お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 11件中 1~11件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NS, IN
(併催)
2020-03-05
10:10
沖縄 Royal Hotel 沖縄残波岬 リアルタイム生体情報モニタリングのための無線マルチホップネットワークシステムの開発
濱上卓磨川本康貴OKI)・原 晋介阪市大)・四方博之関西大)・宮本龍介明大)・奥畑宏之ソリトンシステムズNS2019-180
 [more] NS2019-180
pp.21-26
MI, MICT
(共催) [詳細]
2019-11-05
10:20
茨城 筑波大学 様々な運動中の心拍センサの性能評価
島崎拓則原 晋介阪市大)・四方博之関西大)・宮本龍介明大)・川本康貴OKI)・奥畑宏之ソリトンシステムズMICT2019-26 MI2019-53
 [more] MICT2019-26 MI2019-53
pp.9-13
MIKA
(第二種研究会)
2019-10-03
11:15
北海道 北海道大学 [ポスター講演]リアルタイム生体情報モニタリングのための無線マルチホップネットワーキング
濱上卓磨川本康貴OKI)・原 晋介阪市大)・四方博之関西大)・宮本龍介明大)・島崎拓則奥畑宏之ソリトンシステムズ
 [more]
SeMI, RCS, NS, SR, RCC
(併催)
2019-07-10
10:45
大阪 I-Siteなんば(大阪) 大量の移動ノードに対する高信頼な無線ネットワーキングの確立を目指して
原 晋介阪市大)・四方博之関西大)・宮本龍介明大)・川本康貴OKI)・奥畑宏之ソリトンシステムズ)・小野文枝NICTRCC2019-11
運動場等の屋外の広い領域で運動している大量の人間からウェアラブル端末を使って生体情報を収集することは,無線モバイルセンサ... [more] RCC2019-11
pp.1-6
SeMI, RCS, NS, SR, RCC
(併催)
2019-07-11
10:40
大阪 I-Siteなんば(大阪) [ポスター講演]マルチホップ移動センサネットワークにおける適応スーパーフレーム変更の実験的検証
丸尾博人原 晋介阪市大)・濱上卓磨川本康貴OKI)・四方博之関西大)・奥畑宏之ソリトンシステムズRCC2019-26 NS2019-62 RCS2019-119 SR2019-38 SeMI2019-35
屋外で運動している大量の人間から無線を使って生体情報をリアルタイムに収集できるシステムAccuWiSe (Accurat... [more] RCC2019-26 NS2019-62 RCS2019-119 SR2019-38 SeMI2019-35
pp.79-83(RCC), pp.105-109(NS), pp.101-105(RCS), pp.111-115(SR), pp.93-97(SeMI)
RCC, MICT
(共催)
2019-05-29
15:30
東京 東京ビッグサイト [ポスター講演]運動者のリアルタイム生体情報モニタリング ~ 移動対応無線通信プロトコル ~
濱上卓磨川本康貴OKI)・原 晋介阪市大)・四方博之関西大)・島崎拓則ソリトンシステムズRCC2019-5 MICT2019-5
 [more] RCC2019-5 MICT2019-5
pp.19-23
RCC, MICT
(共催)
2018-05-24
13:00
東京 東京ビッグサイト [ポスター講演]運動している人間集団に対するリアルタイム生体情報収集システム
原 晋介阪市大)・四方博之関西大)・宮本龍介明大)・濱上卓磨川本康貴OKI)・島崎拓則奥畑宏之ソリトンシステムズRCC2018-13 MICT2018-13
 [more] RCC2018-13 MICT2018-13
pp.61-65
NS, IN
(併催)
2018-03-02
10:00
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート 生体情報収集ネットワークにおける移動対応無線通信プロトコルのフィールド実験
濱上卓磨OKI)・原 晋介阪市大)・四方博之関西大)・宮本龍介明大)・川本康貴OKI)・奥畑宏之ソリトンシステムズ)・福井 潔柳原健太郎OKIIN2017-120
ウェアラブルデバイスやICT技術を駆使し,運動中の人体から生体情報をリアルタイムにモニタリングすることができれば,熱中症... [more] IN2017-120
pp.183-188
SRW 2017-08-21
11:20
京都 京都大学 生体情報収集のための高信頼な移動対応無線通信プロトコル
濱上卓磨OKI)・原 晋介阪市大)・四方博之関西大)・宮本龍介明大)・川本康貴OKI)・奥畑宏之ソリトンシステムズSRW2017-11
ウェアラブルデバイスやICT技術を駆使し,運動中の児童の生体情報をリアルタイムにモニタリングすることができれば,熱中症な... [more] SRW2017-11
pp.13-18
SANE 2016-06-24
13:50
茨城 JAXAつくば宇宙センター 高位合成による探査機搭載画像処理アルゴリズムのFPGA化スキーム
石田貴行JAXA)・狩谷和季総研大)・福田盛介JAXA)・木下智雄梶原邦弘ソリトンシステムズSANE2016-15
近年,宇宙機搭載用のアルゴリズムは複雑化しており,高位合成を用いることによるハードウェア設計期間の短縮化が求められている... [more] SANE2016-15
pp.31-36
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2011-11-29
09:00
宮崎 ニューウェルシティ宮崎 システムレベル通信モデルにおけるFIFOベース通信チャネルの効率化機構と自動合成
湊 雅登安藤友樹柴田誠也名大)・木下智雄ソリトンシステムズ)・本田晋也高田広章名大VLD2011-67 DC2011-43
既存のシステムレベル設計ツールSystemBuilderで定義されるデータ通信モデルにおいて,FIFOベースの通信チャネ... [more] VLD2011-67 DC2011-43
pp.91-96
 11件中 1~11件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会