電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 301件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NC, MBE
(共催)
2019-12-06
09:45
愛知 豊橋技術科学大学 ウェーブレット解析を用いた線描画時における運動間欠性と眼球運動の関連性の解析
長田大和福村直博豊橋技科大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
AP, RCS
(併催)
2019-11-21
09:50
佐賀 佐賀大学 増幅器の利得変動に対処した自己干渉キャンセラの部分的再学習
石井建至小松和暉宮路祐一上原秀幸豊橋技科大
帯域内全二重は,周波数利用効率とスループットの改善が期待されるが,その実現には自己干渉の除去が必須である.これまでに提案... [more] RCS2019-215
pp.73-78
WIT, SP
(共催)
2019-10-27
09:20
鹿児島 第一工業大学 4号館1階大会議室 音声想起時脳波の単語尤度ベクトルを用いた単語認識
平田里佳入部百合絵愛知県立大)・深井健大郎桂田浩一東京理科大)・新田恒雄早大/豊橋技科大
近年,BCI(Brain Computer Interface)の研究が盛んに行われているが,音声想起の認識に関する効果... [more] SP2019-29 WIT2019-28
pp.69-73
ED 2019-08-06
16:40
東京 機械振興会館 La2O3/SnO2積層型CO2センサにおけるLa2O3の微細構造とCO2応答への影響
大野 賢豊橋技科大)・岩田達哉富山県立大)・高橋一浩澤田和明豊橋技科大
本研究では La2O3/SnO2積層型のCO2センサにおいて, La2O3の成膜状態が CO2応答に 与える影響および湿... [more] ED2019-31
pp.25-28
RCS 2019-06-20
14:50
沖縄 宮古島 平良港ターミナルビル 非線形自己干渉キャンセラのための二次元正規直交ラゲール多項式を用いた理論的性能解析
小松和暉宮路祐一上原秀幸豊橋技科大
帯域内全二重通信は周波数利用効率を向上させるが,実現するためには自己干渉の除去が必要である.自己干渉は送信機や受信機の増... [more] RCS2019-76
pp.239-244
RCS, IN, NV
(併催)
2019-05-17
10:55
神奈川 慶應義塾大学 補助送信機による自己干渉除去のためのWidely Linearフィルタ設計における適応アルゴリズムの評価
福井崇久小松和暉宮路祐一上原秀幸豊橋技科大
帯域内全二重では同一周波数で同時に送受信するため,端末が自身の送信信号を強い自己干渉として受信し,低雑音増幅器での非線形... [more] RCS2019-31
pp.47-52
EE, IEE-SPC
(併催)
2019-03-07
15:00
沖縄 大濱信泉記念館, 沖縄 石垣島 ハーフブリッジ型AC-ACコンバータの出力電圧歪みを抑制する制御方式
柳沼大貴北岡 晃唐川祐一郎大平 孝豊橋技科大
本稿では,400 V/100 VのAC-AC変換を半導体電力変換装置で達成する際の出力電圧歪みを抑制する制御方式を考える... [more] EE2018-59
pp.7-12
WPT 2019-03-08
09:40
京都 京都大学宇治キャンパス 整流動作を用いた6.78MHz 250 W半導体切替整合回路
宜保遼大阿部晋士西岡正悟北林 智坂井尚貴大平 孝豊橋技科大
WPTの実運用において,電力反射の低減のために,大電力に対応できる切替整合回路が求められる.現在,大電力の切替整合回路に... [more] WPT2018-83
pp.99-103
NC, MBE
(併催)
2019-03-06
15:25
東京 電気通信大学 Auto-Encoderを用いた特徴抽出と視点探索によるパターン認識モデル
白川翔太福村直博豊橋技科大
 [more] NC2018-84
pp.215-220
ASN 2019-01-29
13:50
鹿児島 休暇村 指宿 仮想全二重における残留干渉を考慮した中継器配置の最適化
冨田北斗宮路祐一上原秀幸豊橋技科大
複数の端末が協調して中継する技術は,フェージングの影響を抑制できる.更に,逐次干渉除去を用いることで半二重機構を搭載した... [more] ASN2018-93
pp.81-86
RCS, AP
(併催)
2018-11-21
10:10
沖縄 沖縄産業支援センター I/Qインバランスと位相雑音を考慮した補助送信機によるアナログ自己干渉除去の伝搬遅延の影響
福井崇久小松和暉宮路祐一上原秀幸豊橋技科大
帯域内全二重は同一周波数で同時に送受信する通信方式であり,既存の複信方式と比較して周波数利用効率やスループットの向上が期... [more] RCS2018-193
pp.91-96
RCS, AP
(併催)
2018-11-21
10:40
沖縄 沖縄産業支援センター 非線形自己干渉キャンセラのためのラゲール陪多項式を用いた理論的性能解析
小松和暉宮路祐一上原秀幸豊橋技科大
帯域内全二重通信は周波数利用効率を向上させるが,実現するためには自己干渉の除去が必要である.
