づく簡易なGCI, GOIの検出法について
河原英紀和歌山大)・榊原健一北海道医療大
信号の位相の分析を目的に設計した余弦級数を包絡とする解析信号をマザーウェーブレットとする複素 analysis wave... [more] SP2018-22
pp.1-5
SIP, EA, SP
(共催)
MI
(併催) [詳細]
2018-03-20
09:00
沖縄 石垣島 ホテルミヤヒラ [ポスター講演]日本語母音発話の主観印象と母音空間パラメータの関係
松本 遥水町光徳九工大)・榊原健一北海道医療大
 [more] EA2017-150 SIP2017-159 SP2017-133
pp.267-274
NLC, IPSJ-NL
(連催)
SP, IPSJ-SLP
(連催)
(併催) [詳細]
2017-12-21
12:50
東京 早稲田大学グリーン・コンピューティング・システム研究開発センター [ポスター講演]音源の周期性を表す指標の実時間分析と表示について
河原英紀和歌山大)・榊原健一北海道医療大
有声音の駆動音源は厳密には周期的ではない。
分析合成系や発声訓練への応用を想定して、
この周期性からの逸脱を実時間で... [more]
SP2017-59
pp.21-22
EA, ASJ-H
(共催)
2017-08-10
12:20
宮城 東北大学 電気通信研究所 基本周波数再考
河原英紀和歌山大)・榊原健一北海道医療大
 [more] EA2017-39
pp.73-78
EA, ASJ-H
(共催)
2017-07-21
11:00
北海道 北海道大学 [招待講演]雪と音
榊原健一北海道医療大
雪に関連した音響関連の,研究について解説する.雪は,雲の内部で水蒸気が昇華し氷となり,結晶へと成長したものであり,降雪,... [more] EA2017-10
pp.57-61
EA, ASJ-H
(共催)
2015-08-03
13:00
宮城 東北大学 電気通信研究所 Aliasing reduction in L-F model implementation for an interactive tool applicable to speech science education
Hideki KawaharaWakayama Univ.)・Ken-Ichi SakakibaraHealth Sciences Univ. Hokkaido)・Hideki BannoMeijo Univ.)・Masanori MoriseUniv. Yamanashi)・Tomoki TodaNAIST)・Toshio IrinoWakayama Univ.
 [more] EA2015-10
pp.1-6
EA 2010-06-11
14:15
北海道 北海道医療大学 声門面積解析に基づく喉頭音源モデルによる病的音声合成と知覚評価
今川 博東大)・榊原健一北海道医療大)・横西久幸木村美和子東大)・田山二朗国立国際医療センター
本研究では,病的音声合成のための喉頭音源モデルを提案する.喉頭音源モデルは,声帯の準周期振動により生成される喉頭音源を実... [more] EA2010-34
pp.71-76
SP 2009-06-24
13:30
北海道 北海道大学クラーク会館 吸気発声における喉頭音源生成
榊原健一北海道医療大)・今川 博東大/東大医学部附属病院)・横西久幸東大)・後藤多嘉緒国立国際医療センター)・二藤隆春東大医学部附属病院)・木村美和子テキサス大)・田山二朗国立国際医療センター
吸気発声中の喉頭の動態を,高速度デジタル撮像を用いて分析した.吸気発声
では,声帯後部に間隙が観察された.また,基本周... [more]
SP2009-24
pp.7-10
SP 2009-06-24
15:45
北海道 北海道大学クラーク会館 喉頭トポグラフによる声帯振動様式の分析
今川 博東大/東大医学部附属病院)・榊原健一北海道医療大)・木村美和子テキサス大)・田山二朗東大医学部附属病院/国立国際医療センター
喉頭トポグラフとは,発声中の高速度デジタル撮像による喉頭像を,ピクセルごとの輝度変化に関しフーリエ変換を行い,各ピクセル... [more] SP2009-27
pp.23-28
NLP 2007-12-19
13:25
福井 福井工業大学 声帯麻痺患者の異常声帯振動データに対する非対称二質量モデルの係数推定
永沼 宙徳田 功北陸先端大)・木村美和子今川 博東大医学部附属病院)・榊原健一北海道医療大)・田山二朗国立国際医療センター
声帯麻痺による音声障害は声帯の複雑な非線形振動に起因しており,病態との関連については未解明な問題が多い.声帯数理モデルの... [more] NLP2007-109
pp.5-10
 13件中 1〜13件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会