お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 17件中 1~17件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EMCJ, EST
(共催)
2014-09-12
13:50
北海道 北見工業大 透明溶液を用いた電波吸収材料の複素誘電率の解析
三浦 収安齋弘樹鶴岡高専EMCJ2014-38 EST2014-52
本研究では合わせガラスに透明電波吸収溶液を注入することによって、電波の減衰が実現されている。透明電波吸収体に使用する透明... [more] EMCJ2014-38 EST2014-52
pp.41-46
ITS 2014-06-07
14:10
宮城 東北工業大学 GPSの相対位置関係を用いた新たな位置特定手法に関する一検討
石黒康平金 帝演鶴岡高専ITS2014-3
本稿では,ビル街などで電波が反射することにより発生するGPS測位の誤差を考慮し,歩行者などを目的地まで正確に案内をするた... [more] ITS2014-3
pp.17-22
ITS 2014-06-07
14:35
宮城 東北工業大学 屋内外におけるハンドル型電動車いす用ナビゲーションシステムに関する検討
佐藤尚希金 帝演鶴岡高専ITS2014-4
本稿では,高齢者の快適なモビリティ環境確保のために,直感的でわかりやすいハンドル型電動車いす用ナビゲーションシステムを構... [more] ITS2014-4
pp.23-27
EMCJ 2014-03-14
13:35
東京 機械振興会館 ETC隣接レーン用桟形電波吸収体の研究
伊藤凌介安齋弘樹鶴岡高専EMCJ2013-132
 [more] EMCJ2013-132
pp.1-6
DC 2013-12-13
13:50
石川 和倉温泉観光会館 TDCによる高速オンチップ遅延時間測定を用いた高品質遅延故障テストセット構成法
加藤健太郎鶴岡高専)・小林春夫群馬大DC2013-70
汎用プロセッサ,システムLSIといった高速かつ低消費電力なディジタルLSIは,今日のあらゆる分野において必要不可欠である... [more] DC2013-70
pp.13-16
EMCJ 2013-11-22
15:00
東京 東京電機大 90゜ハイブリッドカプラを有するマイクロストリップ両偏波パッチアンテナのFDTD法によるシミュレーションと性能評価
安達友紀安齋弘樹鶴岡高専EMCJ2013-95
現在の漁業において,全体の漁獲量のうちのおよそ2割が回収の際の傷や,値崩れを防ぐために商品として流通させることが出来ずに... [more] EMCJ2013-95
pp.23-27
DC 2013-06-21
16:00
東京 機械振興会館 バウンダリスキャンと組み込み再構成可能ハードウェアを用いたSOCのオンラインインターコネクトテスト法
加藤健太郎鶴岡高専DC2013-14
本研究ではバウンダリスキャンと組み込み再構成可能ハードウェアを用いたSOCのオンラインインターコネクトテスト法を提案する... [more] DC2013-14
pp.25-29
DC, CPSY
(共催)
2013-04-26
16:40
東京 首都大学東京秋葉原サテライトキャンパス 隣接テスト機構を用いたオンチップ遅延測定法
加藤健太郎鶴岡高専CPSY2013-8 DC2013-8
本研究では隣接テスト機構を用いたTime to Digital Converter (TDC) によるオンチップ遅延測定... [more] CPSY2013-8 DC2013-8
pp.43-48
IN, NS, CS
(併催)
2012-09-21
16:15
宮城 東北大学 電気通信研究所 2号館 Mark-Reverse Explicit Congestion Notification: Concept, Analysis and Evaluation
Masato InoueTsuruoka NCT)・Pakapol TangdumrongratSumet PrabhavatKMITL)・Satoshi UtsumiTsuruoka NCT)・Salahuddin Muhammad Salim ZabirFrance Telecom)・Norio ShiratoriTohoku Univ.NS2012-79
 [more] NS2012-79
pp.153-158
DC 2012-06-22
13:25
東京 機械振興会館 組み込み遅延測定回路を用いた時分割オンチップパス遅延測定のための入力系列データ量削減の1手法
加藤健太郎鶴岡高専DC2012-10
時分割遅延測定法は,オンチップ遅延測定の測定時間短縮に有効である.しかしながらこの手法はスキャン入力系列以外に測定パスを... [more] DC2012-10
pp.7-13
SAT 2011-12-12
09:00
愛知 名古屋大学 A Summary of TCP-Cherry for Satellite IP Networks
冨樫 洸内海哲史鶴岡高専)・サリム ザビルフランステレコムSAT2011-39
TCP performance drastically decreases over satellite links d... [more] SAT2011-39
pp.1-5
CS, NS, IN
(併催)
2011-09-02
10:50
宮城 東北大学 UCC: リンク利用率を用いた新しい輻輳制御
内海哲史鶴岡高専)・サリム ザビルフランステレコムCS2011-40
従来のEnd-to-End 輻輳制御(TCP NewReno など) では,ネットワークにおけるパケット損失によって,ネ... [more] CS2011-40
pp.73-77
EMCJ 2009-04-24
13:55
岡山 岡山大学 ノイズ低減効果モデルとしての電磁波吸収体を装荷した平面アンテナの特性解析
石垣 要安斎弘樹鶴岡高専EMCJ2009-3
現在普及が進んでいるデジタルハイビジョンテレビ等のビデオチップや回路周辺からは,電磁波ノイズが発生しており,他の機器の回... [more] EMCJ2009-3
pp.13-18
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(共催)
CPSY, RECONF, IPSJ-ARC
(併催) [詳細]
2007-11-22
10:30
福岡 北九州国際会議場 ASIP短期開発のための高い拡張性を有するベースプロセッサの提案
岩戸宏文稗田拓路田中浩明阪大/エイシップソリューションズ)・佐藤 淳鶴岡高専/エイシップソリューションズ)・坂主圭史武内良典今井正治阪大/エイシップソリューションズVLD2007-92 DC2007-47
ASIP(Application Specific Instruction-set Processor)はアプリケーショ... [more] VLD2007-92 DC2007-47
pp.19-24
IE 2007-05-18
14:55
京都 京都工芸繊維大学 ITS構想に基づいたマイクロ波融雪システムの画像処理技術による高効率化の検討
田村 健安斎弘樹鶴岡高専IE2007-15
 [more] IE2007-15
pp.23-28
EMCJ 2005-12-09
11:00
岐阜 岐阜大学 マイクロ波融雪装置による道路加熱の実験とその電力見積り
安斎弘樹・○白幡大樹鶴岡高専
 [more] EMCJ2005-117
pp.17-21
EMCJ 2005-12-09
11:25
岐阜 岐阜大学 FDTD法を用いたマイクロ波融雪装置のシミュレーションと融雪の評価
安斎弘樹・○斉藤佳知鶴岡高専
 [more] EMCJ2005-118
pp.23-28
 17件中 1~17件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会