お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 270件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SIS 2020-03-05
14:00
埼玉 埼玉会館 合成刺激により誘発されるSSVEPの個人特徴について
玉木智也板井陽俊中部大SIS2019-41
SSVEPは点滅する視覚刺激に対する脳活動の応答であり, BCIの入力として広く用いられている. SSVEPを用いたBC... [more] SIS2019-41
pp.23-27
SIS 2020-03-06
11:30
埼玉 埼玉会館 視覚刺激の種類及び提示位置とSSVEP誘発の関係性について
吉田 努板井陽俊中部大SIS2019-53
定常状態視覚誘発電位(SSVEP)を用いた
ブレインコンピュータインタフェースによる車椅子制御の際,
利用者が周囲状... [more]
SIS2019-53
pp.91-95
SIS 2020-03-06
11:50
埼玉 埼玉会館 視力がSSVEP誘発量に与える影響
大橋雅輝熊崎友拓板井陽俊中部大SIS2019-54
 [more] SIS2019-54
pp.97-100
NC, MBE
(併催)
2020-03-04
09:30
東京 電気通信大学 多重同心円交差特徴量によるサッカード眼球運動のリアルタイム高精度検出法の提案と評価
白井芳宜平田 豊中部大NC2019-75
多重同心円交差特徴量(Multiple Concentric Circle Feature : MCF)によるサッカード... [more] NC2019-75
p.1
HCS 2020-03-05
10:00
ONLINE オンライン開催 [オンライン] 日常生活に関する主観的評価と個人特性によるスマートフォン依存傾向の違い
三島浩路中部大)・黒川雅幸愛知教大)・永田雅俊小西達也浜村俊傑本庄 勝米山暁夫KDDI総合研究所HCS2019-92
日常生活や将来展望に関する主観的な評価,Big Fiveによる5因子性格特性,および,スマートフォン依存傾向について,高... [more] HCS2019-92
pp.41-45
NC, MBE
(併催)
2020-03-06
09:55
東京 電気通信大学 神経回路の簡易的な疑似記憶サンプル想起法の提案 ~ -疑似サンプルを用いた神経回路の追加学習 ~
佐藤和也山内康一郎中部大NC2019-105
Deep Neural Network の課題の一つとして破滅的忘却が挙げられる.これは学習済みのネットワークに当 たら... [more] NC2019-105
pp.169-174
NC, MBE
(併催)
2020-03-06
10:20
東京 電気通信大学 心拍と呼吸により誘発される前庭動眼反射と覚醒度の関係性評価
山中都史美平田 豊中部大MBE2019-94
前庭系の障害により,心拍の度に視界が揺れ,本が読めなくなったという事例など,心拍によって頭部動揺が生じることは古くから知... [more] MBE2019-94
pp.71-76
SP, EA, SIP
(共催)
2020-03-03
14:00
沖縄 沖縄産業支援センター 話者認識のための音声原波形、線形予測波形、残差波形からの特徴パラメータの比較
中川聖一花井洸斗山本一公中部大EA2019-162 SIP2019-164 SP2019-111
 [more] EA2019-162 SIP2019-164 SP2019-111
pp.355-360
NC, MBE
(共催)
2019-12-06
10:10
愛知 豊橋技術科学大学 小脳スパイキングニューラルネットワークモデルのFPGA実装
進士裕介中部大)・奥野弘嗣阪工大)・平田 豊中部大MBE2019-46 NC2019-37
小脳は運動の制御と学習の中核を担う.小脳の神経回路網の構造と構成要素である各種ニューロンの特性は,長年の解剖・生理学的研... [more] MBE2019-46 NC2019-37
pp.7-12
HIP 2019-10-31
10:45
京都 京都テルサ 歩きスマートフォン操作が及ぼすVORパフォーマンスへの影響
寺本智貴中部大)・山本雅也愛知工科大)・平田 豊中部大HIP2019-57
街中や駅構内で頻繁に見かける「歩きスマホ」は,周囲への注意欠損による重大な事故につながる行為として社会問題となっている.... [more] HIP2019-57
pp.47-52
IPSJ-MPS, IPSJ-BIO
(共催)
NC, IBISML
(併催)
(連催) [詳細]
2019-06-17
15:25
沖縄 沖縄科学技術大学院大学 視認動作時における脳波と視野特性の評価
丸野達也山本昂汰・○稲垣圭一郎中部大NC2019-6
ヒトは,シーンに内在する様々な情報を脳で処理し,シーンの認識や判断を行う.このとき注意の空間分布やそれに伴う視線移動によ... [more] NC2019-6
