お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 73件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SIP, IT, RCS
(共催)
2021-01-22
14:00
ONLINE オンライン開催 複数セル構成におけるユーザ分布を考慮したHAPS動的セル制御アルゴリズム
柴田洋平星野兼次長手厚史SB
 [more]
SR 2020-11-19
15:00
ONLINE オンライン開催 HAPS・地上移動通信システム間の下りリンク周波数共用における干渉回避制御の適用効果
小西光邦西巻卓哉柴田洋平生天目 翔長手厚史ソフトバンクSR2020-37
成層圏プラットフォーム(HAPS: High-Altitude Platform Station)は,高度20kmの成層... [more] SR2020-37
pp.92-99
RCS 2020-10-23
11:15
ONLINE オンライン開催 超広域カバレッジおよび大容量を実現するHAPS向けシリンダMassive MIMOの基礎検討
田代晃司星野兼次長手厚史ソフトバンクRCS2020-105
空・海・山へ向けた大幅なカバレッジ拡張は次世代モバイル通信規格6Gにおける重要なコンセプトのひとつであり,これを実現する... [more] RCS2020-105
pp.69-74
MW, AP
(併催)
2020-09-25
11:40
ONLINE オンライン開催 HAPSシステムにおけるフィーダリンク用アンテナの構成及びビーム方向制御に関する検討
松浦一樹太田喜元ソフトバンクAP2020-65
成層圏プラットフォーム(HAPS : High-Altitude Platform Station)を用いた地上のセルラ... [more] AP2020-65
pp.150-155
SAT, RCS
(併催)
2020-08-20
15:35
ONLINE オンライン開催 [招待講演]6Gに向けたHAPSモバイルブロードバンド通信の研究開発
長手厚史星野兼次太田喜元ソフトバンクSAT2020-18 RCS2020-82
 [more] SAT2020-18 RCS2020-82
p.45(SAT), p.21(RCS)
SAT, RCS
(併催)
2020-08-21
13:25
ONLINE オンライン開催 [特別講演]Skyloによる衛星IoTサービスのご紹介
吉田 修浦 真人松井裕明伊藤 雄ソフトバンクSAT2020-22 RCS2020-85
静止衛星を利用して小型通信端末にIoT通信を提供するサービスが海外で始められようとしている.このサービスを計画しているの... [more] SAT2020-22 RCS2020-85
p.65(SAT), p.35(RCS)
AP, SANE, SAT
(併催)
2020-07-17
13:50
ONLINE オンライン開催 HAPSシステムにおけるフットプリント固定を実現するサービスリンクアンテナの試作装置開発及び基礎実験評価
須藤渉一星野兼次太田喜元ソフトバンクAP2020-22
成層圏プラットフォーム(High-Altitude Platform Station : HAPS)は地上の携帯端末との... [more] AP2020-22
pp.75-80
AP 2020-05-21
14:05
沖縄 沖縄県男女共同参画センターてぃるる
(開催中止,技報発行なし)
HAPSシステムにおけるサービスリンク用シリンダ型アレイアンテナの実験評価
須藤渉一星野兼次太田喜元ソフトバンク
 [more]
AP 2020-05-21
14:30
沖縄 沖縄県男女共同参画センターてぃるる
(開催中止,技報発行なし)
上空基地局用マルチビームコンフォーマルアレイアンテナの検討(1)
太田喜元ソフトバンク
 [more]
WPT 2020-03-06
15:50
京都 京都大学宇治キャンパス
(開催中止,技報発行あり)
成層圏プラットフォームに向けた長方形アンテナによるマイクロ波無線電力伝送システム検討
中本悠太篠原真毅京大)・長谷川直輝太田喜元ソフトバンクWPT2019-69
通信エリア拡大や災害時通信に向けた新しい通信プラットフォームとして成層圏プラットフォームが注目を集めている.
