お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 119件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SC 2022-05-27
15:25
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]GPT-2モデルでのコード特徴の追加によるコード生成の向上
佐久間大空ワン ジュンウェイ白 寅天会津大SC2022-13
 [more] SC2022-13
pp.77-82
VLD, DC, RECONF, ICD, IPSJ-SLDM
(連催)
(併催) [詳細]
2021-12-02
15:35
ONLINE オンライン開催 シミュレーテッド量子アニーリングを用いたマスク最適化手法
小平行秀中山晴貴野中尚貴会津大)・松井知己高橋篤司東工大)・児玉親亮キオクシアVLD2021-45 ICD2021-55 DC2021-51 RECONF2021-53
半導体プロセスの微細化のために,光リソグラフィ技術の進展が求められている.光リソグラフィの解像度を改善する技術のうち,ウ... [more] VLD2021-45 ICD2021-55 DC2021-51 RECONF2021-53
pp.162-167
EMM, IE, LOIS
(共催)
ITE-ME, IEE-CMN, IPSJ-AVM
(共催)
(連催) [詳細]
2021-08-26
10:20
ONLINE オンライン開催(FIT2021と併催) [招待講演]Surface-Based FTVの提案
谷本正幸名古屋産業科学研)・黒川弘国会津大
 [more]
VLD, DC, RECONF, ICD, IPSJ-SLDM
(連催)
(併催) [詳細]
2020-11-18
09:55
ONLINE オンライン開催 LSIにおけるセル配置手法を用いた身体的距離を考慮した座席レイアウト手法
小平行秀会津大VLD2020-34 ICD2020-54 DC2020-54 RECONF2020-53
新型コロナウィルスの感染拡大に伴い,人と人との身体的距離の確保が求められている.そこで本稿では,決められた空間の中に,で... [more] VLD2020-34 ICD2020-54 DC2020-54 RECONF2020-53
pp.127-131
HWS, VLD
(共催) [詳細]
2020-03-04
16:00
沖縄 沖縄県青年会館
(開催中止,技報発行あり)
ラグランジュ緩和法と境界Flippingによるプロセスばらつきを考慮したピクセルベースマスク最適化手法
東 梨奈小平行秀会津大)・松井知己高橋篤司東工大)・児玉親亮キオクシアVLD2019-105 HWS2019-78
製造プロセスの微細化のために,光リソグラフィによる半導体加工技術の進展が求められている.光リソグラフィの解像度を改善する... [more] VLD2019-105 HWS2019-78
pp.65-70
ET 2019-12-07
15:50
東京 東京農工大学 Scratchを用いた小学校算数科におけるプログラミング教育実践とその学習分析
中澤 真会津大短大部)・梅澤克之湘南工科大ET2019-68
小学校におけるプログラミング必修化に伴い,一般教科の中にどのようにプログラミングの要素を組み込むかということが課題となり... [more] ET2019-68
pp.51-56
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2019-11-15
16:35
愛媛 愛媛県男女共同参画センター 劣勾配法によるプロセスばらつきを考慮したマスク最適化手法
小平行秀東 梨奈会津大)・松井知己高橋篤司東工大)・児玉親亮キオクシアVLD2019-53 DC2019-77
製造プロセスの微細化のために,光リソグラフィによる半導体加工技術の進展が求められている.光リソグラフィの解像度を改善する... [more] VLD2019-53 DC2019-77
pp.197-202
SC 2019-05-31
16:15
茨城 物質・材料研究機構(千現地区) [ショートペーパー]A LEGO Robot Visual Programming Editor for Model-driven BBCoM Environment
Takumi SatoMasayuki TakanoRuth CortezAlexander P. VazheninUniv. of AizuSC2019-4
 [more] SC2019-4
pp.25-26
HWS, VLD
(共催)
2019-02-27
15:20
沖縄 沖縄県青年会館 一般同期方式における低電力化のための多電源回路の設計フロー
青木誠孝小平行秀会津大VLD2018-102 HWS2018-65
クロックを各記憶素子に同時に分配することを前提としない一般同期方式では,物理遅延を従来のクロック同期方式である完全同期方... [more] VLD2018-102 HWS2018-65
pp.55-60
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
