お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 208件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MW 2022-05-20
10:25
京都 京都大学 宇治キャンパス木質ホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
高品質高温超伝導薄膜を用いた高感度NMRピックアップコイルの開発 (1)
作間啓太山梨大)・藤田貴紀山梨大/JEOL RESONANCE)・大嶋重利山形大)・關谷尚人山梨大MW2022-17
 [more] MW2022-17
pp.13-17
MW, WPT
(共催)
2022-04-15
13:00
東京 機械振興会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]高周波用超伝導線材の開発とそれを用いた高Q値コイルによる高効率ワイヤレス電力伝送
關谷尚人山梨大WPT2022-5 MW2022-5
超伝導線材は直流では無損失であるが,高周波では構造上低損失を実現できずその利用は未開拓であった.本論文では高周波で低損失... [more] WPT2022-5 MW2022-5
p.18
WPT 2022-03-07
14:10
京都 京都大学 宇治キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[依頼講演]三次元ワイヤレス電力伝送のための複数コイルの結合を用いた送電コイルの設計
作間啓太池谷 光關谷尚人山梨大WPT2021-26
 [more] WPT2021-26
pp.30-33
UWT
(第二種研究会)
2022-03-01
14:30
ONLINE オンライン開催 THPを適用した水中光無線通信の検討
中村一彦塙 雅典山梨大
本稿では,水中光無線通信における伝送距離延伸化を目的として,帯域補償と符号間干渉抑圧のために,前置等化器としてTomli... [more]
MI 2022-01-25
15:58
ONLINE オンライン開催 VRデバイスを用いた歯科口腔外科下顎枝矢状分割術ドリル用手術トレーニングシミュレータにおける操作支援開発
田中駿一鍵山善之中村倫大上木耕一郎諸井明徳山梨大)・黒田嘉宏筑波大)・伊藤安海野田善之山梨大)・吉元俊輔東大)・大城 理坂大MI2021-48
歯科口腔外科における顎変形症に対する矯正治療において,最も多く施術されている手術が下顎枝矢状分割術である.近年では,本手... [more] MI2021-48
pp.22-27
NLC, IPSJ-NL, SP, IPSJ-SLP
(連催)
(連催) [詳細]
2021-12-02
14:20
ONLINE オンライン開催 スパース表現を用いたEnd-to-End音声認識システムの検討
矢崎礼一郎大木 真山梨大NLC2021-20 SP2021-41
本稿では,End-to-End音声認識システムの特徴量にスパース表現の導入を検討した.End-to-Endモデルの台頭に... [more] NLC2021-20 SP2021-41
pp.13-16
NLC, IPSJ-NL, SP, IPSJ-SLP
(連催)
(連催) [詳細]
2021-12-02
14:50
ONLINE オンライン開催 CQCCを用いた正則化NMFによる音源分離
宮島浩平大木 真山梨大NLC2021-21 SP2021-42
本研究では,個別に録音された複数の音源から成る楽曲を対象とし,音響特徴量を用いた教師ありの音源分離手法を提案する.音源分... [more] NLC2021-21 SP2021-42
pp.17-21
EMM, EA, ASJ-H
(共催)
2021-11-15
13:30
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]雑音スペクトルの振幅・位相同時推定に基づく瞬時スペクトル減算法による雑音抑圧
竹中幸輝小澤賢司山梨大EA2021-42 EMM2021-69
本論文は,マイクロホンアレイと2次元スペクトルを使用して複数雑音源を抑圧することを目的とする.マイクロホンアレイからの出... [more] EA2021-42 EMM2021-69
pp.85-90
SCE 2021-08-06
13:05
ONLINE オンライン開催 高Q値高周波用REBCO線材コイルの開発とワイヤレス電力伝送への応用
桶田将弘關谷尚人作間啓太山梨大SCE2021-1
我々は,高周波で低損失なREBCO線材を実現するために,新規REBCO線材構造を提案した.しかし,これまでは,支持材(発... [more] SCE2021-1
pp.1-4
NS 2021-04-15
14:25
ONLINE オンライン開催 [招待講演]深層学習技術の発展と共に歩む音声認識研究