成層圏プ... [more]
WPT2019-69
pp.61-66
ICM 2020-03-03
13:30
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島)
(開催中止,技報発行あり)
ネットワークの全体把握を可能にする構成図描画方式の検討
小城朋寛ソフトバンク)・小島慎太郎コーダンスICM2019-57
キャリアクラスの大規模ネットワーク(以後NWと記載)の設計書には100を超えるNW構成図が掲載される.各々の図には特定の... [more] ICM2019-57
pp.91-94
AP 2020-02-21
10:20
静岡 静岡大学 浜松キャンパス [依頼講演]合成開口アンテナによる複数基地局環境到来方向測定
豊見本和馬山口 良SB)・福迫 武熊本大AP2019-188
 [more] AP2019-188
pp.41-45
AP, WPT
(併催)
2020-01-24
09:25
香川 サンポートホール高松 [依頼講演]HAPS通信における都市部高仰角クラッター損失の測定解析
佐藤彰弘木村 翔表 英毅ソフトバンクAP2019-166
超広域のカバーエリアや災害に強いネットワークを実現する新たな移動通信プラットフォームとして成層圏プラットフォーム(HAP... [more] AP2019-166
pp.87-92
AP, WPT
(併催)
2020-01-24
14:45
香川 サンポートホール高松 [依頼講演]スケールモデルによるUHF帯の建物侵入損失のメカニズムの検討
押川幸樹門脇拓哉市坪信一九工大)・表 英毅ソフトバンク)・藤井輝也東工大AP2019-175
携帯電話の3次元セル構成を行うには,建物内の基地局と別の建物内の基地局との干渉が問題になる.このため,屋内から屋内までの... [more] AP2019-175
pp.135-139
IT, SIP, RCS
(共催)
2020-01-24
14:00
広島 広島市青少年センター 5G URLLCにおけるチャネル状態に基づくHARQ早期再送制御の検討
塩満優作岡本英二名工大)・三上 学吉野 仁ソフトバンクIT2019-76 SIP2019-89 RCS2019-306
5G(第5世代移動通信システム)の要求シナリオに,自動運転などを目的としたURLLC (Ultra-Reliable a... [more] IT2019-76 SIP2019-89 RCS2019-306
pp.233-238
AP 2019-12-12
14:40
東京 機械振興会館 縦列走行V2V直接通信2倍波ドップラースペクトルの定式化
山口 良芹澤弘一豊見本和馬宮下真行ソフトバンクAP2019-145
 [more] AP2019-145
pp.19-23
MW 2019-11-14
16:00
沖縄 南大東村多目的交流センター スプリアス抑圧回路とインピーダンス変換回路にT型スタブを用いた高効率ドハティ増幅器
髙木裕貴長谷川直輝太田喜元ソフトバンク)・石川 亮本城和彦電通大MW2019-107
近年の移動体通信システムの高速・大容量化に伴い, 移動体通信で使用する周波数帯は従来の低SHF 帯に加えて, 準ミリ波帯... [more] MW2019-107
pp.41-46
SR 2019-11-05
10:00
海外 Rutgers University, NJ, USA [招待講演]5G Vehicle-to-Vehicle (V2V) Communication Field Trial -- An application of 5G Ultra-Reliable and Low-Latency Communication (URLLC) to Truck Platooning --
Hitoshi YoshinoKohei MotoKoichi SerizawaManabu MikamiSoftBank Corp.SR2019-75
 [more] SR2019-75
pp.29-33
AP 2019-10-18
12:35
大阪 大阪大学 移動体通信における移動局側垂直面電波到来角特性の測定解析
木村 翔表 英毅緒方大悟佐藤彰弘ソフトバンクAP2019-101
移動体通信においてアダプティブアレイアンテナやMIMO等の空間処理アルゴリズムを精度良く評価するためには,電波伝搬損失,... [more] AP2019-101
pp.113-118
SAT 2019-10-11
10:50
福岡 JR博多シティ(福岡) {10F 会議室A+B} Suppression of Sidelobe Level over Specific Points in S-band Assuming International Satellite Operation
Hiroaki MatsuiOsamu YoshidaKota GotoTsuyoshi KuzumakiMasahiko SunagawaSoftBankSAT2019-58
In order to operate a communication satellite, international... [more] SAT2019-58
pp.71-76
 73件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会