お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 278件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
PN 2022-08-29
13:00
北海道 ハイランドふらの
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]多様化する未来を見据えた大容量・低消費電力・低コストを実現する光アクセス網伝送技術の開発
鹿嶋正幸OKI
 [more]
IPSJ-MUS, IPSJ-SLP
(共催)
SP
(連催) [詳細]
2022-06-17
15:00
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]局所的な真偽判定を用いた敵対的学習に基づく教師なし音声処理歪み補正
荻野里久西城耕平早大)・藤枝 大OKI)・小川哲司早大SP2022-13
本研究では,収音したいエリアに含まれる音源を強調するエリア収音の後処理として用いる歪み補正器を,教師無し学習する方式につ... [more] SP2022-13
pp.49-54
NS, IN
(併催)
2022-03-10
10:20
ONLINE オンライン開催 ネットワークエッジにおけるリアルタイムセキュリティ異常検知システムの実装評価
土江康太中村信之松永聡彦八百健嗣OKIIN2021-31
工場やオフィス等のネットワークエッジを侵入口として情報漏洩やマルウェア感染する事例が増加している.ネットワークエッジのセ... [more] IN2021-31
pp.1-6
OPE
(共催)
OFT, OCS
(併催) [詳細]
2022-02-24
16:25
ONLINE オンライン開催 波長掃引型光フェーズドアレイの大規模化
三杉大和早大)・岡山秀彰OKI)・北 智洋早大OCS2021-42 OFT2021-74 OPE2021-54
近年,より高度な自動運転の実現に向けたセンシング技術の開発が盛んに行われている.その一つであるLiDARにおけるビームス... [more] OCS2021-42 OFT2021-74 OPE2021-54
pp.5-8(OCS), pp.23-26(OFT), pp.27-30(OPE)
MIKA
(第三種研究会)
2021-10-28
10:30
沖縄 沖縄県市町村自治会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]運動者のリアルタイム生体情報モニタリングを実現する920MHz帯を用いたマルチホップ通信プロトコル
濱上卓磨川本康貴OKI)・四方博之関西大)・宮本龍介明大)・島崎拓則ソリトンシステムズ)・丸尾博人阪市大
 [more]
IN, NS, CS, NV
(併催)
2021-09-09
13:30
ONLINE オンライン開催 基幹ネットワークにおける拡張可能な端末識別のためのリアルタイム処理アーキテクチャ
林 航平阪市大)・土江康太中村信之八百健嗣OKI)・阿多信吾阪市大IN2021-14
近年、IoT機器の普及に伴いそれらのデータトラヒックが増大している。大規模な管理ドメインにおいて安全にネットワークを構成... [more] IN2021-14
pp.13-18
IN, NS, CS, NV
(併催)
2021-09-09
14:30
ONLINE オンライン開催 [依頼講演]エッジ端末間で協調的最適化が可能な適応的分散圧縮センシングの提案と実装
関根理敏岡野謙悟伊加田恵志OKINS2021-64
近年,社会インフラや工場の機器の監視において,IoTを活用したモニタリングシステムが重要となっている.そこでは,複数個所... [more] NS2021-64
pp.42-47
IN, NS
(併催)
2021-03-05
09:30
ONLINE オンライン開催 リアルタイム生体情報モニタリングのための無線通信プロトコル
濱上卓磨川本康貴OKI)・四方博之関西大)・宮本龍介明大)・島崎拓則ソリトンシステムズ)・丸尾博人阪市大NS2020-140
 [more] NS2020-140
pp.103-108
AP 2020-12-17
14:50
ONLINE オンライン開催 小型無人航空機に搭載したアレーアンテナによる電波検知技術の基礎検討
瀬戸 翼藤田雅則渡部智宏山崎 譲OKIAP2020-100
近年,UAVは様々な分野で利用されているが,現在UAVが利用する電波と同一帯域/隣接帯域には様々な用途の電波が混在し,こ... [more] AP2020-100
pp.24-28
MWP 2020-10-21
14:20
ONLINE オンライン開催 [招待講演]THz波発生効率向上のためのリッジ形状PPLNデバイス
浜崎淳一小川 洋NICT)・岸本 直OKI)・関根徳彦笠松章史寳迫 巌NICTMWP2020-27
 [more] MWP2020-27
pp.7-10
OFT 2020-10-08
11:40
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]BOTDRによるマルチコアファイバを用いた大型線状構造体の形状センシングの基礎検討
