お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 15件中 1~15件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ET 2019-12-07
13:10
東京 東京農工大学 発話困難者が雑談に参加することを志向したVOCAの開発に向けた会話分析
西村 優小川修史兵庫教大ET2019-62
人とコミュニケーションを図る上で,雑談は重要な役割を担うものといえよう。本研究では複数人による会話を「雑談」と定義し,発... [more] ET2019-62
pp.21-26
ET 2019-12-07
13:35
東京 東京農工大学 深層的類似性を有する誤選択肢を含む多肢選択問題の作問支援環境の構築に向けた調査
高橋龍哉小川修史兵庫教大)・松田憲幸和歌山大)・平嶋 宗広島大)・瀧 寛和和歌山大ET2019-63
学習者の誤理解を修正させる観点で,正選択肢と誤選択肢の弁別を意識した多肢選択問題は有効である。筆者らは,誤選択肢と正選択... [more] ET2019-63
pp.27-32
NLP 2019-09-24
09:25
高知 高知県立大学 永国寺キャンパス 発振回路の線形および非線形結合と位相同期特性
猪本 修兵庫教大
 [more]
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2018-05-22
09:55
沖縄 沖縄産業支援センター 機械学習と数理最適化による最適な学び合いネットワークの構成手法
大前佑斗東京高専)・古屋達朗笛川小)・水越一貴デジタルアライアンス)・大島崇行榊原範久兵庫教大)・水落芳明上越教大)・八代一浩山梨県立大)・高橋弘毅長岡技科大HCS2018-14 HIP2018-14
近年,集団型授業において学び合い(学習者同士が協働しながら共通の課題を解決していく学習法)が有効な教育手法として確立して... [more] HCS2018-14 HIP2018-14
pp.107-112
TL 2017-12-10
13:10
愛媛 愛媛大学 城北キャンパス 文構造親密度が日本人英語学習者の文理解処理に与える影響 ~ 相対的文構造親密度に関する一考察 ~
橋本健一阪教大)・鳴海智之兵庫教大)・籔内 智京都精華大)・里井久輝龍谷大)・濱田真由平野亜也子兵頭佳央理神戸大)・坂東美智子滋賀大)・原田康也早大)・横川博一神戸大TL2017-51
本研究は、日本人英語学習者を対象として、英語の「文構造親密度」が文理解処理にどのような影響を及ぼすかについて、読解実験(... [more] TL2017-51
pp.43-48
NS 2017-10-26
16:40
大阪 大阪府立大学 I-siteなんば [招待講演]ハイパフォーマンススポーツにおけるネットワークがつなぐ人と情報
楠本一樹全日本テコンドー協会)・角一哲児ニシ・スポーツ)・加藤千穂全日本テコンドー協会)・山田裕生日本スポーツ振興センター)・久野峻幸阪体育大)・神田明典全日本テコンドー協会)・澤田泰輔スポーツセンシング)・橋口 寛ユーフォリア)・小田俊明兵庫教大)・大橋卓生金沢工大NS2017-107
ハイパフォーマンススポーツの強化現場における、スポーツPDCAサイクルを円滑に回す1例として、ネットワークを利用した人と... [more] NS2017-107
p.81
PRMU 2017-10-13
14:20
熊本 熊本大学 知能情報処理を活用した学び合い支援システムCollaborative Learning Optimizerの提案 ~ モデル構造と学習者の個性に関する検討 ~
大前佑斗東京高専)・古屋達朗笛川小)・水越一貴デジタルアライアンス)・大島崇行榊原範久兵庫教大)・水落芳明上越教大)・八代一浩山梨県立大)・高橋弘毅長岡技科大PRMU2017-97
近年,アクティブラーニングによる学び合いが有効な教育手法として確立してきている.
