電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 311件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NS 2019-10-10
13:30
愛知 名古屋工業大学 [ポスター講演]無線センサ網における経路上のノード相互のMAC連携と段階的チャネル予約に基づく緊急データ優先伝送法
井上 翼谷川陽祐戸出英樹阪府大
 [more]
NLP 2019-09-24
15:10
高知 高知県立大学 永国寺キャンパス ロボットの追加・削除が反応拡散フォーメーションに与える影響
野本純太郎小西啓治原 尚之阪府大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] NLP2019-61
pp.133-138
OFT 2019-05-16
14:00
大阪 I-siteなんば [ポスター講演]非線形光学効果を利用したナイキストパルスの発生方法
横井友哉三好悠司大橋正治久保田寛和阪府大
近年のインターネットトラフィックの増加に対応した大容量伝送を実現するために,ナイキスト光時分割多重(N-OTDM)伝送が... [more] OFT2019-9
pp.37-40
OFT 2019-05-16
16:00
大阪 I-siteなんば [ポスター講演]Ethernet用光トランシーバを用いる温度センシングシステムに適したLPFGの作製パラメータ
鈴木裕太小山長規松井 惇香川琢郎池田佳奈美山田 誠阪府大
筆者らは,安価なEthernet用光トランシーバと長周期ファイバグレーティング(Long-period fiber Gr... [more] OFT2019-12
pp.51-54
OFT 2019-05-16
16:00
大阪 I-siteなんば [ポスター講演]反共鳴効果を用いた小コア径中空コアファイバの損失特性
寺井達哉久保田寛和三好悠司大橋正治阪府大
 [more] OFT2019-17
pp.73-76
HCGSYMPO
(第二種研究会)

三重 シンフォニアテクノロジー響ホール伊勢(伊勢市) 漫画の立体表示を目標としたコマ画像の奥行推定
前田裕介岩田 基黄瀬浩一阪府大
現在漫画は電子端末を用いて電子書籍として読まれている。これに伴い紙媒体では行えなかった表現や利用が可能になるが漫画を読む... [more]
ITE-BCT, IEE-CMN
(共催)
OCS, OFT
(併催)
(連催) [詳細]
2018-11-08
13:45
岡山 倉敷市芸文館 偏波保持2モードファイバにおける高次モードの波長掃引法による群屈折率差の解析
池田一貴久保田寛和三好悠司大橋正治阪府大
真円コアファイバのLP11モードは4つのモードが縮退しているが、PM-TMFでは縮退が解け、伝搬定数が異なる4つのモード... [more] OFT2018-53
pp.5-9
ITE-BCT, IEE-CMN
(共催)
OCS, OFT
(併催)
(連催) [詳細]
2018-11-08
14:10
岡山 倉敷市芸文館 標準シングルモードファイバにおける短パルスを用いた光信号伝送の非線形耐性
加納颯人三好悠司久保田寛和大橋正治阪府大
長距離光ファイバ伝送では受光電力が小さいため、自然放出光雑音による信号対雑音電力比の劣化が生じる。受信電力を高くする方法... [more] OFT2018-54
pp.11-14
ITE-BCT, IEE-CMN
(共催)
OCS, OFT
(併催)
(連催) [詳細]
2018-11-08
14:35
岡山 倉敷市芸文館 ナイキストOTDM-WDM伝送における非線形信号劣化の変調速度及び周波数間隔依存性
小野功揮三好悠司久保田寛和大橋正治阪府大
近年のインターネットトラフィックの増大に対応した大容量伝送が求められている。光ファイバ通信で利用可能な帯域幅は限られてお... [more] OFT2018-55
pp.15-18
ITE-BCT, IEE-CMN
(共催)
OCS, OFT
(併催)
(連催) [詳細]
2018-11-09
10:45
岡山 倉敷市芸文館 光IPネットワークに組込んだLPFGを用いたICMP Echo応答性による温度センシング
松井 惇小山長規香川琢郎鈴木裕太池田佳奈美山田 誠阪府大
(事前公開アブストラクト) 光ファイバセンサは電気式センサと比較して,センサ部に電源不要,電磁不干渉,遠隔計測が可能など... [more] OFT2018-59
pp.67-71
IBISML 2018-11-05
15:10
