お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 287件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
PN 2020-08-24
10:30
ONLINE オンライン開催 もつれ状態への局所的雑音の適用による非局所的雑音
太田昌孝東工大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
SAT, RCS
(併催)
2020-08-21
14:05
ONLINE オンライン開催 W-OFDMシステムにおける窓関数特性評価と低演算量ICIおよびISI除去技術
劉 子昂張 裕淵府川和彦東工大
 [more]
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-ARC
(連催) [詳細]
2020-07-31
18:00
ONLINE オンライン開催 行列積演算に対する積符号を用いた誤り訂正法の検討
勝 悠貴金子晴彦東工大CPSY2020-16 DC2020-16
 [more] CPSY2020-16 DC2020-16
pp.99-104
MWP 2020-05-28
15:55
ONLINE オンライン開催 120GHz帯SRRバンドストップフィルタの透過性制御
枚田明彦板倉弘一朗千葉工大)・戸村 崇広川二郎東工大)・渡邊一世関根徳彦笠松章史NICTMWP2020-5
 [more] MWP2020-5
pp.23-26
PN 2020-03-03
11:00
鹿児島 奄美市社会福祉センター qubit状態の振り子振動による表現
太田昌孝東工大PN2019-65
Diracの,絶対位相は量子論では意味がないので量子重ね合わせと古典重ね合わせは本質的に異なるという誤解は今日でも多くの... [more] PN2019-65
pp.77-80
SP, EA, SIP
(共催)
2020-03-03
09:00
沖縄 沖縄産業支援センター [ポスター講演]音素セット縮小に用いる言語モデル比較
古明地秀治田中聡久東京農工大)・篠田浩一東工大EA2019-152 SIP2019-154 SP2019-101
音素セット縮小に用いる言語モデルを比較する.
音素セット縮小は,学習データが少なく全音素の学習が難しいタスクにおいて,... [more]
EA2019-152 SIP2019-154 SP2019-101
pp.295-300
IPSJ-SLDM, IPSJ-ARC
(共催)
RECONF, VLD, CPSY
(共催)
(連催) [詳細]
2020-01-22
17:20
神奈川 慶応義塾大学 日吉キャンパス 来往舎 アンサンブル学習を用いたスパースCNNのFPGA実装に関して
倉持亮佑佐田悠生下田将之佐藤真平中原啓貴東工大VLD2019-65 CPSY2019-63 RECONF2019-55
畳み込みニューラルネットワーク (CNN) は主に画像を対象としたタスクに広く用いられており,従来の 手法と比較して非常... [more] VLD2019-65 CPSY2019-63 RECONF2019-55
pp.67-72
IPSJ-SLDM, IPSJ-ARC
(共催)
RECONF, VLD, CPSY
(共催)
(連催) [詳細]
2020-01-22
17:45
神奈川 慶応義塾大学 日吉キャンパス 来往舎 畳み込みニューラルネットワークを用いた単眼深度推定のFPGA実装について
佐田悠生下田将之佐藤真平中原啓貴東工大VLD2019-66 CPSY2019-64 RECONF2019-56
深度推定は3次元のシーン解析に不可欠であり,ロボティクスや自動運転,ドローンなどで活用されている.
近年の畳み込みニュ... [more]
VLD2019-66 CPSY2019-64 RECONF2019-56
pp.73-78
IBISML 2020-01-09
14:15
東京 統計数理研究所 一部が変化するデータの統計的学習理論
片岡諭史東工大IBISML2019-21
統計的推測は,データの真の情報源に対する汎化損失や自由エネルギーを調べることで,精度を評価できる.
