お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 44件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CS 2021-10-14
10:15
ONLINE オンライン開催 CNN, ResNetを用いたFinger Printにおける位置推定精度向上の実験的検討
坂西 優相河 聡山本真一郎阪井祐太兵庫県立大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
CS 2021-10-15
10:40
ONLINE オンライン開催 Fingerprint位置推定におけるCNNを特徴抽出器として用いたデータの選別手法
小西楊平相河 聡山本真一郎阪井祐太兵庫県立大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2020-03-03
15:40
沖縄 沖縄県青年会館
(開催中止,技報発行あり)
効果的なsingle-sided RAMBleedの提案
長濱拓季神戸大)・瀧田 愼兵庫県立大)・○廣友雅徳佐賀大)・森井昌克神戸大ICSS2019-91
DRAM の行に繰り返しアクセスすることでその近隣の行内でビット反転が起こる,Rowhammer と呼ばれる現象が存在す... [more] ICSS2019-91
pp.145-150
SDM, EID
(共催)
2017-12-22
16:00
京都 京都大学 Ge薄膜のFLA結晶化におけるキャップ層の効果
吉岡尚輝秋田佳輝部家 彰松尾直人兵庫県立大)・小濱和之伊藤和博阪大EID2017-26 SDM2017-87
 [more] EID2017-26 SDM2017-87
pp.77-80
MW 2016-05-19
15:00
京都 京都大学 宇治キャンパス モード変換器を用いた多電力分配器のアイソレーション特性の改善
三木敬太岸原充佳大久保賢祐滝本裕則岡山県立大)・太田 勲兵庫県立大MW2016-9
単一モード導波管(SMWG)と多モード導波管 (OMWG)を直線的に配置したTE10-TEp0モード変換器が報告されてい... [more] MW2016-9
pp.1-6
CS, OCS
(併催)
2016-01-21
12:50
鹿児島 鹿児島大学 稲盛アカデミー(郡元キャンパス) Finger Printにおける端末差の校正と学習に関する一検討
小南貴基相河 聡兵庫県立大CS2015-76
屋内環境における位置推定法として,無線LANアクセスポイントの受信信号強度を用いたFinger Print方式に着目し,... [more] CS2015-76
pp.19-24
MI 2016-01-19
10:48
沖縄 那覇市ぶんかテンブス館 Weighted PCAを用いた時空間統計的形状モデル構築法の検討
中野椋介Saadia Binte Alam小橋昌司森本雅和相河 聡兵庫県立大)・清水昭伸東京農工大MI2015-77
臓器の静的な形状モデル表現方法として統計的形状モデルが医用画像の領域認識などに多く用いられてきた.しかし生きた人体におい... [more] MI2015-77
pp.25-29
MI 2016-01-20
10:08
沖縄 那覇市ぶんかテンブス館 マウス脳11.7TタイムラプスMR画像を用いた1細胞レベルのマクロファージ動態評価法
田下徳起小橋昌司兵庫県立大)・森 勇樹阪大)・合志清一工学院大)・森本雅和相河 聡兵庫県立大)・吉岡芳親阪大)・畑 豊兵庫県立大MI2015-115
これまで生体内深部で免疫細胞の動きを観察することは困難であったが,最近の我々の研究により,11.7 T磁気共鳴画像化装置... [more] MI2015-115
pp.205-210
MI 2015-11-11
14:05
奈良 奈良先端大 タイムラプスMR画像におけるマクロファージ追跡へのハンガリアン法の適用
田下徳起小橋昌司兵庫県立大)・森 勇樹阪大)・森本雅和相河 聡兵庫県立大)・吉岡芳親阪大)・畑 豊兵庫県立大MI2015-64
免疫細胞は人間の健康に深く関わっている.しかし,生体内では免疫細胞の動態を直接観察することが難しい.最近の研究により,1... [more] MI2015-64
pp.31-36
EA, US
(併催)
2014-01-28
13:00
大阪 関西大学 100周年記念会館 適応フィルタを用いた残響低減法に関する検討
岸田裕士藤井健作兵庫県立大)・棟安実治関西大)・森本雅和兵庫県立大EA2013-113
 [more] EA2013-113
pp.57-62
EA, US
(併催)
2014-01-28
13:25
大阪 関西大学 100周年記念会館 音響エコーキャンセラにおける減衰量制御法に関する検討
澤田拓也吉岡拓人藤井健作兵庫県立大)・棟安実治関西大)・森本雅和兵庫県立大EA2013-114
適応フィルタを用いた音響エコーキャンセラにおける音声スイッチの減衰量を制御する方法を提案する.