CPM, ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2018-12-07
14:10
広島 サテライトキャンパスひろしま 0-1二次計画法によるプロセスばらつきを考慮したモデルベースマスク補正手法
東 梨奈小平行秀会津大)・松井知己高橋篤司東工大)・児玉親亮野嶋茂樹東芝メモリVLD2018-70 DC2018-56
半導体製造における回路パターンの限界寸法の縮小のため,光リソグラフィによる半導体加工技術の進歩が求められている.光リソグ... [more] VLD2018-70 DC2018-56
pp.209-214
CS, IE
(共催)
IPSJ-AVM, ITE-BCT
(共催)
(連催) [詳細]
2018-11-29
15:25
徳島 徳島大学 工業会館 [特別招待講演]6DoF-FTV
谷本正幸名古屋産業科学研)・黒川弘国会津大CS2018-77 IE2018-56
 [more] CS2018-77 IE2018-56
pp.55-60
ITE-ME, ITE-AIT
(共催)
IE
(連催) [詳細]
2018-10-19
11:10
長崎 長崎総合科学大学 [招待講演]広視野・広視域FTVの実現に向けて
谷本正幸名古屋産業科学研)・黒川弘国会津大
 [more]
CAS, SIP, MSS, VLD
(共催)
2018-06-14
16:15
北海道 北海道大学フロンティア応用科学研究棟 機械学習を用いた配線長予測による解析的配置手法の高速化
干場 樹小平行秀会津大CAS2018-14 VLD2018-17 SIP2018-34 MSS2018-14
近年のLSI設計において,回路規模の増大,設計プロセス技術の微細化,要求される性能の向上により,設計制約を満たした配置配... [more] CAS2018-14 VLD2018-17 SIP2018-34 MSS2018-14
pp.75-80
SC 2018-06-01
14:30
福島 会津大学 UBIC 3D Theater Constraint-aware Dynamic Partial Order Plan Generation for Big Data Analytics based on Automatic Service Composition
Akila SiriweeraIncheon PaikUniv. of AizuSC2018-4
 [more] SC2018-4
pp.19-26
SC 2018-06-02
09:25
福島 会津大学 UBIC 3D Theater Simultaneous recognition of human activities and locations based on sensor array
Shoichi IchimuraQiangfu ZhaoUniv. of AizuSC2018-11
 [more] SC2018-11
pp.59-64
SC 2018-06-02
10:50
福島 会津大学 UBIC 3D Theater Arbitrary Location Estimation Using Infrared Sensors by Machine Learning
Ryo OtaQiangfu ZhaoUniv. of AizuSC2018-9
 [more] SC2018-9
pp.47-52
VLD, IPSJ-SLDM
(連催)
2018-05-16
15:50
福岡 北九州国際会議場 マスク最適化のための2次計画法を用いたピクセルベースOPC手法
東 梨奈小平行秀会津大VLD2018-3
半導体製造における回路パターンの限界寸法の縮小のために,光リソグラフィによる半導体加工技術の進歩が求められている.光リソ... [more] VLD2018-3
pp.31-36
SC 2018-03-16
15:50
東京 NII Constraint-aware Workflow for Automation of Big Data Analytics based on GraphPlan
Akila SiriweeraIncheon PaikUniv. of AizuSC2017-33
 [more] SC2017-33
pp.13-20
VLD, HWS
(併催)
2018-03-01
09:50
沖縄 沖縄県青年会館 製造後遅延調整における面積と消費電力の削減ためのクラスタリング手法
室井孝太小平行秀会津大VLD2017-107
LSI設計では,回路の増大,設計プロセスの微細化,性能の高速化により,製造時の配線とゲートに対する遅延のばらつきによるタ... [more] VLD2017-107
pp.109-114
CS, IE
(共催)
IPSJ-AVM, ITE-BCT
(共催)
(連催) [詳細]
2017-11-30
13:10
愛知 名古屋大学 [特別招待講演]全方位FTVの光線空間処理
谷本正幸名古屋産業科学研)・黒川弘国会津大CS2017-67 IE2017-82
 [more] CS2017-67 IE2017-82
pp.31-36
 119件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会