電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 48件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SeMI, RCS, NS, SR, RCC
(併催)
2019-07-10
13:00
大阪 I-Siteなんば(大阪) ダイナミックマップデータ収集・配信するため次世代モバイルネットワークアーキテクチャーに関する研究
孫 朝霞杜 平東大)・鐘 雷大西亮吉トヨタ自動車)・中尾彰宏東大
 [more] NS2019-43
pp.1-6
AI, IPSJ-ICS, JSAI-KBS, JSAI-DOCMAS, JSAI-SAI
(連催)
2019-03-09
13:20
北海道 ルスツリゾート 多変量時系列変数マルチチャネル変換画像分類における深層学習の適用
蛭田興明梁木俊冴高屋英知慶大)・伊藤千輝荒牧大樹ネットワンシステムズ)・稲垣隆雄山岸典生トヨタ自動車)・栗原 聡慶大
近年,IoTやセンサ技術の発展により,多様な時系列データを取得できる時代となっている.この場合に,多次元データに対し,変... [more] AI2018-54
pp.7-11
EE 2019-01-17
11:35
熊本 熊本市国際交流会館 太陽電池セルの拡散容量を利用したスイッチトキャパシタ式セルレベル部分影補償器とその最大電力点追尾制御手法の開発
齋藤陽太鵜野将年茨城大)・浦部心一トヨタ自動車
複数の太陽電池セルの直列接続により構成される太陽電池モジュールに部分影が発生すると,各セルの電気特性にアンバランスが生じ... [more] EE2018-53
pp.91-96
EMCJ, IEE-EMC
(連催)
2018-12-14
09:55
愛知 (株)デンソー BCI(Bulk Current Injection)プローブを用いた平準化評価技法
前田 登SOKEN)・城本 誠トヨタ自動車
部品に対するイミュニティ試験であるBulk Current Injection (BCI)試験系について,周波数帯域にわ... [more] EMCJ2018-89
pp.13-18
HCGSYMPO
(第二種研究会)

三重 シンフォニアテクノロジー響ホール伊勢(伊勢市) AI技術による保育園1-2歳児の社会行動自動測定の試み ~ 保育者へのアタッチメント的近接行動,他児への攻撃,共感,向社会的行動 ~
西田季里東大CEDEP)・市川慎一郎佐藤彰矩中野智弘馬場 健林 伸樹トヨタ自動車)・野澤祥子東大CEDEP)・小山悠里遠藤利彦東大
保育園での我が子の育ちの瞬間を効率的に見ることができたら…というのは保育園に通う多くの乳幼児を持つ親の願いであり,また,... [more]
MVE, ITE-HI
(連催)
2018-06-15
15:10
東京 福武ホール 地下2階 福武ラーニングシアター(会場変更になりました) 自動運転システムにおける未来予測位置提示手法の基礎検討
近藤駿介鳴海拓志東大)・小野佐弥香不破本義孝トヨタ自動車)・谷川智洋廣瀬通孝東大
 [more] MVE2018-8
pp.155-159
NLP, CCS
(共催)
2018-06-10
12:10
京都 京都テルサ ヒステリシス特性を有するアクセルペダルのモデル化に向けた検討
大沼研太山仲芳和宇都宮大)・高松秀樹トヨタ自動車)・吉田勝俊宇都宮大
ドライバーにストレスや疲労を与えない操作系が必要とされている.その1つであるアクセルペダルでは,ペダル踏力とペダルストロ... [more] NLP2018-45 CCS2018-18
pp.97-101
AP 2018-03-09
14:25
群馬 ホテル一井(群馬・草津温泉) ADAS評価用車両ダミーのミリ波反射特性モデル化
山田直之豊田中研)・吉田健志森 昭太武冨 彰トヨタ自動車)・町田貴史豊田中研
車載ミリ波レーダの仮想環境評価技術を確立することを目的として,衝突防止支援システムなどのADASの基本性能をテストする際... [more] AP2017-203
pp.63-68
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2017-12-13
- 2017-12-15
石川 金沢歌劇座(金沢) マルチタスクにおける注意誘導刺激の評価
鈴木善樹大本義正京大)・大瀧 翔森 大樹トヨタ自動車)・西田豊明京大
ARアプリのような従来の活動と並行して利用される可能性の高い技術が広まる今日,マルチタスクにおいて注意の偏りからタスクの... [more]
IBISML 2017-11-10
13:00
東京 東京大学 [ポスター講演]Multi-Task Learning with Positive and Unlabeled Data and Its Application to Mental State Prediction
Hirotaka KajiHayato YamaguchiToyota Motor)・Masashi SugiyamaRIKEN/UTokyo
