電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 21件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SANE 2019-10-31
- 2019-11-01
海外 韓国(済州島) CNN-Based Radar-Video Fusion for Object Classification
Chih-Hsuan HuangDan-Dan YaoKun-Shan ChenChiung-Shen KuXuchang Univ.)・Zhao-Liang LiCNRS)・Gen-yuan DuXuchang Univ.
An object classification system based on sensor fusion with ... [more]
MIKA
(第二種研究会)
2019-10-04
11:45
北海道 北海道大学 [依頼講演]光を用いた意思決定メカニズム
成瀬 誠Nicolas Chauvet東大)・Serge HuantUniv. Grenoble Alpes, CNRS, Institut Neel)・砂田 哲金沢大)・内田淳史埼玉大)・長谷川幹雄東京理科大)・堀 裕和山梨大
 [more]
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2018-10-18
15:45
大阪 大阪大学 Evaluation of heat-driven spin-torque in a magnetic tunnel junction through time-resolved measurement
Natsumi FuruichiOsaka Univ.)・Minori GotoOsaka Univ./CSRN)・Hitoshi KubotaKay YakushijiAkio FukushimaShinji YuasaAIST)・Nikita StrelkovUGA,CEA,CNRS,G-INP,INAC-SPINTEC/Lomonosov Moscow State Univ.)・Bernard DienyUGA, CEA, CNRS, G-INP, INAC-SPINTEC)・Shinji MiwaOsaka Univ./CSRN)・Yoshishige SuzukiOsaka Univ./CSRN/AIST
 [more]
ISEC 2018-09-07
12:00
東京 機械振興会館 [招待講演]Extreme Pruningを用いた格子点探索アルゴリズムにおける計算量の下限について (from Crypto 2018)
青野良範NICT)・Phong Q. Nguyen東大)・清藤武暢日本銀行)・四方順司横浜国大
Crypto2018において発表した同タイトルの論文の解説を行う.2010年のEurocryptにおいてGama,Ngu... [more] ISEC2018-56
p.29
SAT, RCS
(併催)
2018-08-09
10:30
岩手 岩手大学 5GFog無線アクセスネットワークのエネルギー利用効率を向上させる無線資源割当て法
Thi Ha Ly Dinh金子めぐみNII)・Lila Boukhatemパリ第11大/CNRS
 [more] RCS2018-131
pp.1-6
QIT
(第二種研究会)
2018-06-04
11:40
広島 広島国際会議場 小会議室ラン Sublinear-Time Quantum Computation of the Diameter in Distributed Networks
Francois Le GallKyoto Univ.)・Frederic MagniezCNRS
 [more]
ISEC 2017-09-04
10:30
東京 機械振興会館 [招待講演]Random Sampling Revisited: Lattice Enumeration with Discrete Pruning
Yoshinori AonoNICT)・Phong Q. NguyenINRIA/CNRS/Tokyo Univ.
 [more] ISEC2017-40
p.3
TL 2017-07-23
15:30
東京 国立国語研究所 [招待講演]Conceptual alternatives
Emmanuel ChemlaCNRS
 [more]
US 2017-04-27
15:20
東京 電気通信大学 超音波照射下のマイクロバブル表面における分子膜形成と脱離
中田真希子谷村望美小山大介同志社大)・Marie Pierre KrafftCNRS
現在臨床において超音波造影剤として用いられるマイクロバブルについて,ドラッグ・デリバリ・システム(DDS)における薬物キ... [more] US2017-9
pp.41-45
OME 2016-10-28
14:40
東京 機械振興会館 Molecular Nanoarrays: from conductance statistics to high-frequency molecular electronics
Jorge TrasobaresKacem SmaaliCNRS)・Akira FujiwaraNTT)・Didier TheronDominique VuillaumeCNRS)・○Nicolas ClementNTT
 [more] OME2016-42
pp.17-20
EA 2014-06-27
14:30
三重 三重大学 頭部伝達関数データセット記述の標準化を目指したSOFA: Spetially Oriented format for Acoustics
