お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 7件中 1~7件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2018-07-06
13:50
東京 早稲田大学 電析FePtCuのL10規則化促進に向けた微細構造制御
堤 優也神戸茉奈早大)・ジョバンニ ザンガリバージニア大)・本間敬之早大MRIS2018-13
我々はビットパターンドメディア(BPM)の形成プロセスとしてリソグラフィ技術と電解析出法を組み合わせた手法の検討を行って... [more] MRIS2018-13
pp.13-17
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2017-07-07
13:00
東京 東京工業大学 電解析出法によるFePtナノドットアレイのL10規則化の促進及び微細構造解析
神戸茉奈ヴォダルツ ジギー橋本尚吾早大)・Giovanni Zangariバージニア大)・本間敬之早大MR2017-11
我々はリソグラフィ技術と電解析出法を組み合わせたビットパターンメディア(BPM)の形成手法を検討してきた.従来の検討にお... [more] MR2017-11
pp.1-5
ICD 2017-04-21
10:00
東京 機械振興会館 [依頼講演]A 55nm Ultra Low Leakage Deeply Depleted Channel Technology Optimized for Energy Minimization in Subthreshold SRAM and Logic
Harsh N. PatelAbhishek RoyFarah B. YahyaNingxi LiuBenton CalhounUVA)・Akihiko HaradaFEA)・Kazuyuki KumenoMakoto YasudaTaiji EmaMIFSICD2017-11
本稿では55nm超低リークDDC技術によるULL(Ultra-Low Leakage)トランジスタを用いた回路特性の評価... [more] ICD2017-11
pp.57-61
PN 2016-11-17
14:05
埼玉 KDDI総合研究所(ふじみ野市, 埼玉) 広域ネットワークにおける計算機資源とネットワーク資源を考慮したHadoopタスク割り当て方式
松野伴拓Bijoy Chand ChatterjeeNattapong Kitsuwan大木英司電通大)・Malathi Veeraraghavanバージニア大)・岡本 聡山中直明慶大PN2016-31
本論文では, 計算資源とネットワーク資源に応じたHadoopタスク割当方式の性能を, Hadoopのシステムに実装し評価... [more] PN2016-31
pp.31-37
PN 2016-09-02
12:10
北海道 KKRはこだて The ACTIONプロジェクト:アプリケーションと仮想ネットワーク、トランスポートとの連携技術
山中直明岡本 聡今給黎薫弘荒瀬眞依慶大)・大木英司電通大)・Malathi Veeraraghavanバージニア大PN2016-25
あらまし インターネットトラヒックの増加が進むため、リンクの容量は、5~10 年後を考えて、オーバーオー バープロビジ... [more] PN2016-25
pp.65-69
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2016-07-08
13:00
東京 中央大学 電解析出法による多層構造を有したFePtナノドットアレイの低温L10規則化の検討
齋藤 学ヴォダルツ ジギー橋本尚吾早大)・Giovanni Zangariバージニア大)・本間敬之早大MR2016-13
我々は電解析出法とリソグラフィを組み合わせたビットパターン媒体(BPM)形成手法を検討してきた.本研究では,パルス電析法... [more] MR2016-13
pp.1-5
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2015-07-10
15:20
東京 早稲田大学 パルス電析法を用いたFePtナノドットアレイの高保磁力化の検討
西家大貴ヴォダルツ ジギー謝 承達齋藤 学阿部純也早大)・Giovanni Zangariバージニア大)・本間敬之早大MR2015-13
我々は電気化学的手法とリソグラフィ技術を組み合わせたビットパターンドメディア(BPM)形成手法を検討してきた.本研究では... [more] MR2015-13
pp.25-29
 7件中 1~7件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会