 [more] IBISML2017-66
pp.235-242
HIP 2017-10-23
16:30
京都 京都テルサ 情動誘発画像を用いたEEG・NIRS信号の分類
龍 進吾東 広志豊橋技科大)・村松潤哉トヨタ自動車)・中内茂樹南 哲人豊橋技科大
点滅する情動誘発画像が呈示された際の脳活動を情動誘発画像のパラメータであるvalenceとarousalに基づく感情状態... [more] HIP2017-64
pp.39-42
HIP 2017-10-24
15:10
京都 京都テルサ 瞳孔計測を用いたヒトの情動状態の評価
中古賀 理東 広志豊橋技科大)・村松潤哉トヨタ自動車)・中内茂樹南 哲人豊橋技科大
近年,ヒトの瞳孔径を計測することによって様々な認知状態を推定するという研究が盛んにおこなわれており,その1つとして情動に... [more] HIP2017-78
pp.93-96
ITE-ME, ITE-AIT
(共催)
IE
(連催) [詳細]
2016-10-06
11:00
福岡 福岡大学 姿勢推定のための局所特徴量を用いた符号化マーカの提案
小堀訓成トヨタ自動車)・出口大輔井手一郎村瀬 洋名大
本稿で提案するマーカは,(i)雑然とした環境でも見つけやすい",(ii)マーカの姿勢を算出可能,(iii)マーカの占有面... [more] IE2016-65
pp.1-5
PRMU, SP, WIT, ASJ-H
(共催)
2016-06-13
11:15
東京 NTT武蔵野研究開発センター 深層学習を用いた多様体構築による3次元物体の姿勢推定に関する予備検討
二宮宏史川西康友出口大輔井手一郎村瀬 洋名大)・小堀訓成橋本国松トヨタ自動車
近年,物体の3次元姿勢推定技術が注目されている.従来技術として,3次元姿勢変化による2次元画像上での見えの変化を,低次元... [more] PRMU2016-39 SP2016-5 WIT2016-5
pp.25-30
EMCJ, IEE-EMC
(連催)
2015-12-18
10:45
愛知 豊田中央研究所 電力変換器の接地に着目したFM帯伝導ノイズ電流の解析
木田喜啓小澤達也大岡信治深川康弘日本自動車部品総研)・鳥居 薫トヨタ自動車
DC-DCコンバータ等の電力変換器の筐体、車両ボデー(以下ボデー)及び同筐体をボデーに電気的に接続(接地)する導体は、電... [more] EMCJ2015-92
pp.13-18
EMCJ, IEE-EMC
(連催)
2015-12-18
16:35
愛知 豊田中央研究所 [特別講演]自動車のEMCのこれまでと今後の展望
大江準三トヨタ自動車
自動車のEMC性能を確保することは,車両型式認定におけるEMC性能要件の達成のみならず,放送受信や移動体での無線通信によ... [more] EMCJ2015-102
pp.75-80
IPSJ-BIO, IPSJ-MPS
(連催)
NC, IBISML
(併催) [詳細]
2015-06-25
09:30
沖縄 沖縄科学技術大学院大学 Bradley-Terryモデルのオンライン密度推定
松本一成トヨタ自動車)・○畑埜晃平瀧本英二九大
本論文では Bradley-Terry モデルのオンライン密度推定問題を考える.Bradley-Terry モデルは $... [more] IBISML2015-21
pp.173-180
EA, US
(併催)
2014-01-28
15:45
大阪 関西大学 100周年記念会館 高次統計量に基づく教師なし音声品質評価尺度を用いた音声認識率予測の検討
平野佑佳宮崎亮一猿渡 洋中村 哲奈良先端大)・高谷智哉トヨタ自動車
本論文では,音声認識率の予測における音声歪みの教師なし評価尺度として音声カートシス比を導入する.
音声認識率予測の説明... [more]
EA2013-119
pp.93-98
SSS 2013-09-26
13:30
東京 機械振興会館 [招待講演]ドライバの眠気軽減を目的とした短時間仮眠技術の開発 ~ 刺激提示による浅い眠り維持の検討 ~
飯塚尚司トヨタ自動車
車両搭乗者の運転中の眠気軽減を目的とした20分程度の短時間仮眠技術の開発をした.起きた後に覚醒度が低下しないよう仮眠中に... [more] SSS2013-17
pp.11-14
EA 2013-07-19
15:45
北海道 北海道医療大学 Semi-Blind Optimization Scheme of Joint Suppression of Background Noise and Late Reverberation
Fine D. AprilyantiHiroshi SaruwatariKiyohiro ShikanoSatoshi NakamuraNAIST)・Tomoya TakataniToyota
 [more] EA2013-52
pp.111-116
 48件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会