お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年6月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 344件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
R 2020-07-11
13:50
その他 オンライン開催 3Vモデルと開発工数を考慮した確率微分方程式モデルに基づく最適メンテナンス問題
田村慶信杉崎航大東京都市大)・山田 茂鳥取大
 [more]
CCS 2020-03-26
11:00
東京 法政大学(市ケ谷キャンパス) 複数の分布間距離を扱うGenerative Adversarial Networks
比田井真也中野秀洋宮内 新東京都市大CCS2019-39
Generative Adversarial Networks (GAN)は2つのネットワークを交互に訓練することで学習... [more] CCS2019-39
pp.21-24
NS, IN
(併催)
2020-03-06
15:50
沖縄 Royal Hotel 沖縄残波岬 携帯電話網の障害発生時におけるIoT機器での通信経路切り替え技術
渡邉直紀瀧田悠一セコム)・中尾彰宏杜 平東大NS2019-253
既存のEPC(Evolved Packet Core)の仕組みでは,契約している通信キャリアのEPCに障害が発生すると,... [more] NS2019-253
pp.431-435
RCS, SR, SRW
(併催)
2020-03-05
14:55
東京 東京工業大学 [依頼講演]6G方式のためのマルチアクセス・変調方式の候補技術と課題
佐和橋 衛東京都市大RCS2019-362
 [more] RCS2019-362
pp.217-222
RCS, SR, SRW
(併催)
2020-03-06
10:35
東京 東京工業大学 シングルキャリアLOS-MIMOにおけるダブルグレイマッピングを用いるパーシャルLDPC符号化を適用した周波数領域等化の誤り率特性
青野佳奈鄭 斌佐和橋 衛東京都市大)・神谷典史NECRCS2019-387
 [more] RCS2019-387
pp.347-352
NS, ICM, CQ, NV
(併催)
2019-11-21
12:10
兵庫 神戸大学 六甲台第2キャンパス トラヒック変動を考慮したSDNコントローラ間の不整合の低減に関する検討
小杉 將塩本公平東京都市大ICM2019-23
大規模ネットワークにおいて1台のSDNコントローラですべてのネットワーク機器を集中制御することは,コントローラ容量や拡張... [more] ICM2019-23
pp.13-18
ISEC, SITE, LOIS
(共催)
2019-11-02
14:20
大阪 大阪大学 吹田キャンパス ネットワークログイン用パスワード保管手法の提案 ~ スクリーンショットの外部記憶領域保存 ~
土屋 純関 良明東京都市大ISEC2019-82 SITE2019-76 LOIS2019-41
パスワードによる認証は一般的な記憶認証の手法である.パスワードの強度を保つために使い回さず,複雑であることが望ましいが,... [more] ISEC2019-82 SITE2019-76 LOIS2019-41
pp.127-132
RCS 2019-10-25
09:30
神奈川 横須賀リサーチパーク (YRP) 28GHz帯におけるNB-IoTの同期信号を用いた場合の物理レイヤセルID検出確率特性
井上大輔太田恭吾佐和橋 衛東京都市大)・永田 聡NTTドコモRCS2019-192
本稿では,28 GHz 帯の周波数スペクトルにおいて,Narrowband (NB)-Internet-of-Thing... [more] RCS2019-192
pp.77-82
RCS 2019-10-25
09:55
神奈川 横須賀リサーチパーク (YRP) 28GHz帯におけるNRの同期信号を用いた場合の物理レイヤセルID検出確率特性
太田恭吾佐和橋 衛東京都市大)・永田 聡NTTドコモRCS2019-193
 [more] RCS2019-193
pp.83-88
NLP, CAS
(共催)
2019-10-22
09:15
岐阜 岐阜大学 ヒステリシスニューラルネットワークを用いた制約条件充足問題
源河拓巳神野健哉東京都市大CAS2019-24 NLP2019-64
制約条件充足問題を解決することは重要であり、非常に多くの解決方法が提案されている . ニューラルネットワークを用いた方法... [more] CAS2019-24 NLP2019-64
pp.7-10
RCS, SAT
(併催)
2019-08-22
10:50
愛知 名古屋大学 6GHzより低い周波数スペクトルにおけるNRの同期信号を用いた場合のセルID検出確率特性
