お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 30件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2020-12-15
- 2020-12-17
ONLINE オンライン開催 学生によるグループディスカッションの助言作成の試み ~ ディスカッションスキルの評価・分類・助言 ~
江本啓介小山昇平遠藤雅章小城絢一朗湯浅将英湘南工科大
本研究は,学生同士でグループディスカッションをトレーニングすることを想定し,その際のアドバイス作成方法の確立を目標とする... [more]
ET 2020-09-10
14:40
石川 北陸先端科学技術大学院大学 金沢駅前オフィス プログラミング学習時の学習履歴を活用した論理エラーの分析
梅澤克之湘南工科大)・中澤 真会津大短大部)・小林 学早大)・石井雄隆千葉大)・中野美知子平澤茂一早大ET2020-17
 [more] ET2020-17
pp.41-46
ET 2020-03-07
13:00
香川 香川高等専門学校
(開催中止,技報発行あり)
簡易脳波計を用いたプログラミング学習時のケアレスミスの検出
梅澤克之湘南工科大)・中澤 真会津大短大部)・小林 学早大)・石井雄隆千葉大)・中野美知子平澤茂一早大ET2019-100
 [more] ET2019-100
pp.135-140
ET 2019-12-07
15:50
東京 東京農工大学 Scratchを用いた小学校算数科におけるプログラミング教育実践とその学習分析
中澤 真会津大短大部)・梅澤克之湘南工科大ET2019-68
小学校におけるプログラミング必修化に伴い,一般教科の中にどのようにプログラミングの要素を組み込むかということが課題となり... [more] ET2019-68
pp.51-56
MSS, CAS, SIP, VLD
(共催)
2019-07-31
16:20
岩手 岩手大学 機械学習を取り組んだ皮膚変形の計測法
関口 賢森 貴彦湘南工科大CAS2019-21 VLD2019-27 SIP2019-37 MSS2019-21
筋電義手は,我が国では社会復帰促進等事業の下で毎年支給されている.しかし,その支給率は公的支給
制度が整っている欧米に... [more]
CAS2019-21 VLD2019-27 SIP2019-37 MSS2019-21
pp.95-97
ET 2019-07-06
13:00
岩手 岩手県立大学 グループ分け反転授業における自習時の理解度について
梅澤克之湘南工科大)・石田 崇高崎経済大)・中澤 真会津大短大部)・平澤茂一早大ET2019-19
我々は,学生が自宅で自習を行うときに学習ログを取得し,学習時間と理解度の関係から学生を複数のグループに分類した上で教場で... [more] ET2019-19
pp.21-24
ET 2019-06-15
11:05
岐阜 中部学院大学 グループ分け反転授業の2年間の実授業への適用と評価
梅澤克之湘南工科大)・石田 崇高崎経済大)・中澤 真会津大短大部)・平澤茂一早大ET2019-10
近年,授業と宿題の役割を「反転」させ,授業時間に先立って知識習得(自習)を済ませ,教室では知識確認や問題解決学習を行う授... [more] ET2019-10
pp.7-12
CAS, CS
(共催)
2019-03-09
15:00
神奈川 湘南工科大学 人間の外乱入力に基づくパワーアシスト装置の予測軌道の計算
藤田幸之輔森 貴彦湘南工科大CAS2018-155 CS2018-123
著者らはこれまでに人の単関節動作支援を目的に,Maciejowskiのモデル予測制御を用いて,人間の操作力を外乱入力とみ... [more] CAS2018-155 CS2018-123
pp.93-96
HCGSYMPO
(第二種研究会)

三重 シンフォニアテクノロジー響ホール伊勢(伊勢市) 高齢者・認知症者とのコミュニケーショントラブル解決を学ぶためのエージェントシステムの提案
渡邊一矢冨樫 瑛飯村稔真鯨 流聖小城絢一朗湯浅将英湘南工科大
本研究では,通常と異なるコミュニケーションが必要となった高齢者・認知症者との適切な接し方を学ぶためのエージェントシステム... [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)

三重 シンフォニアテクノロジー響ホール伊勢(伊勢市) 擬人化キャラクタで生成される重複会話の評価
湯浅将英湘南工科大
これまでの会話研究により,会話では発話は重複すべきではないとしたルールがあるとされる.しかし,親友間や家族間の会話では相... [more]
