お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 34件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EID, IEE-EDD, ITE-3DIT, ITE-AIT, ITE-IDY
(連催)
2019-11-11
10:45
東京 大田区民ホール・アプリコ小ホール [招待講演]2.5億画素-超高解像度イメージング技術を用いた超高精細ドーム映像 ~ HMD-LESS実写-高臨場感Virtual Reality ~
小川勝久キヤノン)・尾久土正巳和歌山大
 [more]
SID-JC
(共催)
ITE-IDY, EID
(連催) [詳細]
2019-08-02
14:40
東京 機械振興会館 [依頼講演]解像力1.2μm G6露光装置の開発
長野浩平籔 伸彦八講 学安藤美和子和泉 望大嵜美紀キヤノン
 [more]
SDM, ICD
(共催)
ITE-IST
(連催) [詳細]
2017-08-01
14:25
北海道 北海道大学情報教育館 [招待講演]CMOSイメージセンサにおける高性能化と高機能化
高橋秀和キヤノン
 [more]
IMQ 2017-05-19
13:30
東京 成蹊大学 IQSP14調査報告
中口俊哉千葉大)・前田 充キヤノン)・齊藤新一郎ソニーIMQ2017-1
画像工学に関する総合的国際会議 Electronic Imaging において,画質に関する会議 Image Quali... [more] IMQ2017-1
pp.1-7
EST, OPE, LQE, EMT, PN, MWP
(共催)
IEE-EMT
(連催) [詳細]
2015-01-29
10:55
大阪 大阪大学 豊中キャンパスΣホール 背景散乱光を用いた回折光学素子の形状推定
八講 学キヤノン)・喜入朋宏茨田大輔谷田貝豊彦早崎芳夫宇都宮大PN2014-31 OPE2014-156 LQE2014-143 EST2014-85 MWP2014-53
 [more] PN2014-31 OPE2014-156 LQE2014-143 EST2014-85 MWP2014-53
pp.23-27
MI 2014-11-18
16:30
兵庫 イーグレひめじ MICCAI2014参加報告
北坂孝幸愛知工大)・中込啓太音丸 格キヤノン)・小田昌宏名大)・平野 靖山口大)・増谷佳孝広島市大)・金 亨燮九工大MI2014-52
本稿では,MICCAI 2014本会セッションの概要を紹介し,特に興味深い報告について内容を解説する. [more] MI2014-52
pp.49-54
MBE, NC
(併催)
2014-10-18
15:50
大阪 大阪電気通信大学 原子磁気センサモジュールによる事象関連脱同期及び事象関連脳磁界の計測
鎌田啓吾伊藤陽介夏川浩明京大)・岡野一久水谷夏彦キヤノン)・小林哲生京大MBE2014-57
生体磁気計測の分野では,実用化に向けて小型化された様々な種類の光ポンピング原子磁気センサ(OPAM)が開発されている.こ... [more] MBE2014-57
pp.31-36
MI 2013-01-25
14:25
沖縄 ぶんかテンブス館 [特別講演]新規な超音波イメージング技術の研究開発 ~ 京都大学-キヤノン協同研究プロジェクト(CKプロジェクト)の研究活動 ~
浅尾恭史京大/キヤノン)・戸井雅和椎名 毅京大MI2012-120
 [more] MI2012-120
pp.301-304
PRMU, SP
(共催)
2012-02-10
14:50
宮城 東北大学 青葉山キャンパス GMM-SupervectorとSVMを用いた映像からのイベント検出
上嶋勇祐井上中順篠田浩一東工大)・佐藤俊介キヤノンPRMU2011-230 SP2011-145
映像からのイベント検出では,様々な環境で撮影された大量の映像資源の中から,複雑なイベントの検出を行う.本論文では,GMM... [more] PRMU2011-230 SP2011-145
pp.195-200
MVE 2010-10-21
14:05
北海道 とかちプラザ(帯広) 香りパルスを用いた香りの切り替え手法
杉本紗友美野口大介慶大)・坂内祐一キヤノン)・岡田謙一慶大MVE2010-55
視聴覚メディアに合わせて香りを提示することにより、臨場感を高められると考えられる.しかし,従来の香りディスプレイでは微少... [more] MVE2010-55