太田恭吾佐和橋 衛東京都市大)・永田 聡NTTドコモRCS2019-150
 [more] RCS2019-150
pp.25-30
RCS, SAT
(併催)
2019-08-22
11:15
愛知 名古屋大学 LOS-MIMOにおけるFDEを用いた場合のパイロット系列の相関電力に基づくシンボルタイミング検出法
青野佳奈佐和橋 衛東京都市大)・神谷典史NECRCS2019-151
本稿では,周波数領域等化(FDE: Frequency Domain Equalizer) を用いるシングルキャリアLi... [more] RCS2019-151
pp.31-36
RCS 2019-06-19
09:30
沖縄 宮古島 平良港ターミナルビル フルデュープレクスにおけるスロット単位のシンボル繰り返しを用いる物理チャネル多重法の特性
吉田和樹佐和橋 衛東京都市大)・岸山祥久NTTドコモRCS2019-37
フルデュープレクス(FD: Full Duplex)は,従来のハーフデュープレクス(HD: Half Duplex) F... [more] RCS2019-37
pp.1-6
RCS 2019-06-19
09:40
沖縄 宮古島 平良港ターミナルビル Faster-than-Nyquistを用いるOFDMにおける時間分割参照信号多重を用いたときのブロック誤り率特性
菖蒲谷 翼阿南光隆佐和橋 衛東京都市大)・岸山祥久NTTドコモRCS2019-38
本稿では,Faster-than-Nyquist (FTN) を用いる直交周波数分割多重(OFDM: Orthogona... [more] RCS2019-38
pp.7-12
EST 2019-05-17
14:40
愛知 名古屋工業大学 シリコン基板へのH/Heイオン照射による損失低減と比誘電率の変化
平野拓一東京都市大)・水野麻弥NICT)・李 寧上智大)・井上 剛曽我部正嗣住重アテックス)・岡田健一東工大EST2019-5
高周波電磁界のCMOSシリコン(Si)基板での損失を低減するために水素(H)またはヘリウム(He)のイオンを照射する技術... [more] EST2019-5
pp.19-23
RCS, IN, NV
(併催)
2019-05-16
09:20
神奈川 慶應義塾大学 シングルキャリアLOS-MIMOにおける巡回シフトCDMパイロット信号多重を用いる周波数領域等化の誤り率特性
青野佳奈鄭 斌佐和橋 衛東京都市大)・神谷典史NECRCS2019-20
 [more] RCS2019-20
pp.1-6
IMQ, IE, MVE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2019-03-15
14:50
鹿児島 鹿児島大学 郡元キャンパス OpenFlowを用いたIoT用UDPパケットのIPv6/IPv4フロー制御
浅田裕紀藤井哲郎東京都市大CQ2018-115
近年,設置されるIoTの数が爆発的に増えており2020年には約400億台に達すると言われている.通常IoTではデータ収集... [more] CQ2018-115
pp.123-128
HIP 2019-03-10
12:30
高知 高知工科大 永国寺キャンパス 単一の味刺激に視覚刺激と触覚刺激を複数与えることによる擬似的な食体験再現システム
山本有里佳田野俊一橋山智訓電通大)・市野順子東京都市大HIP2018-97
本論文では,単一の味刺激に複数の視覚刺激と触覚刺激を与えた実験について記述する.視覚刺激には,食物の3Dモデルを用い,触... [more] HIP2018-97
pp.75-80
IN, NS
(併催)
2019-03-04
09:00
沖縄 沖縄コンベンションセンター Adversarial Autoencoderを用いた半教師あり学習によるネットワーク侵入検知システムの検討
原 和希塩本公平東京都市大NS2018-193
近年,IoT デバイスの増加に伴うトラフィックの増加により,侵入検知システム(IDS) の重要性が増している. 特に,高... [more] NS2018-193
pp.1-6
RCS, SIP, IT
(共催)
2019-01-31
10:40
大阪 大阪大学 中之島センター NRの同期信号を用いる周波数オフセット推定・補償を行ったときのセルID検出確率特性
太田恭吾志村 彩佐和橋 衛東京都市大)・永田 聡NTTドコモIT2018-39 SIP2018-69 RCS2018-246
本稿では,New Radio (NR)の同期信号を用いた周波数オフセット推定・補償を行った場合の物理セルID (PCID... [more] IT2018-39 SIP2018-69 RCS2018-246
pp.25-30
 344件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会