お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 9件中 1~9件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IA 2021-09-08
14:25
ONLINE オンライン開催 Cloud native IOT architectureの提案とその応用
下條真司阪大)・山口琉太京都産大)・瀧崎 尚矢野英人木戸善之義久智樹阪大)・河合由起子京都産大)・増田欣之ダイキン工業)・山本松樹阪大IA2021-22
 [more] IA2021-22
pp.49-53
HCS 2021-03-16
12:50
ONLINE オンライン開催 コロナ禍における孤独 ~ 第一次緊急事態宣言下におけるパネル調査 ~
高橋英之伴 碧石黒 浩阪大)・近江奈帆子ダイキン工業HCS2020-79
 [more] HCS2020-79
pp.67-72
QIT
(第二種研究会)
2019-11-18
13:50
東京 学習院大学 [ポスター講演]格子ボルツマン法における衝突ステップのための量子アルゴリズム
大森 遼中西佑児田中昌弘高根沢 悟ダイキン工業
数値流体力学(CFD)の手法の1つである格子ボルツマン法(LBM)に基づく流体シミュレーションを実現する量子アルゴリズム... [more]
LOIS 2019-03-08
11:40
沖縄 宮古島市中央公民館 視聴覚室 浅い眠気のモデル予測制御とその評価:オフィスワーカーの生産性向上
向後卓磨辻川剛範木内幸浩NEC)・西野 淳橋本 哲ダイキン工業LOIS2018-72
本報告では,オフィスワーカーの生産性向上のための浅い眠気を改善するモデル予測制御の方式を提案する.予測モデルを用いてオフ... [more] LOIS2018-72
pp.97-102
NC, MBE
(併催)
2019-03-05
09:55
東京 電気通信大学 睡眠中の脈派信号から得られる周期的脈拍数変動解析による睡眠時無呼吸の検出
湯田恵美名古屋市大)・虎本紗代樋江井武彦ダイキン工業)・早野順一郎名古屋市大MBE2018-95
様々な生体信号モニタが急速に普及する中で、夜間睡眠中の脈派信号がえられる機会が増えてきた。本研究では、睡眠中の脈派信号か... [more] MBE2018-95
pp.51-52
OME, IEE-DEI
(連催)
2017-07-28
15:10
富山 富山大学 有機薄膜太陽電池の高電圧化を志向したフラーレンの分子設計とデバイス評価
辛川 誠金沢大)・永井隆文ダイキン工業OME2017-20
本研究では,有機薄膜太陽電池の用途開発に寄与すると考えられる高電圧化技術について,材料開発の立場から新しいフラーレン誘導... [more] OME2017-20
pp.29-32
MRIS, IEE-MAG
(連催)
2017-03-10
13:50
愛知 名古屋大学 多段階多光子吸収を用いたナノ秒単発レーザーパルスによるホログラフィックポリマー媒体への記録ピットの形成
鎌田賢司産総研)・佐藤数行田中義人ダイキン工業MR2016-61
色素をドープしたホログラム形成ポリマー媒体へのナノ秒単発レーザーパルス(波長402 nm)による光記録の形成を行った.二... [more] MR2016-61
pp.25-28
OME, IEE-DEI
(連催)
2016-07-15
10:45
石川 金沢大学 (7/14),しいのき迎賓館 (7/15) フラーレンを基盤とするn型半導体材料開発
辛川 誠金沢大)・永井隆文足立健二ダイキン工業)・家 裕隆安蘇芳雄阪大OME2016-31
 [more] OME2016-31
pp.41-45
ED 2010-06-18
11:50
石川 北陸先端大 ウェトプロセスによるメタルゲートの光コロージョン
渡辺大祐ダイキン工業)・木村千春青木秀充阪大ED2010-46
次世代の高誘電率材料(High-K)ゲート絶縁膜とメタルゲート電極の構造(High-K/メタルゲート構造) における H... [more] ED2010-46
pp.69-74
 9件中 1~9件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会