お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 19件中 1~19件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CCS, NLP
(共催)
2019-06-09
09:25
新潟 まちな かキャンパス長岡 2種類のリミットサイクルの結合系でみられるノイズ誘起カオス同期
奥村圭司一橋大)・一木輝久名大NLP2019-29 CCS2019-12
非結合振動子系では共通ノイズによりカオス同期が誘起される.一方で,結合振動子系では,ノイズがカオス同期を``促進''する... [more] NLP2019-29 CCS2019-12
pp.55-58
NLP, CCS
(共催)
2018-06-10
10:20
京都 京都テルサ カオス力学系のネットワーク構造
小林 幹立正大)・斉木吉隆一橋大NLP2018-41 CCS2018-14
 [more] NLP2018-41 CCS2018-14
pp.75-78
LOIS, ISEC, SITE
(共催)
2017-11-10
13:00
京都 京都産業大学むすびわざ館 インターネット研究倫理の必要性とその課題 ~ 海外における展開と日本への導入 ~
大谷卓史吉備国際大)・西條玲奈北大)・久保明教一橋大)・大澤博隆筑波大)・江間有沙東大)・神崎宣次南山大)・服部宏充立命館大)・市瀬龍太郎NII)・秋谷直矩山口大)・駒谷和範阪大)・宮野公樹京大ISEC2017-57 SITE2017-39 LOIS2017-34
 [more] ISEC2017-57 SITE2017-39 LOIS2017-34
pp.51-55
CPSY, RECONF, VLD
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-ARC
(共催)
(連催) [詳細]
2017-01-23
13:50
神奈川 慶大日吉キャンパス 多倍長精度積分計算を加速させる専用システムGRAPE9-MPXの開発とその応用
台坂 博一橋大)・中里直人会津大)・石川 正湯浅富久子高エネルギー加速器研究機構)・似鳥啓吾理研VLD2016-72 CPSY2016-108 RECONF2016-53
我々は多倍長精度積分を加速させる専用計算システムGRAPE9-MPXの開発を進めている.これは, 4倍, 6倍, 8倍精... [more] VLD2016-72 CPSY2016-108 RECONF2016-53
pp.13-18
R 2016-10-21
15:20
沖縄 沖縄県青年会館 結合システムを用いた Linear Connected (1,2)-or-(2,1)-out-of-(2,n): F システムのシステム信頼度の関係式に関する研究
石川 匠首都大東京)・新里 隆一橋大)・中村太信肖 霄首都大東京)・秋葉知昭千葉工大)・山本久志首都大東京R2016-46
本研究では,2個のサブシステムを結合することによって Linear connected (1,2)-or-(2,1)-o... [more] R2016-46
pp.25-29
R 2016-05-28
13:50
愛知 ウインクあいち マルコフ過程を用いたトーラス型connected-(1,2)-or-(2,1)-out-of-(m,n):Fシステムの信頼度算出方法 ~ non-i.i.d.の場合 ~
中村太信山本久志首都大東京)・新里 隆一橋大)・肖 霄首都大東京R2016-3
 [more] R2016-3
pp.13-18
RECONF 2014-09-19
11:00
広島 杜の宿 FPGAを用いた多倍長専用計算機GRAPE9-MPXの開発
元木伸治高エネルギー加速器研究機構)・台坂 博一橋大)・中里直人会津大)・石川 正湯浅富久子高エネルギー加速器研究機構)・福重俊幸川井 敦K & F Computing Research)・牧野淳一郎理研/東工大RECONF2014-29
素粒子物理分野における精密な理論解析のための高次輻射補正には、ループ図形を含むファインマン図の
計算が必要であり、それ... [more]
RECONF2014-29
pp.69-74
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2014-05-30
14:25
沖縄 沖縄産業支援センター 文系と理系の違いが創造的思考に与える影響
和嶋雄一郎東大)・鷲田祐一一橋大)・植田一博東大HCS2014-36 HIP2014-36
 [more] HCS2014-36 HIP2014-36
pp.277-282
MVE, IE, WIT, IMQ
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2013-03-12
10:10