本論文では,シミュレー... [more]
EA2013-114
pp.63-68
EA, US
(併催)
2014-01-28
13:50
大阪 関西大学 100周年記念会館 音声強調マイクロホンアレーにおける残響低減法に関する検討
岸本涼鷹岸田裕士藤井健作兵庫県立大)・棟安実治関西大)・森本雅和兵庫県立大EA2013-115
 [more] EA2013-115
pp.69-74
EA 2013-12-13
13:25
石川 金沢大学サテライトプラザ 非最小位相音響空間におけるブラインド残響除去に関する検討
岸田裕士藤井健作兵庫県立大)・棟安実治関西大)・森本雅和兵庫県立大EA2013-89
 [more] EA2013-89
pp.7-12
EMM, EA
(共催)
2013-11-14
16:30
広島 県立広島大学 サテライトキャンパスひろしま マイクロホンアレーにおける音質補正フィルタに関する検討
岸本涼鷹桑原佑輔吉岡拓人藤井健作兵庫県立大)・棟安実治関西大)・森本雅和兵庫県立大EA2013-74 EMM2013-74
 [more] EA2013-74 EMM2013-74
pp.37-42
MW 2013-06-28
13:15
愛知 名工大 折り返し左手系導波管を用いた方向性結合器の設計
竹本周平岸原充佳大久保賢祐滝本裕則岡山県立大)・太田 勲兵庫県立大MW2013-45
本論文では,折り返し導波管とリッジ導波管スタブで構成された左手系導波管を用いて0dB方向性結合器を設計している.まず1周... [more] MW2013-45
pp.79-83
US, EA
(併催)
2013-01-25
10:20
京都 同志社大学 室町キャンパス 寒梅館 話者と騒音源との距離の差を利用する音声強調マイクロホンアレーに関する検討
日笠 晃藤井健作兵庫県立大)・棟安実治関西大)・森本雅和兵庫県立大EA2012-132
本検討では、騒音と音声が同一方向からマイクロホンアレーに到来する場合において、騒音と音声の音源間の距離差によって、騒音を... [more] EA2012-132
pp.73-78
US, EA
(併催)
2013-01-25
11:00
京都 同志社大学 室町キャンパス 寒梅館 方程式誤差法に基づく音源方向推定に関する検討
松田貴文藤井健作兵庫県立大)・棟安実治関西大)・森本雅和兵庫県立大EA2012-134
本検討では,とくに反射音の強い音響経路でも精度よく推定できる音源方向推定システムを提案する.参
照信号を白色雑音,男性... [more]
EA2012-134
pp.85-90
US, EA
(併催)
2013-01-25
14:40
京都 同志社大学 室町キャンパス 寒梅館 車載用音響エコーキャンセラに関する検討
澤田拓也藤井健作兵庫県立大)・棟安実治関西大)・森本雅和兵庫県立大EA2012-140
本論文では,非再帰型と再帰型フィルタ縦続接続として構成される適応フィルタで未知系の同定を行う新しい手法の一つを提案する.... [more] EA2012-140
pp.121-126
ITE-BCT, CS, IE
(連催)
IPSJ-AVM
(連催) [詳細]
2012-12-06
15:20
福井 福井市地域交流プラザ 減衰定数を学習する位置推定アルゴリズム
坂口大樹相河 聡兵庫県立大CS2012-82 IE2012-96
 [more] CS2012-82 IE2012-96
pp.65-70
EA, EMM
(共催)
2012-11-16
10:20
大分 大分大学 非最小位相音響空間においても音声強調が可能となる2マイクロホンアレーシステムの提案
岸本涼鷹桑原佑輔吉岡拓人藤井健作兵庫県立大)・棟安実治関西大)・森本雅和兵庫県立大EA2012-83 EMM2012-65
 [more] EA2012-83 EMM2012-65
pp.11-16
 44件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会