自己干渉は送信機や受信機... [more]
RCS2018-194
pp.97-102
WPT
(第二種研究会)
2018-11-02
- 2018-11-04
宮城 東北大学 Magnetic coupling power transfer k, Q, and kQ of various length primary coils for a battery-less mini-4WD vehicle
Shinji AbeNaoki SakaiTakashi OhiraToyohashi Univ. of Tech.
As an effective model of wireless power transfer experiments... [more]
RCS 2018-10-18
11:20
東京 機械振興会館 [依頼講演]帯域内全二重通信のソフトウェア無線での評価
宮路祐一石井建至福井崇久小網 敦小松和暉上原秀幸豊橋技科大
帯域内全二重は,同一周波数における同時送受信を可能とし,5G & Beyondに向けて注目されている通信技術である.
... [more]
RCS2018-156
p.37
WPT, EE
(併催)
2018-10-04
14:00
京都 京都大学宇治キャンパス 電界結合型2次元WPTに向けた受電電極の最適構造
熊谷耕輔中原海司坂井尚貴大平 孝豊橋技科大)・矢田祐之早川浩二朗相京秀幸アイシン精機
2次元平面上を走行する移動体へのワイヤレス電力伝送を目的として、平行アレー平板送電電極と
三角形配置受電電極を用いた電... [more]
WPT2018-43
pp.79-83
WIT 2018-06-09
14:45
神奈川 鶴見大学(横浜) 2色覚者のためのスマートグラスによる色識別支援システムの提案
宮田木織金澤 靖豊橋技科大)・太田直哉群馬大
本稿ではシースルー型のスマートグラスを用いた2色覚者のための色識別支援
システムを提案する.提案システムでは,Waki... [more]
WIT2018-3
pp.11-16
ED, CPM, SDM
(共催)
2018-05-24
16:15
愛知 豊橋技科大VBL トンネル状空隙の導入によるSi上Ge層の貫通転位密度低減
八子基樹東大)・石川靖彦豊橋技科大)・和田一実マサチューセッツ工科大
 [more] ED2018-20 CPM2018-7 SDM2018-15
pp.29-32
PRMU, BioX
(共催)
2018-03-19
15:40
東京 青山学院大学 青山キャンパス ボクセル群の奥行き密度を反映した画像による屋内3Dシーン分類
濵田和真青野雅樹豊橋技科大
VR技術の普及に伴い,3Dデータで構成したシーンを使うアプリケーションの需要が高まりつつある.それと同時に,3Dシーンの... [more] BioX2017-68 PRMU2017-204
pp.189-194
MBE, NC
(併催)
2018-03-14
13:35
東京 機械振興会館 サッケード発生パターンに基づくなぞり運動中の手と眼球の協調制御の解析
中村晋之介豊橋技科大)・宍戸恵美子名大/自然科学研究機構)・福村直博豊橋技科大
ヒトが線などを正確に描くには視覚情報が重要であるが,腕運動に反映されるには遅れがあるため,事前計画によるフィードフォワー... [more] NC2017-93
pp.151-156
WIT, IPSJ-AAC
(連催)
2018-03-09
15:10
茨城 筑波技術大学 Image modification for color defectives by mapping the position on confusion lines to pixel blinking
Ryuya YamadaNaoya OhtaGunma Univ.)・Yasushi KanazawaToyohashi Univ. of Tech.
色覚異常者が知覚できない色の違いを、画素の点滅情報を用いて表現する手法を以前提案したが、特に色覚異常者に有用と思われるト... [more] WIT2017-71
pp.67-72
 301件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会