福岡 福岡工業大学 口文字盤読み取り支援システムの検討
伊藤史人一橋大IMQ2012-73 IE2012-177 MVE2012-134 WIT2012-83
ALS等の神経難病は,病状が進行するにつれ運動機能が徐々に低下してゆく.自呼吸が不可能になると,気管切開を行なって人工呼... [more] IMQ2012-73 IE2012-177 MVE2012-134 WIT2012-83
pp.219-222
SP, WIT
(共催)
2012-09-29
11:30
東京 芝浦工業大学 意思伝達装置の利用支援環境改善についての提案
伊藤史人一橋大)・今井啓二仁科恵美子岡部宏生ICT救助隊)・石島健太郎東大)・川口有美子さくら会SP2012-66 WIT2012-18
 [more] SP2012-66 WIT2012-18
pp.45-49
WIT 2012-03-10
11:30
茨城 筑波技術大学 デジタルペンによる視覚障害者の書字訓練手法の開発
伊藤史人一橋大)・工藤 滋筑波大附属視覚特別支援学校WIT2011-85
 [more] WIT2011-85
pp.85-87
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2011-12-07
- 2011-12-09
香川 サンポートホール高松 遠隔講義による発達障害学生への合理的配慮
伊藤史人丸田伯子高見澤秀幸筒井泉雄佐藤郁哉一橋大
発達障害学生は大学生活において多くの困難を抱えている.障害により講義に参加できない学生もあり,退学に至るケースも散見され... [more]
TL 2011-11-26
11:25
東京 早稲田大学 8 号館 303 / 304 / 305 号室 多読本を利用した英語レポート活動の実践について
坪田 康京大)・金子恵美子会津大)・難波彩子早大)・前坊香菜子一橋大)・原田康也早大)・壇辻正剛京大TL2011-44
将来国際的に活躍することが期待される理工系の学生にとって,英語で文献を読み,要約し,理由を付した意見を述べることは必須技... [more] TL2011-44
pp.31-36
TL 2011-11-26
15:15
東京 早稲田大学 8 号館 303 / 304 / 305 号室 雑誌コラムに現れる語彙とモダリティ ~ 副詞と文末表現を中心に ~
前坊香菜子一橋大TL2011-48
文章を書く際には、書く目的や読み手なども含め、「場」に適した文体で書くことが求められる。しかし、日本語学習者の書く文章に... [more] TL2011-48
pp.55-60
TL 2011-06-24
16:20
東京 機械振興会館 言語使用の場と言語テキストの評価
前坊香菜子一橋大)・難波彩子早大)・坪田 康壇辻正剛京大)・○原田康也早大TL2011-7
教育・学習の場においては、授業の進め方に関する指示・授業内容・学習活動の多くが言語的に表現・伝達され、そこで使用される書... [more] TL2011-7
pp.37-42
SANE 2011-06-23
16:45
茨城 JAXA筑波宇宙センター 小型衛星用レーザレフレクタアレイの設計とEM試験評価
國森裕生小室純一NICT)・大坪俊通一橋大)・石井忠司次世代技術)・洲崎保司ユニバース)・竹内 央吉原圭介JAXASANE2011-28
衛星レーザ測距(SLR)用のレーザレフレクターアレイ(LRA)の設計、試作と試験評価について述べる。 LRAの開発は、素... [more] SANE2011-28
pp.65-70
SANE 2011-06-23
17:05
茨城 JAXA筑波宇宙センター 衛星レーザ測距用反射器の遠方界回折パターンの測定と評価
洲崎保司ユニバース)・國森裕生NICT)・石井忠司次世代技術)・大坪俊通一橋大SANE2011-29
 [more] SANE2011-29
pp.71-76
TL 2008-05-23
11:30
東京 東京工科大 タグなしコーパスのフレーズ分析 ~ 日本語とブルガリア語におけるオンライン発話行動の諸相 ~
マルチェフ ミレン一橋大TL2008-4
タグなしコーパスのフレーズ分析をNグラムで行う方法を考案し、日本語とブルガリア語のオンライン上での発話行動の分析に適用し... [more] TL2008-4
pp.17-22
ET 2007-12-15
10:15
福岡 九州大学 マンガ教材における学習者の解釈抽出手法
堀田大輔越山 修山田隆志吉川 厚東工大)・山本秀男一橋大)・寺野隆雄東工大ET2007-57
本研究では,ナラティブアプローチを用いたマンガ教材における学習者の解釈を抽出するために,Kellyのパーソナルコンストラ... [more] ET2007-57
pp.13-18
 19件中 1~19件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会