電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 216件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ISEC, SITE, ICSS, EMM, HWS, BioX
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(共催)
(連催) [詳細]
2019-07-23
09:55
高知 高知工科大学 PRNUノイズに基づく画像クラスタリングにおける類似度計算手法の評価
内田麻衣富岡洋一会津大
違法アップロードや盗撮などの犯罪を防ぐために,イメージセンサーの
パターンノイズであるphoto response n... [more]
ISEC2019-17 SITE2019-11 BioX2019-9 HWS2019-12 ICSS2019-15 EMM2019-20
pp.75-79
ET 2019-07-06
13:00
岩手 岩手県立大学 グループ分け反転授業における自習時の理解度について
梅澤克之湘南工科大)・石田 崇高崎経済大)・中澤 真会津大短大部)・平澤茂一早大
我々は,学生が自宅で自習を行うときに学習ログを取得し,学習時間と理解度の関係から学生を複数のグループに分類した上で教場で... [more] ET2019-19
pp.21-24
ET 2019-06-15
11:05
岐阜 中部学院大学 グループ分け反転授業の2年間の実授業への適用と評価
梅澤克之湘南工科大)・石田 崇高崎経済大)・中澤 真会津大短大部)・平澤茂一早大
近年,授業と宿題の役割を「反転」させ,授業時間に先立って知識習得(自習)を済ませ,教室では知識確認や問題解決学習を行う授... [more] ET2019-10
pp.7-12
SC 2019-05-31
15:45
茨城 物質・材料研究機構(千現地区) Automatic Service Composition based Deep Learning Service Generation
Incheon PaikRyo AtakaAkila SiriweeraUoA
 [more] SC2019-3
pp.19-23
SC 2019-05-31
16:15
茨城 物質・材料研究機構(千現地区) [ショートペーパー]A LEGO Robot Visual Programming Editor for Model-driven BBCoM Environment
Takumi SatoMasayuki TakanoRuth CortezAlexander P. VazheninUniv. of Aizu
 [more] SC2019-4
pp.25-26
RECONF 2019-05-10
10:50
東京 東工大蔵前会館 OpenCLを用いた津波シミュレーションの時間方向並列化によるFPGA実装
河野郁也神戸大)・中里直人会津大
 [more] RECONF2019-12
pp.61-66
HWS, VLD
(共催)
2019-02-27
15:20
沖縄 沖縄県青年会館 一般同期方式における低電力化のための多電源回路の設計フロー
青木誠孝小平行秀会津大
クロックを各記憶素子に同時に分配することを前提としない一般同期方式では,物理遅延を従来のクロック同期方式である完全同期方... [more] VLD2018-102 HWS2018-65
pp.55-60
HWS, VLD
(共催)
2019-03-01
10:25
沖縄 沖縄県青年会館 FPGAを対象とした束データ方式による非同期式回路に対する配置制約についての検討
大竹 樹齋藤 寛会津大
本稿では,Field Programmable Gate Array (FPGA) を対象に束データ方式による非同期式回... [more] VLD2018-123 HWS2018-86
pp.181-186
HWS, VLD
(共催)
2019-03-01
13:05
沖縄 沖縄県青年会館 ハードウェア実装に適した量子化HOG特徴量計算に関する一検討
關口裕介富岡洋一北道淳司会津大
 [more] VLD2018-127 HWS2018-90
pp.205-210
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
CPM, ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2018-12-07
14:10
広島 サテライトキャンパスひろしま 0-1二次計画法によるプロセスばらつきを考慮したモデルベースマスク補正手法
東 梨奈小平行秀会津大)・松井知己高橋篤司東工大)・児玉親亮野嶋茂樹東芝メモリ
半導体製造における回路パターンの限界寸法の縮小のため,光リソグラフィによる半導体加工技術の進歩が求められている.光リソグ... [more] VLD2018-70 DC2018-56
pp.209-214
CS, IE
(共催)
IPSJ-AVM, ITE-BCT
(共催)
(連催) [詳細]
2018-11-29
15:25
徳島 徳島大学 工業会館 [特別招待講演]6DoF-FTV
谷本正幸名古屋産業科学研)・黒川弘国会津大
 [more] CS2018-77 IE2018-56
pp.55-60
KBSE, SC
(共催)
2018-11-09
11:30
兵庫 神戸大学 瀧川記念学術交流会館 Evaluation of the Effectiveness of Recommendation while Managing the Data Density of the Web Service-User Preference
Rupasingha Arachchilage Hiruni Madhusha RupasinghaIncheon PaikUOA
Recommender systems become important in the research and com... [more] KBSE2018-30 SC2018-25
pp.13-18
KBSE, SC
(共催)
2018-11-10
09:00
兵庫 神戸大学 瀧川記念学術交流会館 赤外線センサーに基づく位置認識の短時間学習
大田 亮趙 強福会津大
​The aim of this paper is to reveal the usefulness and possi... [more] KBSE2018-35 SC2018-30
pp.43-46
ET 2018-10-20
15:10
福岡 福岡工業大学 グループ分け反転授業の実授業への適用とアンケート評価
梅澤克之湘南工科大)・石田 崇高崎経済大)・中澤 真会津大短大部)・平澤茂一早大
近年,反転授業が注目され始めた.反転授業とは,授業と宿題の役割を「反転」させ,授業時間に先立ってデジタル教材等により知識... [more] ET2018-49
pp.65-70
ITE-ME, ITE-AIT
(共催)
IE
(連催) [詳細]
2018-10-19
11:10
長崎 長崎総合科学大学 [招待講演]広視野・広視域FTVの実現に向けて
谷本正幸名古屋産業科学研)・黒川弘国会津大
 [more]
SWIM, SC
(共催)
2018-08-24
10:45
東京 法政大学新一口坂校舎 イノベーションアーキテクチャ技法に基づくワークフロー機能評価の試み
菊地伸治会津大
著者が課題意識として持つアーキテクチャ合成の方法論構築に向けて, 思考実験としてワークフロー機能をイノベーションアーキテ... [more] SWIM2018-7 SC2018-14
pp.1-7
CS 2018-07-12
10:56
沖縄 イーフ情報プラザ(久米島) An Energy Efficient Target Specific Code Dissemination Scheme with RPL-based Forwarder Selection Algorithm
Hiromu AsahinaKentaroh ToyodaIwao SasaseKeio Univ.)・P. Takis MathiopoulosUoA)・Hisao YamamotoTCU
In order to fix a bug or install a new application, dissemin... [more] CS2018-23
pp.61-66
CAS, SIP, MSS, VLD
(共催)
2018-06-14
16:15
北海道 北海道大学フロンティア応用科学研究棟 機械学習を用いた配線長予測による解析的配置手法の高速化
干場 樹小平行秀会津大
近年のLSI設計において,回路規模の増大,設計プロセス技術の微細化,要求される性能の向上により,設計制約を満たした配置配... [more] CAS2018-14 VLD2018-17 SIP2018-34 MSS2018-14
pp.75-80
SC 2018-06-01
14:30
福島 会津大学 UBIC 3D Theater Constraint-aware Dynamic Partial Order Plan Generation for Big Data Analytics based on Automatic Service Composition
Akila SiriweeraIncheon PaikUniv. of Aizu
 [more] SC2018-4
pp.19-26
SC 2018-06-01
14:55
福島 会津大学 UBIC 3D Theater Scientific Workflowの動向について
菊地伸治会津大)・細野 繁首都大東京
クラウド環境の定着,Linked Dataの大幅な伸張,IoTの浸透等のコンピューティング環境の大きな変化を受けてサイエ... [more] SC2018-5
pp.27-31
 216件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会