お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 468件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NS 2021-10-07
10:05
ONLINE オンライン開催 Federated Learningにおける蒸留を用いたデバイス処理軽減手法の検討
矢島大路芝浦工大)・小野翔多東大)・三好 匠山崎 託シルバーストン トーマス芝浦工大
 [more]
NS 2021-10-07
11:30
ONLINE オンライン開催 SDNを適用したVANETにおける遅延削減手法の検討
平田和也芝浦工大)・小野翔多東大)・三好 匠山崎 託シルバーストン トーマス芝浦工大
 [more]
NS 2021-10-08
09:15
ONLINE オンライン開催 リッチクライアントを用いたプライバシ保護に優れた分散機械学習の検討
高野紗輝お茶の水女子大)・中尾彰宏東大)・山口実靖工学院大)・小口正人お茶の水女子大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
HIP 2021-09-16
13:30
ONLINE オンライン開催 (Zoom) 悲しみ・喜び表情を観察した場合の感情状態の変化:表情の感情強度の影響
大橋佳奈立命館大)・吉田成朗東大)・渡邊伸行金沢工大)・金谷英俊仲 真紀子北岡明佳立命館大)・佐藤隆夫人間環境大HIP2021-21
参加者が,モニターに映される自身の顔の表情が中立から悲しみへと変化する映像を観察した場合,参加者には悲しみ感情が生起した... [more] HIP2021-21
pp.1-4
NLC 2021-09-16
09:10
ONLINE オンライン開催 系列ラベリングによる原因・結果表現抽出の試み
坂地泰紀和泉 潔東大)・加藤惇雄大和総研)・長尾慎太郎大和アセットマネジメントNLC2021-6
本研究では,汎用言語モデルと手がかり表現を用いた新たな原因・結果表現を抽出する手法の提案を行う.
さらに,1文中に複数... [more]
NLC2021-6
pp.1-4
NLC 2021-09-16
14:35
ONLINE オンライン開催 金融ドメインにおける事前学習BERTモデルの性能検証
鈴木雅弘坂地泰紀平野正徳和泉 潔東大NLC2021-12
近年,BERTをはじめとした大規模コーパスによって事前学習された汎用言語モデルが盛んに用いられている.日本語においてもW... [more] NLC2021-12
pp.26-29
SWIM, SC
(共催)
2021-08-27
09:35
ONLINE オンライン開催 (FIT2021との併催) レシートの商品特定に効果的な組み合わせ検索手法とその評価
飯島理人中山雅哉東大SWIM2021-13 SC2021-11
レシート記載商品名は店舗ごとに表記揺れが存在し,どの商品を表しているのか不明瞭であるという課題がある.レシート記載商品名... [more] SWIM2021-13 SC2021-11
pp.1-6
US 2021-06-18
13:25
ONLINE オンライン開催 二重反射面構造による円筒型導波路への強力超音波導入(チューブ型DPLUS)
山田恭平陳 康東大)・入江喬介マイクロソニック)・飯島高志東京理科大)・三宅 奏森田 剛東大US2021-9
DPLUSは二重反射面構造により広帯域(0-2.5 MHz)かつ高出力(数MPa)の超音波を細棒先端に局所的に生成できる... [more] US2021-9
pp.6-11
RECONF 2021-06-09
09:30
ONLINE オンライン開催 FPGAを用いたフルパイプラインによるバイラテラルフィルタの高速化手法
橋本信歩高前田伸也東大RECONF2021-8
バイラテラルフィルタ (BF) は,エッジを保持しながらノイズ除去を行うことができるため,画像処理に広く用いられている.... [more] RECONF2021-8
pp.38-43
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2021-05-24
11:50
ONLINE オンライン開催 趣味と学習における知的選好の関連 ~ Magic: The Gatheingプレイヤーを対象とした検討 ~
佐々木一洋清河幸子東大HCS2021-6 HIP2021-6
学習内容や課題自体に面白さを感じる内発的動機づけを持つことがよい学習につながるとされてきた.しかし,内容のどのような側面... [more] HCS2021-6 HIP2021-6
pp.27-32
ISEC 2021-05-19
15:00
ONLINE オンライン開催 [招待講演]Efficiency and Accuracy Improvements of Secure Floating-Point Addition over Secret Sharing (from IWSEC 2020)
佐々木康太東大)・縫田光司九大ISEC2021-8
秘密計算において,多くの応用先で浮動小数点数に対する演算が必要であるが,これらは基本的に複雑である.特に,浮動小数点数の... [more] ISEC2021-8
p.33
PRMU, IPSJ-CVIM
(連催)
2021-03-05
15:40
ONLINE オンライン開催 360°画像を用いた交差点での交通事故予測の試み