ET 2018-10-20
15:10
福岡 福岡工業大学 グループ分け反転授業の実授業への適用とアンケート評価
梅澤克之湘南工科大)・石田 崇高崎経済大)・中澤 真会津大短大部)・平澤茂一早大ET2018-49
近年,反転授業が注目され始めた.反転授業とは,授業と宿題の役割を「反転」させ,授業時間に先立ってデジタル教材等により知識... [more] ET2018-49
pp.65-70
NLP 2018-04-27
11:45
熊本 熊本大学 非対称巡回セールスマン問題におけるカオスニューロダイナミクスを用いた切替機構に関する考察
橘 俊宏湘南工科大)・安達雅春東京電機大NLP2018-19
 [more] NLP2018-19
pp.91-94
ET 2018-03-03
12:50
高知 高知工科大学(永国寺キャンパス) グループ分け反転授業の実授業への適用
梅澤克之小林 学湘南工科大)・石田 崇高崎経済大)・中澤 真会津大短大部)・平澤茂一早大ET2017-123
近年,反転授業が注目され始めた.反転授業とは,授業と宿題の役割を「反転」させ,授業時間に先立って知識習得(自習)を済ませ... [more] ET2017-123
pp.199-204
AI 2017-06-01
16:00
東京 早稲田大学 Restaurant-Guide Site Using Atmosphere Expressed by Abstract Characters -- A Pilot Study to Investigate Perception of Atmosphere Using Characters --
Masahide YuasaKousuke NanbaShonan Institute of Tech.AI2017-6
 [more] AI2017-6
pp.25-26
NLP 2017-03-15
13:30
青森 ねぶたの家 ワ・ラッセ(青森市) バリアマップに向けたニューロ技術のスマートフォンへの実装
橘 俊宏湘南工科大)・井上道哉安達雅春東京電機大)・長澤可也湘南工科大NLP2016-125
車いす利用者は移動の際に段差や傾斜が障害となっており,移動が困難である.このような問題を解決することは必要である.そこで... [more] NLP2016-125
pp.99-102
ET 2017-03-10
14:25
愛媛 新居浜工業高等専門学校 産官学連携を活用したスマートフォンアプリ制作実習
橘 俊宏湘南工科大ET2016-116
コンピュータ応用学科では,特色のある授業としてPBL型授業「チームプロジェクトラーニング」を実施している.これは学部2年... [more] ET2016-116
pp.129-132
LOIS 2017-03-02
10:20
沖縄 大濱信泉記念館 VRシステムを活用した仮想商店街実現に向けての試み
猪股寛之橘 俊宏長澤可也湘南工科大LOIS2016-66
近年VR (virtual reality)技術の様々な利用方法、活用方法が提案され,世間から注目されている.
本研究... [more]
LOIS2016-66
pp.25-28
LOIS 2017-03-02
15:40
沖縄 大濱信泉記念館 スマートフォンアプリを用いた藤沢地域の観光需要動向調査
橘 俊宏湘南工科大)・井上道哉東京電機大)・ウィン キム トウ アン岡田健太木津桜友美齊籐 充佐竹宇志佐藤 翼帖佐友博渡辺 慧湘南工科大LOIS2016-79
神奈川県藤沢市は湘南地域の中心的な都市であると共に,江の島をはじめとする観光資源を抱えている.近年,訪日外国人の観光先と... [more] LOIS2016-79
pp.97-100
ET 2017-01-28
09:10
神奈川 国立特別支援教育総合研究所 自習時のログ情報に基づく効果的な反転授業の評価
梅澤克之小林 学湘南工科大)・石田 崇高崎経済大)・中澤 真会津大短大部)・平澤茂一早大ET2016-78
近年,反転授業が注目され始めた.反転授業とは,授業と宿題の役割を「反転」させ,授業時間に先立ってデジタル教材等により知識... [more] ET2016-78
pp.1-6
NC, NLP
(併催)
2017-01-26
11:20
福岡 北九州学術研究都市 産学連携センター LabVIEW FPGA上でのカオスニューロンの実装化
橘 俊宏岡崎秀晃湘南工科大NLP2016-101
近年,FPGA (field-programmable gate array)など動的再構成可能な素子が注目を集めている... [more] NLP2016-101
pp.25-30
 30件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会