お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 14件中 1~14件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
WIT 2019-06-16
13:20
東京 早稲田大学 早稲田キャンパス コード化点字ブロックを利用した弱視者向け周辺情報提示手法の検討
飯田優也青木貴也早川智之澤野弘明愛知工大)・鈴木裕利中部大)・千葉和也W&MシステムコンサルタントWIT2019-3
本研究では点字ブロックを利用した情報提示手法を提案する.提案手法では点字ブロックに対してマー
カーを塗布し,周辺情報と... [more]
WIT2019-3
pp.13-18
SIS 2017-03-02
14:10
神奈川 神奈川工大横浜サテライト タイル色を考慮した熱画像解析による外壁異常の検出支援
前田和輝近藤克哉三柴 数小山田雄仁鳥取大)・藏光 誠サンイン技術SIS2016-48
外壁調査の分野では調査時間が短く,安全である赤外線調査が注目されている.従来はタイル外壁の色を考慮せず温度データのみを解... [more] SIS2016-48
pp.35-40
SANE 2015-11-27
14:10
宮城 東北大学(片平さくらホール) 多配列型レーダを使用しての実験
加藤義博大地コンサルタントSANE2015-79
 [more] SANE2015-79
pp.81-84
EID, SID-JC
(共催)
ITE-IDY
(連催) [詳細]
2015-07-30
13:25
東京 機械振興会館 目に優しい高輝度TFT-LCDに供せられるバックライトの実現可能性について
村岡哲也内村俊二第一工大)・池田弘明コンサルタント
現行のラップトップPCではエッジライト駆動方式が主流であるが,こうしたバックライトは光量不足のために屋外使用には適さない... [more]
SSS 2014-04-17
13:00
東京 日大理工学部駿河台キャンパス 鉄道信号における安全関連システムのLCC(ライフサイクルコスト)に関する研究(その1)
塚本大吾大串裕郁JR西日本)・中村英夫高橋 聖日大)・山本正宣シグナルコンサルタントSSS2014-1
鉄道信号システムにおける安全関連システムを安全性の高いシステムで構成した場合,LCCの評価では,初期投資額は高いが事故に... [more] SSS2014-1
pp.1-4
MVE, IE, IMQ, CEA
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2014-03-07
10:30
大分 別府国際コンベンションセンタ [招待講演]新たに国際標準化されたHEVC画像符号化規格と次世代TV放送規格の状況
山田恭裕コンサルタントCQ2013-98
昨年、国際技術規格標準HEV(High Efficiency Video Coding)画像圧縮符号化規格がISO/IE... [more] CQ2013-98
pp.53-58
SSS 2012-11-22
13:40
東京 芝浦工大 情報システムの信頼性安全性技術の動向 ~ IBM大規模システムにおけるRASの展開の視点から ~
北沢 強日本IBM)・夏目 武RAMS_OfficeSSS2012-18
 [more] SSS2012-18
pp.5-10
SSS 2012-03-16
14:20
東京 明治大学 安全関連システムの安全コストの考察 ~ 鉄道システムの例 ~
山本正宣シグナルコンサルタント)・中村英夫日大SSS2011-27
 [more] SSS2011-27
pp.9-12
SANE 2011-11-25
09:30
奈良 (独)奈良文化財研究所 地下レーダ探査を用いた人工海浜の空洞化調査 ~ 不陸のメカニズムと探査時期について ~
田中謙次野村成宏田中地質コンサルタント)・中島謙二郎国交省)・小野信幸エコーSANE2011-121
人工海浜の空洞化調査において地下レーダを用いて広域的な調査を実施した。人工海浜の「砂浜」で発生する不陸のメカニズムを解明... [more] SANE2011-121
pp.47-51
EMD 2011-05-20
13:05
宮城 東北大学 サイバーサイエンスセンター Contact Capacitance of 10-1000 Microfarads in Parallel with Contact Resistances between Closed Metal Electrodes
Eisuke TakanoConsultantEMD2011-1
 [more] EMD2011-1
pp.1-6
CPM 2007-08-10
10:05
山形 山形大学 [招待講演]有機EL開発の現状と今後の展望
當摩照夫技術コンサルタントCPM2007-46
 [more] CPM2007-46
pp.53-57
KBSE 2006-11-24
15:40
沖縄 琉球大学工学部 オントロジーを用いた要求獲得手法の評価
大西 淳立命館大)・加藤潤三フリーコンサルタント
特定分野に属するソフトウェア要求に関する知識を体系化したオントロジーを用いて,要求を獲得する手法を紹介し,比較実験を通し... [more] KBSE2006-36
pp.25-30
SS 2006-08-03
17:00
北海道 北海道大学工学部M棟 要求獲得におけるシソーラスの効果・効用について
加藤潤三フリーコンサルタント)・佐伯元司東工大)・大西 淳立命館大)・海谷治彦信州大)・山本修一郎NTTデータ
 [more] SS2006-32
pp.43-48
SANE 2005-07-29
15:15
東京 電子航法研究所 GPSによる精密単独測位 (PPP) 法の精度評価
高須知二技術コンサルタント)・笠井晶二笠井デザインオフィス
精密単独測位(PPP)法はGPS精密衛星軌道、時計及び搬送波位相観測値を使用し、基準点なしに独立に精密測位を行う手法であ... [more] SANE2005-45
pp.31-35
 14件中 1~14件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会