お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SIS 2014-12-19
14:30
京都 京都リサーチパーク(京都市) Sensor Data Visualization in Non-video Remote Collaboration Situations
Michael VogelGeorgia Inst. of Tech.)・Yasuhiro MochidaDaisuke ShiraiTatsuya FujiiNTTSIS2014-89
 [more] SIS2014-89
pp.125-130
CS 2013-11-15
10:10
北海道 登別温泉 第一滝本館(北海道) Developer-Focused API Design for Remote Multimodal Interaction
Marc CarrollGeorgia Inst. of Tech.)・Yasuhiro MochidaDaisuke ShiraiTatsuya FujiiNTTCS2013-55
 [more] CS2013-55
pp.87-92
WIT 2013-10-26
13:55
鹿児島 霧島国際ホテル(鹿児島県霧島市) 確率共鳴現象を利用した触覚知覚感度の向上効果に関する考察
栗田雄一末田大和広島大)・上田 淳ジョージア工科大)・辻 敏夫広島大WIT2013-45
我々は,微少な振動を与えることで外部刺激に対する知覚感度が向上する現象(確率共鳴現象)を利用することで触覚感度を向上させ... [more] WIT2013-45
pp.13-16
MBE, NC
(併催)
2013-03-13
10:40
東京 玉川大学 腱振動刺激による運動錯覚を用いた動作教示法の検討
仲田佳弘石黒 浩阪大)・上田 淳ジョージア工科大NC2012-139
リハビリテーションや技術の必要な作業の習得において,特定の動作の教示を行う際には,口頭による指示や直接触れて実際に関節を... [more] NC2012-139
pp.31-36
PRMU, MVE
(共催)
IPSJ-CVIM
(併催) [詳細]
2013-01-24
11:10
京都 京都大学 Obtaining Shading Properties from Multi-Viewpoint Images
Ryan JonesGeorgia Inst. of Tech.)・Yasuhiro YaoHarumi KawamuraAkira KojimaNTTPRMU2012-114 MVE2012-79
Integrating virtual models into real environments requires r... [more] PRMU2012-114 MVE2012-79
pp.275-280
MBE 2008-09-25
13:55
長野 信州大学工学部 冠動脈狭窄モデル内の拍動流と変形に対する末梢側抵抗周期的変動の影響
小林俊一季 傑森川裕久信州大)・Dalin TangWPI)・David N. KuGeorgia Tech.MBE2008-48
粥状動脈硬化症による動脈の高度な狭窄の下流側では,血流が増加して負圧となり,動脈硬化班が圧縮される.この圧縮が動脈硬化班... [more] MBE2008-48
pp.119-122
CPSY 2006-12-15
14:50
東京 東大駒場リサーチキャンパス [招待講演]Modeling, Finding, Annalyzing and Taming TOCTTOU Vulnerabilities in Unix-Style File Systems
Calton PuJinpeng WeiGeorgia Inst. of Tech
 [more] CPSY2006-49
pp.59-60
MBE 2006-09-25
10:20
長野 信州大繊維学部 動脈狭窄モデルにおける模擬血液の拍動流と壁変形の相互作用
佐藤 晋小林俊一森川裕久石井慎二藤井敏弘信州大)・ダーリン タンウースター工科大)・デービッドエヌ クージョージア工科大
 [more] MBE2006-43
pp.17-20
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会