お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 89件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2022-03-08
10:40
ONLINE オンライン開催 Return-Oriented Programmingを用いる自己破壊的耐タンパーソフトウェアの検討(その2)
大石和臣静岡理工科大ICSS2021-69
自己破壊的耐タンパーソフトウェアは,その実装に対して不正に改変が行われると本来とは異なる動作をして解析・攻撃からプログラ... [more] ICSS2021-69
pp.61-65
SWIM 2022-02-18
12:45
ONLINE オンライン開催 エンパワメント型アーツセラピーの評価手法
小村みち阪市大)・林 章浩静岡理工科大SWIM2021-31
筆者はこの10年,市井におけるアーツセラピー活動についての学際的な共同研究に従事している.これまでの調査から,アーツセラ... [more] SWIM2021-31
pp.1-7
SWIM 2022-02-18
13:35
ONLINE オンライン開催 ビッグデータとフォグノードの間の循環型データモデルの提案
工藤 司山本剛大渡邊智紀静岡理工科大SWIM2021-33
現在,大量のデータがビッグデータとしてクラウドサーバで公開されている.しかし,個々の業務システムのデータとは整合しないた... [more] SWIM2021-33
pp.15-22
SWIM 2022-02-18
15:00
ONLINE オンライン開催 小規模製造企業における部品所要量計算の短時間化
村松正視林 章浩静岡理工科大SWIM2021-36
小規模製造企業A社では、部品調達の際、調達する部品の数量を担当者の経験と差によって決定していた。この方法によってA社では... [more] SWIM2021-36
pp.37-43
SWIM 2022-02-18
15:25
ONLINE オンライン開催 Webアプリによる議事録作成支援システムの開発
島田 晃理工科大)・林 章浩静岡理工科大SWIM2021-37
 [more] SWIM2021-37
pp.44-50
SWIM 2022-02-18
16:00
ONLINE オンライン開催 任意の方向からの物体認識用訓練データ生成手法 ~ 動画とCGを活用した2つのアプローチ ~
尾関政朋粂田彩華工藤 司静岡理工科大SWIM2021-38
深層学習を活用した物体認識は,様々な分野で広く活用されている.一方で,学習のための訓練データの準備にはしばしば大きな負荷... [more] SWIM2021-38
pp.51-58
MW 2021-12-16
15:40
神奈川 川崎市産業振興会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ソース接地にラジアルスタブを用いたシリーズ-シリーズフィードバックD-band CMOS増幅器
町井大輝東北大)・本良瑞樹静岡理工科大)・亀田 卓広島大)・末松憲治東北大MW2021-93
100 GHzを超えた周波数帯ではCMOS FETの利得が低いため,高利得化手法が必要であり正帰還が有効である.従来の正... [more] MW2021-93
pp.49-54
ICSS 2021-11-29
13:25
高知 高知城ホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Trusted Execution Environmentの耐タンパー性に関する考察
大石和臣静岡理工科大ICSS2021-47
Trusted Execution Environment (TEE) はハードウェアに基づき隔離実行を実現できる実行環... [more] ICSS2021-47
pp.7-12
SWIM 2021-11-27
15:55
ONLINE オンライン開催 CGの正解画像を使用したCycleGANによる輪郭検出方式
工藤 司静岡理工科大SWIM2021-29
画像からの物体検出の分野では,GANの活用により,ピクセル単位で対象の輪郭検出を行う手法が提案されている.しかし,そのた... [more] SWIM2021-29
pp.23-28
MW 2021-11-19
11:50
鹿児島 鹿児島大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ラジアルスタブを整合回路のACグランドとして用いた130 GHz帯CMOS増幅器
町井大輝東北大)・本良瑞樹静岡理工科大)・亀田 卓広島大)・末松憲治東北大MW2021-79
超100 GHzのCMOS増幅器では十分な利得が得にくいため,整合回路の低損失化は重要な課題である.