本研究では,集団型教育における学び合... [more]
PRMU2017-97
pp.193-198
TL 2017-07-22
16:40
東京 国立国語研究所 Building a Database of Sentence Construction Familiarity of Japanese EFL Learners: Pilot Study
Hirokazu YokokawaKobe Univ.)・Satoshi YabuuchiKyoto Seika Univ.)・Hisaki SatoiRyukoku Univ.)・Michiko BandoShiga Univ.)・Tomoyuki NarumiOsaka Kyoiku Univ,)・Ken-ichi HashimotoHyogo Univ. of Education)・Mayu HamadaAyako HiranoKobe Univ.)・Yasunari HaradaWaseda Univ.TL2017-24
本研究は,日本人英語学習者を対象として,英語の「文構造」に対する親密度(familiarity)データベースを構築するこ... [more] TL2017-24
pp.57-62
ET 2017-01-28
11:30
神奈川 国立特別支援教育総合研究所 特別支援教育実践者と情報技術者の協働へ向けた取り組み ~ 自閉症児のソーシャルスキル向上支援システムの開発を事例として ~
谷口博紀林 佑樹瀬田和久阪府大)・小川修史兵庫教大ET2016-83
特別支援教育実践者と情報技術者が,互いの知識・スキル・ノウハウを特別支援教育の質的向上へと最大限に活かすためには,知識創... [more] ET2016-83
pp.29-34
TL 2016-12-17
13:30
東京 早稲田大学 8 号館 303 / 304 / 305 号室 タスクが第二言語文理解時における言語情報処理に与える影響 ~ 自己ペース読み課題による検討 ~
鳴海智之兵庫教大)・橋本健一阪教大)・中西 弘東北学院大)・横川博一神戸大TL2016-51
本研究では、日本人英語学習者を対象に、句構造規則違反文および意味違反文を読む際に、(1) 適格性判断課題、(2) 文法性... [more] TL2016-51
pp.75-80
HPB
(第二種研究会)
2016-02-18
15:00
東京 東京電機大学 モーションキャプチャを用いた膝アライメントの違いによる運動時のリスク分析
藤本 寛甲南大)・中村浩亮兵庫教大)・曽我部晋哉才脇直樹甲南大
 [more]
ET 2015-09-12
10:35
岡山 岡山大 グループレポートの共有のための同期的協調学習支援システムの試作とそれを用いた授業について
掛川淳一兵庫教大)・伊藤紘二東京理科大ET2015-32
工学系大学の授業において,教師による課題に対するグループレポートの発表を教員と全受講生が共有して行う議論に基づいて教師が... [more] ET2015-32
pp.1-6
AI 2014-02-26
11:30
大阪 大阪電気通信大学 寝屋川キャンパス Web読者の協力を促して伝達度の改善を目指す訳文への補助情報について
長瀬久明周 イク博魏 武ゲツ陳 コウ兵庫教大AI2013-39
日本語の文章に補助情報を付加することにより,機械翻訳の誤訳を避けながら読むことの可否を実験する.3種類の補助情報を考える... [more] AI2013-39
pp.15-20
ET 2009-01-24
09:55
神奈川 国立特別支援教育研究所 教師と保護者に個別の指導計画作成ツールがなぜ重要なのか ~ オンラインIEP策定ツールの開発 ~
成田 滋兵庫教大)・西谷 淳甲賀市教育研)・三原義男勝美システムズET2008-74
 [more] ET2008-74
pp.3-8
EMD 2007-01-23
15:30
東京 東京都八王子労政会館 第52回電気接点に関するIEEEホルム会議の概要報告
関川純哉静岡大)・玉井輝雄兵庫教大)・長谷川 誠千歳科技大)・澤 孝一郎慶大)・服部康弘オートネットワーク技研)・若月 昇石巻専修大
2006年9月25~27日にカナダ・モントリオールで開催された第52回IEEEホルム会議の概要を報告する[1]。10セッ... [more] EMD2006-67
pp.19-24
 15件中 1~15件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会