お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 703件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
OME, IEE-DEI, IEE-EFM
(連催)
2022-02-10
11:30
静岡 浜松医科大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
プッシュコート法を用いて積層した逆構造ポリマー有機ELの作製と性能向上
加藤正都関野太介・○伊東栄次信州大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
MI 2022-01-27
13:41
鹿児島 屋久島離島開発総合センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
免疫組織化学画像を用いた子宮体部類内膜癌の画像解析
平塚梨奈千葉大)・木村文一大島健吾信州大)・羽石秀昭千葉大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
SR 2022-01-24
10:15
広島 広島大学 東広島キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
LoRaにおける同一チャネル干渉電力及び占有率推定法による適応チャネル選択
小林 岳田久 修信州大)・安達宏一電通大)・太田真衣福岡大)・藤井威生電通大SR2021-59
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] SR2021-59
pp.7-10
SR 2022-01-25
09:50
広島 広島大学 東広島キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
物理量変換一括収集法による電力検出器を用いた位置推定法の特性評価
小田雅史田久 修信州大SR2021-72
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] SR2021-72
pp.68-72
ET 2022-01-22
10:40
ONLINE オンライン 多様な計測機器とポリメトリクスに対応した歩行データ管理サーバの設計・構築
伊藤嘉浩香山瑞恵信州大)・永井 孝ものつくり大ET2021-43
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] ET2021-43
pp.1-6
SS, MSS
(共催)
2022-01-12
09:15
長崎 長崎県建設総合会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
テスト実行結果を自動分類するためのメソッドにおける近接情報を活用した実行トレースの符号化
池田拓真岡野浩三小形真平信州大)・中島 震NIIMSS2021-46 SS2021-33
テスト実行の結果を自動的に分類する課題はテストオラクル問題と呼ばれる. これはテスト自動化における重要な課題である. 本... [more] MSS2021-46 SS2021-33
pp.83-88
RCS, NS
(併催)
2021-12-16
11:00
奈良 奈良県文化会館+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
パケット型インデックス変調における適応的インデックスマッピング手法
鈴木康介安達宏一電通大)・太田真衣福岡大)・田久 修信州大)・藤井威生電通大RCS2021-176
IoT (Internet-of-Things) の発展に伴い,多端末通信が可能なLoRaWAN (Long Range... [more] RCS2021-176
pp.7-12
RCS, NS
(併催)
2021-12-17
16:00
奈良 奈良県文化会館+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
LPWANにおける周期トラフィックを考慮したリソース割り当て法の検討
蕪木碧仁安達宏一電通大)・田久 修信州大)・太田真衣福岡大)・藤井威生電通大RCS2021-195
近年,様々な機器がインターネットに接続するIoTやM2M通信技術の発展に伴い,省電力広域ネットワーク(LPWAN)が注目... [more] RCS2021-195
pp.101-106
KBSE, SC
(共催)
2021-11-05
13:50
ONLINE オンライン開催+現地(KBSE:盛岡市,SC:なし)
(ハイブリッド開催,主:オンライン開催,副:現地開催)
有効性・効率性に関するUIパターンのカタログ化に向けた定量的評価
齋藤 侑小形真平岡野浩三信州大KBSE2021-25 SC2021-24
Webアプリケーション開発において,開発者は設計時に製品の有効性や効率性を高めるため,Auto CompleteなどのU... [more] KBSE2021-25 SC2021-24
pp.1-6
SR 2021-11-05
13:25
ONLINE オンライン開催 イベント検出のための無線センサネットワークにおけるセンサ情報の効率的な集約方法の最適化
小林強志末廣太貴田久 修不破 泰信州大SR2021-55
 [more] SR2021-55
pp.85-90
CPM 2021-10-27
10:50
ONLINE オンライン開催 二段硫化法を用いたCu2Sn1-xGexS3薄膜の作製
松井祐太ミョー タン テイ橋本佳男信州大)・百瀬成空長野高専CPM2021-22
 [more] CPM2021-22
pp.8-11
CPM 2021-10-27
13:40
ONLINE オンライン開催 CNT/コットンテキスタイル複合材料の構造と特性評価
大山修平藤澤一範村松寛之林 卓哉信州大CPM2021-27
 [more] CPM2021-27
pp.29-30
CPM 2021-10-27
14:00
ONLINE オンライン開催 層状構造を有する窒化炭素膜の化学気相堆積
浦上法之高島健介橋本佳男信州大CPM2021-28
 [more] CPM2021-28
pp.31-35
CPM 2021-10-27
16:00
ONLINE オンライン開催 K0.4Na0.6NbO3とK0.5Na0.5NbO3の混合粉末から作製したK0.45Na0.55NbO3セラミックスの特性
斉京朋輝小林 稜・○番場教子信州大CPM2021-33
本研究では多くの固溶体の母材であるK0.45Na0.55NbO3の特性向上につながる圧電定数d33の粒径依存性を明らかに... [more] CPM2021-33
pp.51-56
ET 2021-09-10
13:40
ONLINE オンライン開催 レポート文書特徴と学習者特性との関連に関する一検討
中山 実東工大)・菊池 聡山本洋雄信州大ET2021-12
批判的思考態度を育成するブレンディッド学習における小論文レポートの言語的特徴による評価の可能性を検討した.
その結果,... [more]
ET2021-12
pp.23-28
BioX, ISEC, SITE, ICSS, EMM, HWS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(連催)
(連催) [詳細]
2021-07-19
11:20
ONLINE オンライン開催 SVMを用いた制御システムに対する偽装命令攻撃の検知
原田雄基布田裕一東京工科大)・岡崎裕之信州大ISEC2021-15 SITE2021-9 BioX2021-16 HWS2021-15 ICSS2021-20 EMM2021-20
工場などで利用される制御システムは,従来はクローズドな環境で運用されてきた.そのため,セキュリティ上の脅威に対してあまり... [more] ISEC2021-15 SITE2021-9 BioX2021-16 HWS2021-15 ICSS2021-20 EMM2021-20
pp.35-40
RCS, SR, NS, SeMI, RCC
(併催)
2021-07-14
13:50
ONLINE オンライン開催 イベント検出のための無線センサネットワークにおけるセンサ情報の効率的な収集方法の実機実験
末廣太貴小林強志田久 修不破 泰信州大SR2021-22
 [more] SR2021-22
pp.16-21
RCS, SR, NS, SeMI, RCC
(併催)
2021-07-16
11:20
ONLINE オンライン開催 物理量変換一括収集法による電波センサを用いた位置推定法の特性評価
小田雅史田久 修信州大SR2021-35
本稿では観測対象から発生した信号強度から観測対象の位置を推定する位置指紋法について検討している.位置指紋法では,事前に観... [more] SR2021-35
pp.73-80
KBSE, SS
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2021-07-08
13:25
ONLINE オンライン開催 (Zoom) 遷移モデル自動導出を考慮した要求仕様書と導出方法の提案
井 浩也大戸柾之介桐生仁司小形真平岡野浩三信州大SS2021-3 KBSE2021-15
 [more] SS2021-3 KBSE2021-15
pp.13-18
KBSE, SS
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2021-07-08
14:15
ONLINE オンライン開催 (Zoom) 仕様書の条件文における状態遷移関係の抽出方法
大西舞子お茶の水女子大)・井 浩也小形真平岡野浩三信州大)・戸次大介お茶の水女子大SS2021-5 KBSE2021-17
ソフトウェア開発において不具合の検出を早期の工程で行うことで,手戻り作業を減らし,開発効率を上げることが一般的に知られて... [more] SS2021-5 KBSE2021-17
pp.25-30
 703件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会