岩谷幸雄東北学院大)・渡邉貫治秋田県立大)・Piotr MajdakAAS)・Markus NoisternigIRCAM)・鈴木陽一坂本修一東北大)・高根昭一佐藤宗純秋田県立大
頭部伝達関数(Head-related transfer function: HRTF)や,室内インパルス応答(Dire... [more] EA2014-8
pp.19-23
SS, MSS
(共催)
2014-01-31
16:15
愛知 豊田中央研究所 平行体計算を用いた非線形ハイブリッドシステムのシミュレーション
石井大輔東工大)・Alexandre GoldsztejnCNRS/LINA
 [more] MSS2013-74 SS2013-71
pp.135-139
ED 2013-12-17
14:10
宮城 東北大通研 非対称二重回折格子状ゲート構造HEMTによる超高感度・周波数選択制テラヘルツ波検出
川崎鉄哉畠山信也栗田裕記東北大)・Guillaume DucournauIEMN)・Dominique CoquillatUniv. Montpellier 2 & CNRS)・小林健悟佐藤 昭東北大)・Yahya M. MezianiUniv. Salamanca)・Vyacheslav. V. PopovKotelnikov Inst. Radio Eng. Electron)・Wojciech KnapUniv. Montpellier 2 & CNRS)・末光哲也尾辻泰一東北大
我々は、二次元プラズモン流体非線形性を検出原理とする、独自の非対称二重格子状ゲート構造を有するHEMT(Asymmetr... [more] ED2013-107
pp.97-100
US 2013-07-29
08:50
福岡 九州大学 筑紫キャンパス 血管を模擬した粘弾性チューブの弾性評価
西 翔平池永雄貴松川真美同志社大)・ピエールイヴ ラグレーUPMC
脈波は血管内を伝搬する圧力波が皮膚表面上に変位となって観測されるものである.圧力波は血管内を伝搬するため,血管硬さの影響... [more] US2013-30
pp.41-45
ED 2011-12-15
10:05
宮城 東北大学 電気通信研究所 片平キャンパス内 ナノ・スピン総合研究棟 非対称二重回折格子状ゲート電極を有するInAlAs/InGaAs/InP HEMTを用いた超高感度プラズモニックテラヘルツ波検出器
谷本雄大Stephane Boubanga-Tombet渡辺隆之東北大)・Yuye Wang南出泰亜伊藤弘昌理研)・Denis FateevVyacheslav Popovロシア科学アカデミー)・Dominique CoquillatWojciech Knapモンペリエ第2大)・尾辻泰一東北大
非対称二重回折格子状ゲート電極を有する InAlAs/InGaAs/InP 高電子移動度トランジスタ(HEMT)が、テラ... [more] ED2011-110
pp.57-61
ED 2008-12-20
10:45
宮城 東北大学電気通信研究所 [招待講演]ナノメートルサイズトランジスタにおける2次元プラズマ発振を利用した放射・検出とそれらのテラヘルツイメージングへの応用
エルファティミ アブデルアハド末光哲也尾辻泰一東北大)・モネア ピーデラネ ジェイUniv. Bordeaux)・クナップ ウォイチェックディアコノワ ニーナUniv. Montpellier2
InGaAs/InP、GaAs/AlGaAs、およびGaN/AlGaN ナノメートル級高電子移動度トランジスタの二次元プ... [more] ED2008-194
pp.47-52
ED 2008-12-20
11:25
宮城 東北大学電気通信研究所 HEMTのテラヘルツ帯プラズマ共鳴に与える寄生ゲートフリンジ容量の影響
馬籠伸紘西村拓也東北大)・Irina Khmyrova会津大)・末光哲也東北大)・Wojtek Knapモンペリエ第2大)・尾辻泰一東北大
高電子移動度トランジスタ(HEMT)の2次元電子ガス(2DEG)チャネル内で励起されるプラズモンの基本共鳴周波数に及ぼす... [more] ED2008-195
pp.53-58
NC 2007-11-19
13:00
佐賀 佐賀大学 有色雑音による非同期的持続発火活動の安定化
濱口航介理研)・Nicolas BrunelCNRS
遅延反応課題を遂行中のサルの前頭葉には,短期的記憶の内容依存的に持続的発
火を示す神経が存在する.この短期的記憶は,... [more]
NC2007-67
pp.71-76
AP 2007-09-06
10:10
東京 機械振興会館 DEMETER衛星を用いた地震に伴う電離層擾乱の検出
武藤史弥吉田麻里堀江 匠早川正士電通大)・Michel ParrotLPCE/CNRS
近年地震にともなって電離層が擾乱を受けることが明らかになってきている.本報告では仏国の地震電磁気専用衛星DEMETER上... [more] AP2007-76
pp.13-18
NC 2007-03-14
14:50
東京 玉川大学 前頭葉神経活動で観察される多安定性と不規則な発火パターンは、抑制性優位な神経回路で説明できる
濱口航介理研)・Nicolas BrunelCNRS Universite-Rene Descartes
遅延反応テスト課題を行うサルの前頭葉には,記憶すべき視覚刺激の位置に特異的な高頻度発火活動を示す神経細胞の存在が知られて... [more] NC2006-127
pp.55-60
 21件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会