小林真輝人前田恭輝藤 公博東大)・半澤信智NTT)・小泉健吾村井 仁OKI)・和田良太東大)・松井 隆中島和秀NTT)・村山英晶東大OFT2020-19
大型の線状構造体, 特にライザーや係留索のような海洋構造物はその挙動を直接観測することが困難であり, 繰り返し生じる大き... [more] OFT2020-19
pp.41-45
CS, IN, NS, NV
(併催)
2020-09-10
10:50
ONLINE オンライン開催 [依頼講演]5G/IoT本格普及に向けた光アクセスネットワーク仮想化の実証 ~ PONリソースの管理・割当制御 ~
更科昌弘斉藤洋之鹿嶋正幸佐々木浩紀OKI)・名倉健一小崎成治三菱電機)・井内秀則山本 周中尾彰宏東大CS2020-38
5G/IoT(第五世代移動通信システム/Internet of things)時代では,サービスが要求する通信品質が多種... [more] CS2020-38
pp.20-23
CS, IN, NS, NV
(併催)
2020-09-11
11:40
ONLINE オンライン開催 5Gへの適用を目指した光アクセス装置の高速波長切替による追加資源要求への応答に関する一検討
中平佳裕更科昌弘斉藤洋之山田将蔵古沢 聡鹿嶋正幸佐々木浩紀OKINS2020-45
TWDM-PONで波長切替による資源の再配置を行う際に,通信が途切れるのを防ぐため切替中のトラヒックをキューで待たせると... [more] NS2020-45
pp.21-26
R, LQE, OPE, CPM, EMD
(共催)
2020-08-28
14:55
ONLINE オンライン開催 [招待講演]高感度低偏波依存1600nm帯受光可能な導波路型Ge-APD
小野英輝OKI)・藤方潤一野口将高光電子融合基盤技研)・高橋博之伊藤正紀志村大輔八重樫浩樹佐々木浩紀OKIR2020-15 EMD2020-14 CPM2020-7 OPE2020-27 LQE2020-7
Siフォトニクス技術を用いたGe受光器は、光通信用受光素子の小型化が実現できるものの、次世代光アクセスネットワークで検討... [more] R2020-15 EMD2020-14 CPM2020-7 OPE2020-27 LQE2020-7
pp.29-32
KBSE 2020-03-06
14:45
沖縄 てんぶす那覇
(開催中止,技報発行あり)
ゴール指向要求分析に基づくAI・データ分析案件業務の効率化
奥谷大介伊加田恵志OKI)・中川博之阪大KBSE2019-49
近年,AI・データ分析が研究の題材を越えて,社会実装として実応用される機会が増大している.AI・データ分析の社会実装にお... [more] KBSE2019-49
pp.19-24
NS, IN
(併催)
2020-03-05
10:10
沖縄 Royal Hotel 沖縄残波岬
(開催中止,技報発行あり)
リアルタイム生体情報モニタリングのための無線マルチホップネットワークシステムの開発
濱上卓磨川本康貴OKI)・原 晋介阪市大)・四方博之関西大)・宮本龍介明大)・奥畑宏之ソリトンシステムズNS2019-180
 [more] NS2019-180
pp.21-26
RISING
(第二種研究会)
2019-11-26
10:30
東京 東京大学本郷キャンパス 福武ラーニングシアター [ポスター講演]呼制御プロトコルにおけるエラー自動識別手法
兎本圭脩阿多信吾阪市大)・千村保文中村信之八百健嗣OKI
IP 電話の利用者は増加し,呼制御部分ではさまざまな要因によりエラーが発生する.エラーを識別し分析 することで端末間の相... [more]
NS, ICM, CQ, NV
(併催)
2019-11-21
14:20
兵庫 神戸大学 六甲台第2キャンパス [招待講演]学習履歴を検証できるAI ~ ブロックチェーンを使ったAI血統検証基盤 ~
川本康貴小林啓洋OKINS2019-126
データの収集からAIによる解析,解析結果を社会へフィードバックすることによる価値創造まで,すべてが自動的に実施される社会... [more] NS2019-126
p.37
MI, MICT
(共催) [詳細]
2019-11-05
10:20
茨城 筑波大学 様々な運動中の心拍センサの性能評価
島崎拓則原 晋介阪市大)・四方博之関西大)・宮本龍介明大)・川本康貴OKI)・奥畑宏之ソリトンシステムズMICT2019-26 MI2019-53
 [more] MICT2019-26 MI2019-53
pp.9-13
MI, MICT
(共催) [詳細]
2019-11-05
15:00
茨城 筑波大学 大量運動者からのマルチホップ生体情報収集法における集中・分散ハイブリッド型チャネル選択
小川涼平四方博之関西大)・濱上卓磨柳原健太郎川本康貴OKI)・原 晋介阪市大)・河端隆志関西大MICT2019-34 MI2019-61
本研究では、大量の運動者に装着したセンサノードから、WSN(Wireless Sensor Networks)により生体... [more] MICT2019-34 MI2019-61
pp.45-50
 278件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会