前処理,記録ミスな... [more]
IBISML2019-21
pp.25-30
DE, IPSJ-DBS
(連催)
2019-12-24
10:25
東京 国立情報学研究所(NII) 知識グラフに基づくモデル独立型推薦解釈システム
チン ギョクコウ宮崎 純東工大DE2019-23
 [more] DE2019-23
pp.13-17
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2019-11-14
09:40
愛媛 愛媛県男女共同参画センター Wide-SIMDを用いたISAベースのスパースCNNのFPGA実装
神宮司明良佐藤真平中原啓貴東工大RECONF2019-37
畳み込みニューラルネットワーク (Convolutional Neural Network : CNN) は画像認識で高... [more] RECONF2019-37
pp.9-14
OCS, LQE, OPE
(共催)
2019-10-17
10:00
鹿児島 サンプラザ天文館(鹿児島) GaInAsP半導体薄膜分布反射型レーザの最適な光閉じ込めに関する考察
高橋直樹方 偉成齋藤孝一雨宮智宏西山伸彦東工大OCS2019-28 OPE2019-66 LQE2019-44
大規模集積回路はこれまで、スケーリング則に従い高性能化を実現してきた。しかし近年、スケーリング則に伴う素子の微細化により... [more] OCS2019-28 OPE2019-66 LQE2019-44
pp.7-10
MIKA
(第二種研究会)
2019-10-04
10:15
北海道 北海道大学 [ポスター講演]ミリ波帯において見通し線上における障害物による遮蔽損失の解析手法と実験
杜 鑫齋藤健太郎高田潤一東工大)・中村光貴久野伸晃山田 渉NTT
ミリ波帯において安定な通信システムを構築するために,障害物による電波遮蔽損失の予測手法が必要である.本研究では暗室環境に... [more]
RECONF 2019-09-20
11:40
福岡 北九州国際会議場 サーマル画像に対する歩行者検出とそのFPGA実装について
倉持亮佑下田将之佐田悠生佐藤真平中原啓貴東工大RECONF2019-26
サーマルカメラは一般的なカメラと違い物体の熱を測定することができるため, 出力画像が光の有無に左右されにくいという利点が... [more] RECONF2019-26
pp.31-36
EA, ASJ-H, ASJ-AA
(共催)
2019-07-17
13:25
北海道 札幌市民交流プラザ(札幌市) 抵抗器における高調波歪み測定方法の検討
宮岡洋平黒澤 実東工大EA2019-16
音質の違いについて歪みという観点から現象解明しようと試みている.現象解明には素子レベルでの歪み測定を行うことが必要である... [more] EA2019-16
pp.83-86
QIT
(第二種研究会)
2019-05-21
16:10
福岡 九州大学 筑紫キャンパス グラフ彩色問題の指数時間量子アルゴリズム
清水一矢森 立平東工大
本研究では代表的な NP 完全問題の一つであるグラフ k-彩色問題について,指数時間量子アルゴリズムを導出した.現在最速... [more]
AP 2019-05-16
15:30
兵庫 かんぽの宿 有馬 [特別講演](口頭発表)垂直・水平内の 2次元配置Massive MIMOを用いたセル設計のための時間・空間電波伝搬モデル
藤井輝也東工大
 [more]
NS 2019-05-17
12:00
東京 工学院大学 新宿キャンパス NGN接続料における優先パケット課金のモデル化
相田 仁東大)・酒井善則東工大NS2019-34
2018年12月から2019年2月にかけて総務省で開催された「NGNコストドライバの見直しに関するワーキンググループ」に... [more] NS2019-34
pp.81-86
RECONF 2019-05-09
16:10
東京 東工大蔵前会館 電波望遠鏡用デジタル分光器向け 畳込みニューラルネットワークを用いた識別機に関して
中原啓貴佐藤真平東工大RECONF2019-19
 [more] RECONF2019-19
pp.103-108
RECONF 2019-05-10
10:00
東京 東工大蔵前会館 マルチパス構造を持つ意味的領域分割モデルのFPGA実装
佐田悠生下田将之佐藤真平中原啓貴東工大RECONF2019-10
畳み込みニューラルネットワークは高い認識精度を持ち,様々な画像認識アプリケーションを組み込み機器へ応用することが期待され... [more] RECONF2019-10
pp.49-54
 287件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会