pp.13-18
MI 2010-01-28
11:40
沖縄 那覇市ぶんかテンブス館 アンサンブル学習と分類器のカスケード化に基づく眼底画像からの血管抽出
赤塚祐己Elco Oost清水昭伸小畑秀文東京農工大)・古川大介片山昭宏キヤノンMI2009-102
本論文では,アンサンブル学習に基づく眼底画像からの血管抽出アルゴリズムを提案する. ここでアンサンブル学習とは,教師あり... [more] MI2009-102
pp.143-148
MVE 2009-10-09
13:00
北海道 オホーツク・文化交流センター(エコセンター2000,網走市) 同一射出量の香りのパルス射出提示における感覚強度差の測定
大津香織野口大介慶大)・坂内祐一キヤノン)・岡田謙一慶大MVE2009-50
本研究では,嗅覚情報を視聴覚情報と共に用いる場面を想定し,可能な限りユーザに与える香料を最小化することを目的として,一吸... [more] MVE2009-50
pp.93-98
MBE 2009-07-11
10:55
徳島 徳島大学 生体磁気計測を目指した超高感度光ポンピング原子磁気センサの開発 ~ 分布電流を考慮した生体ファントムによる磁場分布計測とシミュレーション ~
杉原靖幸田上周路京大)・市原 直キヤノン)・石川 潔京大/兵庫県立大)・小林哲生京大MBE2009-26
我々は,脳磁図や心磁図等の生体磁気計測を目標として,超高感度光ポンピング原子磁気センサの開発を行っている.本研究では,分... [more] MBE2009-26
pp.39-44
US 2009-06-26
14:40
千葉 千葉大学フロンティアメディカル工学研究開発センターB号棟1階会議室 複数参照波を用いた周波数領域干渉計法による高分解能医用超音波イメージング ~ 参照波の最適化による距離分解能の改善 ~
瀧 宏文京大)・木村智樹キヤノン)・阪本卓也佐藤 亨京大US2009-17
我々は複数参照波を用いた周波数領域干渉計法による高分解能医用超音波イメージング法を提案する.周波数領域干渉計法にCapo... [more] US2009-17
pp.21-24
ICM, CQ, NS
(併催)
2008-11-14
09:45
福島 日本大学(郡山) [奨励講演]信頼性と効率性を考慮したパス制御法およびネットワーク設計法
天野了輔キヤノン)・○福田浩隆巳波弘佳関西学院大)・上山憲昭長谷川治久吉野秀明NTTNS2008-101
大容量バックボーンネットワークにおけるパス制御法には,故障時の影響を抑えて高い信頼性を実現する性能が求められる.実際のネ... [more] NS2008-101
pp.75-80
MVE 2008-10-03
09:25
北海道 釧路市観光国際交流センター 相手の視覚情報を複合現実感技術により取得する遠隔作業支援の提案
岡嶋雄太山本 峻慶大)・坂内祐一キヤノン)・岡田謙一慶大/JSTMVE2008-52
 [more] MVE2008-52
pp.37-42
MVE 2008-10-03
09:50
北海道 釧路市観光国際交流センター 一呼吸中での2種類の香り提示における嗅覚の時間特性の測定
佐藤淳太大津香織慶大)・坂内祐一キヤノン)・岡田謙一慶大MVE2008-53
 [more] MVE2008-53
pp.43-48
MVE 2008-06-03
11:00
東京 東京大学 山上会館 ヒューマノイドの自律行動実験の複合現実感によるレビューシステム
小林一彦キヤノン)・西脇光一産総研)・内山晋二山本裕之キヤノン)・加賀美 聡産総研MVE2008-17
実機の実環境における動作検証のためのレビューシステムを提案する。複合現実感によるシステムは、実機の対象としてヒューマノイ... [more] MVE2008-17
pp.91-96
PRMU 2008-01-17
10:00
京都 龍谷大学 複合現実感におけるカメラ位置姿勢推定の安定化とその考察
遠藤隆明佐藤清秀内山晋二山本裕之キヤノンPRMU2007-160
 [more] PRMU2007-160
pp.15-22
PRMU 2008-01-17
13:15
京都 龍谷大学 複合現実感における影の光学的整合性に関する検討とレイトレーシングによる実現
冨手 要藤木真和麻生 隆キヤノンPRMU2007-169
 [more] PRMU2007-169
pp.75-80
 34件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会