電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 54件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SR 2019-12-06
11:15
沖縄 石垣市民会館(石垣島) 直角位相振幅変調(QAM)信号のための電力検出法の一検討
石原 俊梅林健太東京農工大)・Janne Lehtomakiオウル大SR2019-103
本発表では、直角位相振幅変調(QAM)信号のための電力検出法について検討を行う。
受信信号の振幅にランダム性がある場合... [more]
SR2019-103
pp.83-86
RISING
(第二種研究会)
2019-11-26
10:30
東京 東京大学本郷キャンパス 福武ラーニングシアター [ポスター講演]直角位相振幅変調(QAM)信号のための電力検出法の一検討
石原 俊梅林健太東京農工大)・Janne Lehtomakiオウル大
本発表では,直角位相振幅変調(QAM)信号のための電力検出法について検討を行う.受信信号の振幅にランダム性がある場合,信... [more]
SeMI, RCS, NS, SR, RCC
(併催)
2019-07-10
15:20
大阪 I-Siteなんば(大阪) 大規模MIMO信号検出のためのビーム--アンテナ領域階層型信念伝搬法に関する一検討
高橋拓海阪大)・Antti Tölliオウル大)・衣斐信介同志社大)・三瓶政一阪大RCC2019-15 NS2019-48 RCS2019-105 SR2019-24 SeMI2019-24
本稿では,低演算量と高検出精度を両立する大規模マルチユーザMIMO (Multi-Input Multi-Output)... [more] RCC2019-15 NS2019-48 RCS2019-105 SR2019-24 SeMI2019-24
pp.21-26(RCC), pp.31-36(NS), pp.25-30(RCS), pp.31-36(SR), pp.35-40(SeMI)
SeMI, RCS, NS, SR, RCC
(併催)
2019-07-11
09:35
大阪 I-Siteなんば(大阪) Duty Cycle のARモデル化に関する一検討
大川航平岩田大輝梅林健太東京農工大)・Janne Lehtomäkiオウル大)・Miguel López-Benítezリヴァプール大)・Satya Joshiオウル大SR2019-29
動的な周波数共用では,周波数利用に関する統計情報の活用が有用とされている.
本稿では,時間軸方向の周波数利用率に相当す... [more]
SR2019-29
pp.59-64
RCS 2019-04-19
10:20
北海道 登別グランドホテル 信念伝搬法による大規模MIMO信号検出のための長期間通信路統計に基づく伝搬路推定に関する一検討
高橋拓海阪大)・Antti Tölliオウル大)・衣斐信介同志社大)・三瓶政一阪大RCS2019-15
本稿では,信念伝搬法を用いた大規模MIMO (Multi-Input Multi-Output) の繰り返し信号検出にお... [more] RCS2019-15
pp.67-72
RCS, SR, SRW
(併催)
2019-03-06
10:30
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク 統計ビームに基づく大規模MIMO信号検出のための階層型BPに関する一検討
高橋拓海阪大)・Antti Tölliオウル大)・衣斐信介三瓶政一阪大RCS2018-285
本稿では,デジタルビームフォーミングによるMIMO通信路の次元縮小を前提に,信念伝搬法 (BP: Belief Prop... [more] RCS2018-285
pp.19-24
SR, RCS
(併催)
(第二種研究会)
2018-10-30
10:30
海外 Mandarin Hotel, Bangkok, Thailand [ポスター講演]Probability of False Alarm based Interference Suppression Methods in IoT Environment
Natthanan PromsukAttaphongse TaparugssanagornAIT)・Johanna VartiainenCWC, University of Oulu
Interference suppression methods are studied for Internet of... [more]
SR 2018-10-31
10:25
海外 Mandarin Hotel, Bangkok, Thailand [ポスター講演]Performance analysis of Two elements Adaptive Array Antenna based on Weights and Space Control
Yoshimasa KimotoKenta UmebayashiTUAT)・Antti TolliJarkko KalevaUoOSR2018-81
Adaptive Array Antenna based on weight control (AAA-W) which... [more] SR2018-81
pp.51-56
SR 2018-10-31
13:25
海外 Mandarin Hotel, Bangkok, Thailand [ポスター講演]Efficient channel allocation for Citizens broadband radio service/spectrum access system
Ryo SatoKenta UmebayashiTUAT)・K. B. Shashika ManoshaUoOSR2018-89
CBRSシステムとは, incumbentユーザ, Priority Access License (PAL)ネットワー... [more] SR2018-89
pp.83-84
ASN, NS, RCS, SR, RCC
(併催)
2018-07-12
10:55
北海道 函館アリーナ [ポスター講演]空間相関に基づくアンテナ選択型アレーアンテナにおける効率的な選択法の検討