整合回路にショー... [more]
MW2021-79
pp.69-74
SDM 2021-11-11
14:00
ONLINE オンライン開催 [招待講演]三次元積層構造に向けた強誘電体HfO2 FeFETの消去動作の効率化に関する研究
小林正治Mo, FeiXiang, JiawenMei, Xiaoran沢辺慶起更屋拓哉平本俊郎東大)・Su, Chun-JungTSRI)・Hu, Vita Pi-HoNTUSDM2021-56
ビッグデータの利活用のためにはIoTエッジデバイスにおけるストレージメモリの大容量化が欠かせない.特に消費電力性能が重要... [more] SDM2021-56
pp.19-22
SWIM, SC
(共催)
2021-08-27
13:10
ONLINE オンライン開催 (FIT2021との併催) 生産性向上のためプロセス改善活動 ~ CMMI レベル 3 達成後に継続するプロセス改善活動 ~
林 章浩静岡理工科大SWIM2021-19 SC2021-17
2000 年頃から継続されてきた能力成熟度モデル統合を用いたプロセス改善の活動は,現在では組織的に継
続する息の長い活... [more]
SWIM2021-19 SC2021-17
pp.38-45
WIT 2021-06-01
10:25
ONLINE オンライン開催 車椅子強度試験等に用いる規格化されたダミーの妥当性の検討
半田隆志埼玉県産技総合センター)・田中 理クオルトン研)・沖川悦三神奈川リハ)・伊庭栄樹日本福祉用具評価センター)・板東哲郎日本福祉用具・生活支援用具協会WIT2021-2
車椅子の機能・性能や安全性を検査するための試験で使用される,座位状態の人間を模した「重り」である「ISO 7176-11... [more] WIT2021-2
pp.7-11
SWIM 2021-02-19
13:10
ONLINE オンライン開催 ツイッターを有効活用した市場調査の方法論の確立
高橋康平林 章浩静岡理工科大SWIM2020-13
 [more] SWIM2020-13
pp.1-7
SWIM 2021-02-19
14:25
ONLINE オンライン開催 グリーンツーリズモの導入モデルの確立方式 ~ ~静岡県伊豆市の事例研究および袋井市への提言~ ~
吉永裕貴林 章浩静岡理工科大SWIM2020-16
 [more] SWIM2020-16
pp.22-29
SWIM 2021-02-19
15:00
ONLINE オンライン開催 アグリツーリズモの導入モデルの確立方式 ~ 鹿児島県出水市の事例分析および袋井市への提言 ~
星野 樹林 章浩静岡理工科大SWIM2020-17
 [more] SWIM2020-17
pp.30-37
SWIM 2020-11-28
16:05
ONLINE オンライン開催 ウェアラブルカメラを活用した移動体認識
工藤 司静岡理工科大SWIM2020-12
動画や画像データに対しては,深層学習の活用により画像認識の精度が向上しており,異常の検知や状況の監視など様々な応用が広が... [more] SWIM2020-12
pp.40-45
ICSS 2020-11-26
16:25
ONLINE オンライン開催 匿名IDと応用に関する考察
大石和臣静岡理工科大ICSS2020-25
ネットワークの普及に伴いプライバシ保護のために匿名性を満たす識別子(ID)が求められ,実際に使われる場面が増えている.I... [more] ICSS2020-25
pp.32-37
SWIM, SC
(共催)
2020-08-21
13:10
ONLINE オンライン開催 進捗管理プロセスの改善方式
林 章浩静岡理工科大SWIM2020-1 SC2020-7
 [more] SWIM2020-1 SC2020-7
pp.1-8
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2020-03-03
16:20
沖縄 沖縄県青年会館
(開催中止,技報発行あり)
楕円曲線に基づく匿名公開鍵証明書の実装の検討
大石和臣静岡理工科大ICSS2019-107
 [more] ICSS2019-107
pp.341-344
 89件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会