お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 13件中 1~13件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EMM, LOIS, IE
(共催)
IEE-CMN, ITE-ME
(共催)
(連催) [詳細]
2018-09-28
14:05
大分 ビーコンプラザ(別府国際コンベンションセンター) Study on speech watermarking based on robust principal component analysis and formant manipulations
Shengbei WangWeitao YuanJianming WangTJPU)・○Masashi UnokiJAISTLOIS2018-21 IE2018-41 EMM2018-60
 [more] LOIS2018-21 IE2018-41 EMM2018-60
pp.77-82
SANE 2018-08-24
16:15
東京 電子航法研究所 [特別講演]宇宙旅行産業が要求する広範囲な技術開発
パトリック コリンズ日本宇宙旅行協会SANE2018-43
 [more] SANE2018-43
pp.57-60
ET 2015-10-31
14:20
大分 日本文理大学 湯布院研修所 クラウドサービスを用いた臨床検査技師・臨床工学技士国家試験学習システムの試作
大久保英一帝京短大)・小林和生帝京科学大ET2015-48
医療技術職である臨床検査技師・臨床工学技士は、物理・電気分野の工学知識も必要とする資格である。国家試験は5 者択一や多肢... [more] ET2015-48
pp.27-30
EMCJ, EST
(共催)
2014-09-12
11:45
北海道 北見工業大 大規模数値電磁界解析におけるネットワーク上へのデータストアを目指したRDMA実装によるI/O性能の改善
尾西翔平首都大東京)・チャカロタイ ジェドヴィスノプNICT)・橋川伸吾テクノロジー・ジョイント)・鈴木敬久首都大東京EMCJ2014-35 EST2014-49
近年,HPC (High Performance Computing) 技術の発達により,様々な分野で大規模数値解析が行... [more] EMCJ2014-35 EST2014-49
pp.23-27
OFT 2014-05-30
11:15
山形 山形大学(米沢) CFRP-FBGによる放射性廃棄物処理コンテナの老朽化及び放射能漏れセンサの開発
佐々木一正千歳科技大)・後藤正雄防災光技術ジャパン)・山田 誠阪府大OFT2014-14
福島原発の事故による放射性廃棄物の処理については国家的課題となっている.最近,これを特殊な遮蔽材によるコンテナによって貯... [more] OFT2014-14
pp.65-68
SAT 2009-10-29
13:20
奈良 奈良県新公会堂 衛星信号重畳用干渉キャンセラの非線形系での特性評価実験
久保健太松田裕貴大澤嘉代子奈良先端大)・嶋田太郎直井茂雄武田養造スカパーJSAT)・宮本龍介・○原 孝雄岡田 実奈良先端大SAT2009-22
 [more] SAT2009-22
pp.23-28
LQE, OPE
(共催)
2009-06-19
17:10
東京 機械振興会館6階66号室 波長1.3um帯InAs/GaAs量子ドットレーザ ~ 単一モード化、高速化の検討 ~
田中 有富士通研/富士通/QDレーザ/光協会)・高田 幹石田 充東大)・前多泰成QDレーザ)・松本 武江川 満宋 海智富士通研)・山口正臣QDレーザ)・中田義昭富士通研/QDレーザ)・西 研一QDレーザ)・山本剛之富士通研/富士通/光協会)・菅原 充富士通研/富士通/QDレーザ/光協会)・荒川泰彦東大OPE2009-29 LQE2009-32
 [more] OPE2009-29 LQE2009-32
pp.67-72
AI 2008-06-30
17:45
東京 関学丸の内キャンパス(東京) オントロジーを用いた文書間類似度計算手法
溝口祐美子中本利明東芝)・浅川一満東芝情報システム)・長野伸一稲葉真純川村隆浩東芝AI2008-15
本稿では, 文書間の意味的な類似性をオントロジーを用いて計算する方法を提案する. 本手法は, 比較対象である2つの文章か... [more] AI2008-15
pp.87-92
VLD, CAS, SIP
(共催)
2008-06-26
14:10
北海道 北海道大学 高等教育機能開発センター QR分解のハードウェア化 ~ QR分解のMUSIC法への適応事例 ~
大黒昭宜巳本善行東芝情報システムCAS2008-12 VLD2008-25 SIP2008-46
エルミート行列での固有値分解手法のひとつにQR分解がある。固有値、固有ベクトルを求めるQR分解手法は、ハウスホルダー変換... [more] CAS2008-12 VLD2008-25 SIP2008-46
pp.63-68
CAS, NLP
(共催)
2007-10-18
13:40
東京 武蔵工業大学 固有値分解システムのハードウェア化 ~ リアルタイム固有値分解システム ~
大黒昭宜巳本善行東芝情報システムCAS2007-44 NLP2007-72
固有値分解において、3×3行列と4×4行列に適用できる二分法と1024×1024行列までの中規模の固有値分解に適用したQ... [more] CAS2007-44 NLP2007-72
pp.55-60
ICD 2007-04-13
09:10
大分 大分県・湯布院・七色の風 Floating Body RAM技術開発及びその32nm nodeへ向けたScalability
中島博臣楠 直樹篠 智彰東芝)・東 知輝東芝マイクロエレクトロニクス)・大澤 隆藤田勝之幾見宣之松岡史宜福田 良渡辺陽二南 良博東芝)・坂本篤史東芝情報システム)・西村 潤浜本毅司仁田山晃寛東芝ICD2007-10
SOI基板上にFloating Body RAM技術の開発を行ってきたが、今回、SOI膜厚を43nmまで薄膜化し16Mb... [more] ICD2007-10
pp.53-58
ICD 2006-04-13
11:35
大分 大分大学 90nm node CMOSプロセスによる128Mb-FBC(Floating Body Cell)メモリの技術開発
中島博臣南 良博篠 智彰東芝)・坂本篤史東芝情報システム)・東 知輝東芝マイクロエレクトロニクス)・楠 直樹藤田勝之初田幸輔大澤 隆青木伸俊谷本弘吉森門六月生井納和美浜本毅司仁田山晃寛東芝
SOI基板上にFBC(Floating Body Cell)とよぶメモリセルを用いて90nmCMOSコンパチの128Mb... [more] ICD2006-5
pp.25-30
ICD, CPM
(共催)
2005-09-09
09:00
東京 機械振興会館 [招待講演]高速ディジタルデバイス実装における高周波電気的特性の検討
上田千寿エー・イー・ティー・ジャパン
 [more] CPM2005-96 ICD2005-106
pp.1-5
 13件中 1~13件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会