p.27
WIT 2019-06-16
10:25
東京 早稲田大学 早稲田キャンパス 手話CG Wikiの提案とその評価
金子岬暉田嶋克向澤野弘明愛知工大)・鈴木裕利中部大)・石井成郎一宮研伸大)・酒向慎司名工大WIT2019-2
手話の学習に利用される手話映像の制作では,手話者による撮影が一般的であるが,肖像権の確保や撮影の準備など,撮影の手間の問... [more] WIT2019-2
pp.7-12
WIT 2019-06-16
13:20
東京 早稲田大学 早稲田キャンパス コード化点字ブロックを利用した弱視者向け周辺情報提示手法の検討
飯田優也青木貴也早川智之澤野弘明愛知工大)・鈴木裕利中部大)・千葉和也W&MシステムコンサルタントWIT2019-3
本研究では点字ブロックを利用した情報提示手法を提案する.提案手法では点字ブロックに対してマー
カーを塗布し,周辺情報と... [more]
WIT2019-3
pp.13-18
EA, SIP, SP
(共催)
2019-03-15
10:00
長崎 アイランド ナガサキ(長崎市) 残差波形の相対位相情報の話者認識への有効性の検討
中川聖一山本滉己山本一公中部大EA2018-130 SIP2018-136 SP2018-92
我々は、話者認識のために位相情報に着目し、特徴パラメータとして相対位相を提案し、その有効性を示してきた。相対位相は音源波... [more] EA2018-130 SIP2018-136 SP2018-92
pp.185-190
HCS 2019-03-07
15:15
北海道 北星学園大学 スマートフォンを利用した企業内ウォーキングイベントの効果 ~ イベント参加者の特性による効果の違い ~
三島浩路中部大)・黒川雅幸愛知教大)・小西達也永田雅俊本庄 勝米山暁夫KDDI総合研究所HCS2018-72
本研究では歩くことを促す企業内のイベントが,参加者の歩行を促進するのかどうかを,スマートフォンを利用して実際の歩数を計測... [more] HCS2018-72
pp.31-36
NC, MBE
(併催)
2019-03-06
14:15
東京 電気通信大学 ヒトの予測的視運動性眼球運動の特性評価
松澤裕太平田 豊中部大NC2018-81
本研究は,未だ工学的に実現することが困難な,人やそれ以外の多くの動物に認められる予測性運動制御の脳内神経機構を明らかにし... [more] NC2018-81
p.205
NC, MBE
(併催)
2019-03-06
14:30
東京 電気通信大学 小脳除去手術が並進・傾き複合運動中の金魚の前庭動眼反射に与える影響の評価
中野仁賀平田 豊中部大NC2018-82
本研究は,「並進加速度と重力軸に対する傾きにより生じる加速度はいかなる加速度センサでも識別不能」というEinsteinの... [more] NC2018-82
p.207
MI 2019-01-22
14:50
沖縄 沖縄県青年会館 [ショートペーパー]Towards Annotating Less Medical Images: -- PGGAN-based MR Image Augmentation for Brain Tumor Detection --
Changhee HanUTokyo)・Hideaki HayashiKyushu Univ.)・Leonardo RundoUniv. Cambridge)・Ryosuke ArakiChubu Univ.)・Yudai NaganoUTokyo)・Yujiro FurukawaKanto Rosai Hosp.)・Giancarlo MauriUniv. Milano-Bicocca)・Hideki NakayamaUTokyoMI2018-82
How can we tackle the lack of available annotated medical im... [more] MI2018-82
pp.93-94
PRMU 2018-12-14
10:00
宮城 東北大学 Separation Multi-task Networksによる顔器官点と顔属性の同時推定
松井 涼山下隆義藤吉弘亘中部大PRMU2018-82
マルチタスクラーニングは,単一のDCNNで複数タスクを同時に学習および推定する手法である.しかし,従来のマルチタスクラー... [more] PRMU2018-82
pp.39-44
MBE, NC
(併催)
2018-11-22
13:45
京都 京都大学 前庭動眼反射と視運動性眼球運動ゲイン適応の非対称関係
山中都史美進士裕介池田拓未松山将之平田 豊中部大NC2018-23
眼球運動の主目的の一つは頭部動揺時の視野の安定化にある.前庭動眼反射(VOR)は,頭部運動時に眼球をほぼ同じ速さで反転さ... [more] NC2018-23
p.3
 270件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会