西崎博光山梨大NS2021-7
近年の深層学習技術が急速に発展している.これに伴い,音声認識技術も大きく進化している.約10年前に単純なニューラルネット... [more] NS2021-7
pp.37-42
TL 2021-03-14
14:55
ONLINE オンライン開催 ELF多人数課題達成会話における質問―応答連鎖 ~ 感情と心的態度を示すパラ言語情報を中心に ~
谷村 緑立命館大)・竹内和広阪電通大)・吉田悦子三重大)・仲本康一郎山梨大)・山口征孝神戸市外国語大TL2020-21
質問とは「受け手に情報の提示を求める,あるいは,確認を求める行為を実現しているもの」(高木・森田,2015,p.95)で... [more] TL2020-21
pp.18-23
CAS, ICTSSL
(共催)
2021-01-29
13:40
ONLINE オンライン開催 チャージポンプの入力電圧源の切り替えによる小面積化および段数可変による効率改善
廣永駿輔佐藤隆英小川覚美山梨大CAS2020-64 ICTSSL2020-49
電流経路に存在するスイッチが1個のみである広い入出力電圧範囲を有する昇降圧型電源回路を開発する.本稿では,この電源回路の... [more] CAS2020-64 ICTSSL2020-49
pp.130-135
MVE, IPSJ-CVIM
(連催)
2021-01-21
15:50
ONLINE オンライン開催 音声発話トレーニングが可能な接客訓練VRシステム
西尾瞳希飯田宗一郎筑波大)・佐野裕太レオ チー シャン西崎博光山梨大)・宇津呂武仁星野准一筑波大MVE2020-32
発話においてその言葉自体に意味がなく会話の中の隙間や合間を埋めるために使われる言葉のことをフィラーと呼ぶ。接客においては... [more] MVE2020-32
pp.13-16
SeMI 2021-01-20
14:50
ONLINE オンライン開催 Automatic Reading Of Industrial Meters using CNN with Generative Augmentation
Sripanuskul NuntidaBuayai PrawitXiaoyang MaoUniv. of YamanashiSeMI2020-48
 [more] SeMI2020-48
pp.27-32
OCS, CS
(併催)
2021-01-14
15:45
ONLINE オンライン開催 オートエンコーダ型機械学習による信号点配置・判別境界の自動設計
後藤雄大塙 雅典山梨大OCS2020-32
機械学習の一種であるオートエンコーダ(AE)をコヒーレント光ファイバ伝送システムの信号点配置と判別境界の自動設計に適用し... [more] OCS2020-32
pp.27-32
MSS, CAS
(共催)
IPSJ-AL
(連催) [詳細]
2020-11-26
13:25
ONLINE オンライン開催 Q-Learningを用いたアナログ回路の素子値決定における学習精度及び効率改善
山崎優一佐藤隆英小川覚美山梨大CAS2020-30 MSS2020-22
 [more] CAS2020-30 MSS2020-22
pp.62-67
US 2020-09-28
13:00
ONLINE オンライン開催 LiTaO3/水晶接合構造上のリーキーSAW共振特性の周波数依存性
浅川詩織鈴木雅視垣尾省司山梨大)・手塚彩水水野 潤早大US2020-32
 [more] US2020-32
pp.30-34
US 2020-09-28
13:25
ONLINE オンライン開催 同種・異種材料接合構造におけるリーキーSAWの伝搬・共振特性
藤巻貴海鈴木雅視垣尾省司山梨大US2020-33
LiNbO3薄板と水晶から成る同種・異種材料接合構造上のリーキーSAW伝搬特性と共振特性を理論的に検討した.水晶薄板とカ... [more] US2020-33
pp.35-40
SCE 2020-09-02
13:10
ONLINE オンライン開催 深宇宙探査用新型アンテナのための超伝導フィルタの開発
林 拓磨關谷尚人山梨大)・大野剛志日本通信機SCE2020-1
r-Al2O3基板を用いて深宇宙探査用アンテナのための超伝導帯域通過フィルタ(BPF)の開発を行った.基板に用いたr-A... [more] SCE2020-1
pp.1-4
EA, ASJ-H
(共催)
2020-08-07
13:25
ONLINE オンライン開催 瞬時スペクトル減算法による到来方向が異なる複数雑音の抑圧
竹中幸輝小澤賢司山梨大EA2020-15
マイクロホンアレイを利用した雑音抑圧のために,ニューラルネットワーク(以下NNと略記)を使用した研究が行われてきた.本研... [more] EA2020-15
pp.9-14
 208件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会