坂本 匠梅林健太東京農工大)・Antti Tolliオウル大RCC2018-50 NS2018-63 RCS2018-108 SR2018-47 ASN2018-44
アダプティブアレーアンテナを用いて干渉抑圧を行う場合,抑圧可能な干渉波数はアンテナ素子数によっ
て決定される.一方でア... [more]
RCC2018-50 NS2018-63 RCS2018-108 SR2018-47 ASN2018-44
pp.111-117(RCC), pp.117-123(NS), pp.129-135(RCS), pp.121-127(SR), pp.127-133(ASN)
SR 2018-05-25
10:00
東京 東京ビッグサイト(ワイヤレステクノロジー・パーク(WTP)2018会場内) [技術展示]スマートスペクトラムアクセスのための周波数利用観測システムプロトタイプの開発 ~ 周波数利用率の予測 ~
岩田大輝梅林健太佐藤 遼山田健斗大川航平笠原芳樹東京農工大)・Janne Lehtomakiオウル大)・Miguel Lopez-Benitezリヴァプール大SR2018-17
Smart spectrum access (SSA) は, 周波数利用率などの周波数利用に関する統計情報を活用すること... [more] SR2018-17
pp.99-106
IN, RCS, NV
(併催)
2018-05-11
11:10
神奈川 慶應義塾大学 [招待講演]Lossy forwarding over non-orthogonal MAC channels
Tadashi MatsumotoShen QianJAIST)・Jiguang HeUOuluIN2018-7 RCS2018-34
 [more] IN2018-7 RCS2018-34
p.35(IN), p.71(RCS)
RCS, SR, SRW
(併催)
2018-02-28
09:20
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク 空間係数に基づくアンテナ選択型アダプティブアレーアンテナの研究
坂本 匠梅林健太東京農工大)・Antti TolliUoORCS2017-326
アダプティブアレーアンテナを用いて干渉抑圧を行う場合,抑圧可能な干渉波数はアンテナ素子数によって決定される.一方でアレー... [more] RCS2017-326
pp.51-56
RCS, SR, SRW
(併催)
2018-02-28
13:20
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク [チュートリアル講演]A Tutorial on Lossy Forwarding Relaying
Shen QianJAIST)・Jiguang HeUOulu)・Meng ChengJAIST)・Markku JunttiUOulu)・Tad MatsumotoJAIST/UOuluRCS2017-333
 [more] RCS2017-333
pp.93-98
RCS, SR, SRW
(併催)
2018-03-02
10:50
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク スマートスペクトラムアクセスのための周波数利用率のモデル化に関する検討
山田健斗梅林健太東京農工大)・Janne LehtomakiShashika Manosha Kapuruhamy Badalgeオウル大SR2017-133
スマートスペクトラムアクセスでは,周波数利用に関する統計情報を用いることでより高度な周波数共用を実現することが可能である... [more] SR2017-133
pp.109-116
SR 2018-01-25
14:15
福岡 福岡大学 重み及び素子間隔制御に基づくアダプティブアレーアンテナの一検討
木本圭優梅林健太東京農工大)・Antti TolliUoOSR2017-96
M 素子と MRF 回路を備えたアダプティブアレーアンテナでは,M 素子の重みを適切に制御することで M − ... [more] SR2017-96
pp.15-22
SR 2018-01-26
09:30
福岡 福岡大学 広帯域周波数利用観測におけるWelch FFT-電力検出法のパラメータ設定に関する研究
玉木義孝梅林健太東京農工大)・Janne Lehtomakiオウル大)・Miguel Lopez-Benitezリヴァプール大SR2017-100
高効率な周波数共用の実現のためには,広帯域にわたる周波数利用観測を行って現行の周波数利用の統計情報を収集する必要がある.... [more] SR2017-100
pp.35-42
SR 2018-01-26
09:55
福岡 福岡大学 周波数利用観測のための時間-周波数変動するノイズフロア推定法
岩田大輝梅林健太東京農工大)・Janne Lehtomakiオウル大)・Miguel Lopez-Benitezリヴァプール大SR2017-101
異種無線システム間でのダイナミックな周波数共用(DSA: Dynamic Spectrum Access) を効率的に行... [more] SR2017-101
pp.43-50
SR, SRW
(併催)
2017-10-24
14:00
海外 Grand Hotel Palatino, Rome, Italy [ポスター講演]アンテナ素子間隔を利用したアダプティブアレーアンテナのアンテナ配置
梅林健太木本圭優東京農工大)・アンティ トリUoOSR2017-76 SRW2017-28
 [more] SR2017-76 SRW2017-28
pp.31-32(SR), pp.35-36(SRW)
RCS 2017-10-19
09:20
宮城 東北工業大学 重み及び素子間隔制御に基づくアダプティブアレーアンテナのための素子間隔の制御法
木本圭優梅林健太東京農工大)・Antti TolliUniv. of OuluRCS2017-169
 [more] RCS2017-169
pp.7-12
 54件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会