北海道 北海道民活動センター(かでる2.7) [ポスター講演]Bayesian LARS-OLSによるコヒーレントフォノンの固有振動モード選択
坂田逸志長野祥大東大)・五十嵐康彦JSTさきがけ)・村田 伸東大)・溝口幸司阪府大)・赤井一郎熊本大)・岡田真人東大
コヒーレントフォノン(CP)信号には物質の性質を表す固有振動モードと実験的アーティファクトが混合して含まれており,時系列... [more] IBISML2018-78
pp.255-262
CAS, NLP
(共催)
2018-10-18
11:50
宮城 東北大学 結合振動子によって制御された小型2輪移動型ロボット群フォーメーションの実機検証システム
山嵜拓海奈良高専)・藤井尚史小西啓治阪府大)・大谷真弘奈良高専)・原 尚之阪府大
筆者らは,結合振動子のダイナミクスに基づいて制御されたロボット群のフォーメーションに関する理論的な検討を進めてきた.しか... [more] CAS2018-41 NLP2018-76
pp.25-30
IN, NS, CS, NV
(併催)
2018-09-07
09:45
宮城 東北大学 電気通信研究所 複数無線LANが相互干渉する環境における競合局数に基づく基地局の送信スケジューリング法
川島 健谷川陽祐戸出英樹阪府大
 [more] NS2018-100
pp.71-76
ASN, NS, RCS, SR, RCC
(併催)
2018-07-13
10:55
北海道 函館アリーナ 無線センサ網におけるチャネル予約に基づく緊急データ絶対優先伝送法
井上 翼谷川陽祐戸出英樹阪府大
 [more] NS2018-73
pp.173-178
ASN, ICTSSL
(共催)
2018-05-14
15:20
広島 広島市立大学 音響通信の実用性検証 ~ 緊急時における通信手段として ~
杵川翔太菅野正嗣阪府大
インターネットのユーザは必要時に情報を得られる保証はできない.人が多く集まる場所でスマートフォンを用いると,ネットワーク... [more] ICTSSL2018-5 ASN2018-5
pp.23-28
PRMU, BioX
(共催)
2018-03-19
10:00
東京 青山学院大学 青山キャンパス キーロガを用いた英単語タイピングの確信判定
丸市賢功坂本周司Olivier Augereau黄瀬浩一阪府大
英単語の学習において,復習は重要なプロセスである.一般的に復習は間違えた英単語に対して行われる.しかし,正解はしたものの... [more] BioX2017-61 PRMU2017-197
pp.151-156
MSS, NLP
(併催)
2018-03-12
13:35
大阪 大阪大学豊中キャンパス 車載蓄電池を有するビル内マイクログリッドの可用性設計に関する一検討
木村祥子薄 良彦石亀篤司阪府大
本報告では,車載蓄電池を有するビル内マイクログリッドにおける電力供給の可用性に着目する.この可用性をシステム設計として陽... [more] MSS2017-78
pp.5-10
MSS, NLP
(併催)
2018-03-14
11:10
大阪 大阪大学豊中キャンパス 閾値変調振動子を用いたAGVの輻輳回避
伊藤岳大NEC)・小西啓治阪府大)・若山永哉但野紅美子前野義晴NEC
 [more] NLP2017-110
pp.47-50
NS, IN
(併催)
2018-03-02
09:20
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート アグリゲーションを用いたZigBeeフレームの無線LAN通信へのオフローディング法
出島誠也谷川陽祐戸出英樹阪府大
近年,近距離無線通信規格としてZigBee に期待が高まっている.ZigBee は低消費電力かつ狭帯域での運用を前提とし... [more] NS2017-192
pp.141-146
NS, IN
(併催)
2018-03-02
10:50
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート 水深による水流変化に適応した階層型Underwater Sensor Networkの構成法
レ ホン ナム谷川陽祐戸出英樹阪府大
近年,産業や科学等の分野における海中探査需要の高まりに伴い,Underwater Sensor Networks (UW... [more] NS2017-207
pp.225-230
 311件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会