田中大揮相澤清晴東大PRMU2020-97
本研究では,深層学習を用いて交通事故予測問題を解く取り組みを行った.交通事故は様々な要因が複雑に組み合わさって発生する事... [more] PRMU2020-97
pp.158-163
NC, MBE
(併催)
2021-03-03
09:00
ONLINE オンライン開催 Control Costs for Brain State Transitions in Stochastic Neural Systems
Shunsuke KamiyaThe Univ. of Tokyo)・Genji KawakitaSwarthmore Coll.)・Shuntaro SasaiAraya Inc.)・Jun KitazonoMasafumi OizumiThe Univ. of Tokyo
 [more]
NC, MBE
(併催)
2021-03-04
09:00
ONLINE オンライン開催 MIMOリモートセンシングシステムのための高階テンソル独立成分分析の提案
後藤征士郎夏秋 領廣瀬 明東大NC2020-54
本論文は,分離テンソルの軸カテゴリを有効利用するテンソルICAとして,高階独立成分分析(Higher-Order Ten... [more] NC2020-54
pp.65-70
NC, MBE
(併催)
2021-03-04
14:10
ONLINE オンライン開催 複素ニューラルネットワークを利用した非侵襲型ミリ波血糖値測定システムのための誘電体装荷導波管プローブの提案
長江セコウ廣瀬 明東大MBE2020-46
本論文では、非侵襲型ミリ波の血糖値を測るシステムのために誘電体装荷導波管プローブを提案する。プ ローブは送信ポート、計測... [more] MBE2020-46
pp.32-35
MVE, IMQ, IE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2021-03-01
09:45
ONLINE オンライン開催(崇城大学から変更) 教師あり対照学習にもとづく行動検出
飯田啓太汪 雪婷山崎俊彦東大IMQ2020-10 IE2020-50 MVE2020-42
本稿では、動画からの行動検出を高い精度で行えるような特徴表現を獲得するための手段として、教師あり対照学習の応用手法の提案... [more] IMQ2020-10 IE2020-50 MVE2020-42
pp.1-6
MVE, IMQ, IE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2021-03-03
14:40
ONLINE オンライン開催(崇城大学から変更) 交互作用を用いた深層学習の意味的・量的説明生成
夏 博恵汪 雪テイ山崎俊彦東大IMQ2020-35 IE2020-75 MVE2020-67
近年深層学習の技術が目覚ましい進歩を遂げるにつれ,モデルの説明性に関心が寄せられるようになり,研究が盛んに進められている... [more] IMQ2020-35 IE2020-75 MVE2020-67
pp.127-132
CPSY, RECONF, VLD
(共催)
IPSJ-ARC, IPSJ-SLDM
(共催)
(連催) [詳細]
2021-01-25
15:40
ONLINE オンライン開催 Implementation of Quantized Deep Neural Network on FPGA
Pan HongyiAIST/The Univ. of Tokyo)・Ben Ahmed AkramIkegami TsutomuAIST)・Tominaga KazukiThe Univ. of Tokyo)・Kudoh TomohiroAIST/The Univ. of TokyoVLD2020-50 CPSY2020-33 RECONF2020-69
 [more] VLD2020-50 CPSY2020-33 RECONF2020-69
pp.63-68
CPSY, RECONF, VLD
(共催)
IPSJ-ARC, IPSJ-SLDM
(共催)
(連催) [詳細]
2021-01-26
10:55
ONLINE オンライン開催 FPGA/GPU協調によるネットワーク型不正侵入検知システムの構築
菊地駿太産総研/東大)・池上 努Akram ben Ahmed産総研)・工藤知宏東大/産総研)・小林諒平藤田典久朴 泰祐筑波大VLD2020-59 CPSY2020-42 RECONF2020-78
近年,CPUの性能向上が鈍化していることなどにより,複数種類のプロセッサを組み合わせて処理を行うヘテロジーニアスコンピュ... [more] VLD2020-59 CPSY2020-42 RECONF2020-78
pp.113-118
SIP, IT, RCS
(共催)
2021-01-21
10:55
ONLINE オンライン開催 2元AIFV-m符号の最悪冗長度が1/mである予想の反例と改良
中村優太植田大智岩田賢一福井大)・山本博資東大IT2020-73 SIP2020-51 RCS2020-164
Hu, Yamamoto, Honda は,2 元 AIFV-m 符号を定義し,m = 2, 3, 4 に対して,2 元... [more] IT2020-73 SIP2020-51 RCS2020-164
pp.58-63
 468件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会